10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
長谷川眞理子

長谷川眞理子

はせがわまりこ

総合研究大学院大学長/
生年:1952年

出身:東京都

専攻:行動生態学、進化生物学

略歴:
1976年 東京大学理学部(生物学科)卒業
1983年 東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程修了(理学博士)
1980年 国際協力事業団派遣専門家(タンザニア野生動物局)
1983年 東京大学理学部生物学科助手(人類学教室)
1990年 専修大学法学部助教授
1992年 イェール大学人類学部客員准教授(1月~6月)
1994年 イェール大学人類学部客員准教授(1月~6月)
1996年 専修大学法学部教授
2000年 早稲田大学政治経済学部教授
2006年 総合研究大学院大学葉山高等研究センター教授
   (生命共生体進化学専攻準備室長)
2007年 総合研究大学院大学生命共生体進化学専攻 専攻長
2011年 総合研究大学院大学先導科学研究科 研究科長
2014年 総合研究大学院大学 理事・副学長
2017年 総合研究大学院大学長

他の主な役職:
国家公安委員会委員(2007年~)
日本人間行動進化学会 副会長
日本進化学会 評議員

著書:
 「クジャクの雄はなぜ美しい?」 紀伊國屋書店
 「進化とは何だろうか」 岩波ジュニア新書
 「ダーウィンの足跡を訪ねて」 集英社
「生き物をめぐる4つの「なぜ」」 集英社新書
「科学の目 科学のこころ」 岩波新書
 「動物の生存戦略--行動から探る生き物の不思議」放送大学叢書
 「進化と人間行動」(長谷川寿一との共著) 東京大学出版会 など

訳書:
 C.ダーウィン「人間の進化と性淘汰I、II」 文一総合出版
 J.ブラウン「ダーウィンの種の起源」 ポプラ社
 M.リドレー「赤の女王 性とヒトの進化」 新潮社
 J.ブロックマン「知のトップランナー149人の美しいセオリー」青土社 など

講義リスト

人類進化史の事実!「人類みな兄弟」は生物学的に正しい

ヒトの進化史と現代社会(1)自然人類学でみるヒトの進化

地球誕生から現在までを1年のカレンダーにすると、私たちホモ・サピエンスが発生したのは12月31日の午後11時半頃だ、とよく言われる。そこまでのスケール感は持てなく...
収録日:2015/12/14
追加日:2016/03/03

なぜヒトだけが大繁栄した?その秘密は「三項関係の理解」

ヒトの進化史と現代社会(2)大繁栄の原動力

若い頃、タンザニアの野生チンパンジーを研究しながら2年半生活した自然人類学者で総合研究大学院大学副学長・長谷川眞理子氏。その経験は、学問上の素材のみならず、現代の...
収録日:2015/12/14
追加日:2016/03/10

ヒトの進化の秘密に迫る!大きさ3倍の脳に進化した理由

ヒトの進化史と現代社会(3)社会脳仮説とは何か

自然人類学者で総合研究大学院大学副学長・長谷川眞理子氏による、ヒトの進化と現代社会の関係を考えるシリーズ講話第3弾。ヒトは生物の進化史上、あり得ないほど大きな脳に...
収録日:2015/12/14
追加日:2016/03/17

人類の歴史は殆ど狩猟採集生活で文明社会は僅か150年間

ヒトの進化史と現代社会(4)ヒトの社会は共同繁殖

自然人類学者で総合研究大学院大学副学長・長谷川眞理子氏が、ヒトの大きな脳と現代社会の関係を解説するシリーズ講話最終回。ヒトは異様ともいえる進化を遂げて、今の生活を...
収録日:2015/12/14
追加日:2016/03/24

ダーウィンの提唱する「自然淘汰」と「性淘汰」とは?

性淘汰の理論(1)ダーウィンによる二つのシナリオ

雄と雌はなぜ違っているのだろう。100年以上前にこのことを考えたのはダーウィンだった。生物の進化を説明した「自然淘汰」説だけでは説明しきれないほど、雄と雌には差が...
収録日:2016/02/01
追加日:2016/06/20

配偶子の生産コスト差が雌雄のアンバランスを生んでいる

性淘汰の理論(2)雄とは何か、雌とは何か

なぜ雄と雌では繁殖をめぐる競争のあり方が違い、それが性差となって現れるのだろう。そもそも雄と雌の定義とは何なのか。ダーウィンの理論から100年以上を経て、1990...
収録日:2016/02/01
追加日:2016/06/29

雌の選り好みがランナウェイ説=とめどない進化を生む

性淘汰の理論(3)雌はなぜ選り好みするのか

19世紀当時、ダーウィンが提唱した「雌による選り好み」説は学会や世間から否定された。雌雄の能力に対する偏見も強かったが、立証ができなかったからだ。それから100年以上た...
収録日:2016/02/01
追加日:2016/07/06

進化生物学から見る「母親の子殺し」

進化生物学から見た少子化問題(1)近代以前の嬰児殺

「近代以前の社会は母親の子殺しに割と寛容だった」と、総合研究大学院大学理事で先導科学研究科教授の長谷川眞理子氏は語る。ヒトは昔から母親による子殺しが多いという。な...
収録日:2016/11/25
追加日:2017/03/10

子どもの虐待の問題はどうしたら解決するのか?

進化生物学から見た少子化問題(2)現代の虐待リスク

「虐待はしてはならない行為だ」「母親なのになぜ虐待するのか」「虐待をする母親には人権の意識がない」などと言っても、子どもの虐待の問題は何も解決しないと、総合研究大...
収録日:2016/11/25
追加日:2017/03/17

確実になった「避妊」が少子化に与えた影響

進化生物学から見た少子化問題(3)避妊と時間割引

「自分たちの意志でかなり確実に避妊できるようになったことが、先進国の少子化の原因ではないか」と語るのは総合研究大学院大学理事で先導科学研究科教授の長谷川眞理子氏だ...
収録日:2017/01/16
追加日:2017/03/24

女性の社会進出で「子育ての楽しみ」は割り引かれる

進化生物学から見た少子化問題(4)少子化が起こる理由

社会・文化が発展して先進国となり、女性の学歴が上昇して社会進出が起こると、出生率が減るのはいったいなぜか。総合研究大学院大学理事で先導科学研究科教授の長谷川眞理子...
収録日:2017/01/16
追加日:2017/03/31

少子化問題にはどのような社会的サポートが必要か?

進化生物学から見た少子化問題(5)少子化を変える方法

近現代文明は子どもを減らす方向に考えを推し進めるばかりで、子どもをたくさん持とうとはさせない社会だが、少子化の状況をどうにか変える手立ては考えられる。そう語るのは...
収録日:2017/01/16
追加日:2017/04/07

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧