10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
佐藤康宏

佐藤康宏

さとうやすひろ

東京大学大学院人文社会系研究科教授
1.略歴と専門分野
 東京大学文学部美術史学専修課程卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程(美術史学専攻)修了。東京国立博物館学芸部資料課、文化庁文化財保護部美術工芸課を経て現職。日本美術史を専攻する。主たる分野は室町時代末から江戸時代の絵画史。

2.主要な著書
『若冲・蕭白』、小学館、1991年
『歌麿と写楽』、至文堂、1996年
『浦上玉堂』、新潮社、1997年
『講座日本美術史』(共編著、全6巻)、東京大学出版会、2005年
『祭礼図』、至文堂、2006年
『伊藤若冲(改訂版)』、東京美術、2011年
『日本美術史(改訂版)』、放送大学教育振興会、2014年
『湯女図 視線のドラマ』、筑摩書房、2016年
『絵は語り始めるだろうか』、羽鳥書店、2018年刊行予定

3. その他
雑誌『UP』439号(2009年5月)から「日本美術史不案内」を連載中。文化審議会専門委員(文化財分科会)、美術史学会常任委員、『國華』編輯委員などを務める。

講義リスト

日本美術の特徴を示す矛盾した2つの要素とは?

日本美術論~境界の不在、枠の存在(1)具象と抽象の共存

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、日本美術の特質について、美術史の知識を補足しながら解説する。ヨーロッパや中国では、具象的なものと抽象的なものが区...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/08

仏像における「具象」と「抽象」の共存

日本美術論~境界の不在、枠の存在(2)仏像彫刻

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、仏像に見られる、具象と抽象の共存について解説する。神護寺薬師如来立像には、現実らしい造形と抽象的な表現が混在して...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/09

尾形光琳「紅白梅図」は複雑な人間的感情までも表現する

日本美術論~境界の不在、枠の存在(3)光琳「紅白梅図」

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、日本の絵画に見られる具象と抽象の共存について解説する。「日月山水図」や尾形光琳の「紅白梅図」は、具象的な自然描写...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/10

日本美術を特徴づける「枠」の存在とは?

日本美術論~境界の不在、枠の存在(4)枠の存在への意識

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、日本美術を特徴づける枠の存在について解説する。伝統的なヨーロッパや中国の絵画では、画面の枠の中に描くべき対象の全...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/11

俵屋宗達「風神雷神図」に見る枠を超えた表現

日本美術論~境界の不在、枠の存在(5)宗達と歌麿の枠

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、俵屋宗達「風神雷神図」と喜多川歌麿「北国五色墨 てっぽう」を例として、日本美術を特徴付ける枠への意識を解説する。宗...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/12

日本美術の魅力は矛盾が共存する柔軟性と構成意識の高さ

日本美術論~境界の不在、枠の存在(6)矛盾の共存

東京大学大学院人文社会系研究科教授の佐藤康宏氏が、現代の漫画にまで通じる、画面の枠への意識を解説し、境界の不在と枠の存在という2つの日本美術の特徴について総括するシ...
収録日:2017/08/02
追加日:2018/02/13

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧