10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
齋藤ウィリアム浩幸

齋藤ウィリアム浩幸

さいとうウィリアムひろゆき

株式会社インテカー代表取締役社長/内閣府本府参与
1971年カリフォルニア生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部を卒業。10代で商用ソフトウェアのプログラミングを始め、その大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。1998年に27歳で「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」(アーンスト・アンド・ヤング、ナスダックおよびUSAトゥデイ主催)を受賞。暗号、生体認証、サイバーセキュリティに関する第一人者でもある。

BAPIという生体認証システム技術を開発し、マイクロソフト社を含む160社以上の企業とライセンス契約を結ぶ。BAPIは事実上の世界標準規格となり、2004年に自社をマイクロソフト社に売却した。

2005年に拠点を東京に移し、株式会社インテカーを設立。コンサルタント会社として、企業がグローバルに認められ、革新的な技術がビジネスとして成功するための助言を行いながら、時としてベンチャー企業に資金援助も行う。アントレプレナーの手助けに情熱を傾ける傍ら、日本の政府機関への協力や、大学の講義、政策提言を行う。講演活動をはじめ、出版物やテレビなどメディアを通じて情報発信している。

2012年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、また日本の憲政史上初めて国会に設置された、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(NAIIC)では、ITなどのインフラ設備構築で手腕を発揮した。また、2013年12月より、内閣府本府参与に任命されている。

海外では、世界経済フォーラムから「ヤング・グローバル・リーダー」(2011年)および「グローバル・アジェンダ・カウンシル」(2011年)のメンバーとして選出され、その後同フォーラムのボードメンバーにも任命されている。

各国の政府機関に対する支援活動を行うなか、日本では、経済産業省、総務省、文部科学省、国土交通省、独立行政法人・産業技術総合研究所、情報処理振興事業協会などの機関に対して支援協力の実績がある。

著書としては、2011年に出版された自伝本『An Unprogrammed Life』(John Wiley & Sons)の他に、日本語本『ザ・チーム-日本の一番大きな問題を解く―』(日経BP社2012年)及び『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房2013年)が出版された。2013年10月より日経産業新聞にて、週刊コラム「ウィリアム氏と明日を読み解く」を連載中。また2012年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選抜されている。

講義リスト

「始まりはチーム、発展はグループ」 日本人が苦手なのは?

イノベーションを起こすチームの力

なぜ日本人はチームづくりが苦手なのか? どうすれば世界を牽引するイノベーションを、日本で生み出すことができるのか? 10代でベンチャー企業を起こし、世界と渡り合っ...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/10

セキュリティが弱い≒トイレを掃除していない その理由は?

日本のサイバーセキュリティの現状と未来

「日本のサイバーセキュリティはボロボロの状態だ」と、暗号、生体認証、サイバーセキュリティに関する第一人者でもある齋藤ウィリアム浩幸氏は警鐘を鳴らす。では、日本のサ...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/11

日本人は “空気を読まない”方が良い!?

日本の再生戦略―パッションとビジョン

1980年代のアメリカで弱冠10代からベンチャー企業を起こし、日本企業の支援の下で成功を収めた齋藤ウィリアム浩幸氏は、今、日本の次世代を支援する活動を行っている。...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/26

日本では「イノベーション」の定義が間違っている!

世界から見た日本(1)カタカナ語のガラパゴス化と内向き志向

なぜ日本人はカタカナ語に弱いのか? なぜ日本は競争力を失ったのか? 今後、「世界に通用する日本」になるために、私たちが身につけるべき力とは? 日米両国をよく知る齋...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/03

パーフェクトを目指してはいけない!? 福島原発事故の原因

世界から見た日本(2)レジリエンスと教育制度

「人間は間違う。機械は壊れる。事故は起こる」。それは自然の摂理だ。想定外のエラーは必ずあると考えたとき、レジリエンスの重要性が浮上する。強くしなやかな人材を育成す...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/04

1歳から高級フランス料理? 幼いときから大事にしたいこと

齋藤ウィリアム流教育方針―好奇心と経験

齋藤ウィリアム浩幸氏は、娘を1歳の頃から高級フランス料理に連れて行っているという。また、海外出張などにもよく一緒に行くそうだ。その独自の教育方針はどのようなものか...
収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/10

報道されているサイバー攻撃は氷山の一角にすぎない

ガバナンス・リスクと化したサイバー攻撃

2014年は、サイバー攻撃が企業のガバナンス・リスクであることを痛感させる出来事が数多く起こった。しかし、日本はまだそのリスクに気づいていない。今後、起こるサイバ...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/24

リスクと失敗を教えないから皆が保守的になる

現代日本の「自信喪失」と教育の「失敗」

日本はこの25年間で、何も変わっていない。変わったとすれば、自信を失ったことである──教育再生実行会議分科会に有識者として参画する齋藤ウィリアム浩幸氏は日本の現状を...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/25

学校では早い段階からソフトウェア教育を行うべき

来るべきシンギュラリティの時代

これから訪れる「シンギュラリティ」によって、大きなパラダイム・シフトが起こるといわれている。その核になるのはソフトウェアであり、プログラミング言語をもっと教育に組...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/26

学校ではなく塾で勉強する状態は「市場の失敗」

緊張感なき日本の教育

人間の頭脳など容易に上回る「シンギュラリティ(技術的特異点)」の時代に向けた教育を、日本の社会は提供できていない。その「失敗」したシステムから、結果としてどんな学...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/02

現代は「三つのM」に振り回されている

人口減少時代の成長戦略

情報技術やロボット産業の急速な発展により、「シンギュラリティ」は確実にもたらされる。しかし考え方を大きく転換すれば、「シンギュラリティ」は少子化時代に適合した事態...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/08

少子化の原因は、経済ではなく教育にあった?

「平和ボケ」の代償~優秀過ぎる日本の課題~

日本政府の優秀さは、日本を豊かで安全な国にした。しかし、そこには、硬直した教育システムや非婚化・少子化といった、思わぬ逆説が待ち構えていた。内閣府本府参与・齋藤ウ...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/15

雲の上の存在ではなく努力して到達すべき目標

「エリートになる」というモチベーション

日本は、エリート教育を誤ってきた。日本では、エリートが一般にはなかなか手の届かない「高嶺の花」になってしまっている。今の日本に必要なのは「やればできる、私も頑張ろ...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/22

人間関係とはすべからく個人と個人の付き合い

「肩書」と「組織」にしがみつく世代

教育再生実行会議に有識者として参加する齋藤ウィリアム浩幸氏は、日本人にホビーとボランティアの経験が欠けていることが問題だと指摘する。共通の話題がなく、個人同士で関...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/05/07

重要なのは時代に即した結果を出すこと

日本のリソースをビジネス・チャンスにするために

日本にある魅力的な資源の数々は、グローバルな視点から考えれば極めて大きなビジネス・チャンスとなる。必要なのは、それを積極的に売り出そうというマインドだ。制度に固執...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/06

かつて持っていた日本人の気質を取り戻そう

80年代日本のリマインダー

内閣府本府参与・齋藤ウィリアム浩幸氏は、自身の画期的な提案が、実は日本企業から学んだもので、「かつてできたことなのだから、今の日本人にもできるはずだ」と言う。「失...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/09

問題は「就職」がゴールになっていること

教育に必要な破壊的イノベーション

日本の教育は既に大幅に遅れている。変化を邪魔している原因は、教員のメンツや彼らの多忙さなどに加え、就職をゴールにしてしまう風潮にもあるという。教育現場の実情を観察...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/13

母親たちが子どもに注ぐエネルギーを別の方向に振り向けよ

マクロな視点から日本を捉える

これからを担う世代こそ、グローバルな視点から日本の問題を捉え議論しなくてはならない。「鎖国」状態になってしまった日本に風穴を開ける必要性を訴えてきた、内閣府本府参...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/20

時代に対応したイノベーションを生み出していく必要がある

「デザインド・イン・ジャパン」の未来へ

「メイド・イン・ジャパン」から「デザインド・イン・ジャパン」へ。教育再生実行会議に有識者として参画する齋藤ウィリアム浩幸氏は、日本の未来像をこう提案する。そのため...
収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/23

ICTをうまく使いこなす現代のハッカー集団やテロ組織

世界標準の危機(1)セキュリティはレジリエントであれ

内閣府本府参与である齋藤ウィリアム浩幸氏が、日本のサイバー・セキュリティ事情とそこに潜む「危機」の本質を語る。齋藤氏によれば、サイバー・セキュリティは「やり過ごす...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/07

エクセルで精緻な図を描くのが、ICT活用?

世界標準の危機(2)「ICT活用」の勘違い

日本のICT活用は世界標準からずれている。内閣府本府参与・齋藤ウィリアム浩幸氏が指摘するのは、メールや表計算ソフトすら使いこなせない、日本のICT活用の幼稚さだ。...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/11

現代日本は「言い訳上手の失敗嫌い」だ

世界標準の危機(3)「バブル」経験の亡霊

「日本は本当は優れている。今はたまたま苦しいだけだ」──亡霊のように日本につきまとうこの感覚が、日本の将来を脆弱なものにしていると、内閣府本府参与・齋藤ウィリアム浩...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/14

「爆買い」バブルも、いつかは弾ける

世界標準の危機(4)「平和ボケ」から目覚めよ

80年代には、日本人にも、リスクを取り、新しいことに果敢に挑戦する人たちがいた。それを間近で見てきた内閣府本府参与・齋藤ウィリアム浩幸氏は、「だから今でも、やれば...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/18

年功序列制と実力主義、グローバルに考えて見直すべきは?

世界標準の危機(5)年功序列の落とし穴

内閣府本府参与として、政府の各種委員会に数多く携わる齋藤ウィリアム浩幸氏は、その出席者の「高名さ」が、新たな息吹を改革案に吹き込むことを阻害し、変化を妨げていると...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/21

「失敗」のない人間はリーダーになれない

世界標準の危機(6)「失敗」が育むリーダーシップ

日本の政府反対運動も、世界標準から見れば「かわいい」ものだ。内閣府本府参与の齋藤ウィリアム浩幸氏はこう話す。世界の現実はもっと困難で切実であり、時間のかかる政府の...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/25

官僚に巣食う「事なかれ主義」の実態とは

世界標準の危機(7)日本官僚の大いなる抵抗

内閣府本府参与の齋藤ウィリアム浩幸氏は、2年間にわたる政府系の長期プロジェクトを進める中で、日本の官僚たちの事なかれ主義に直面した。少しでも変わったことをしようと...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/28

内向きならば、世界標準の警鐘を「輸入」せよ

世界標準の危機(8)「ネットワーク」の効用

外国に行って学んだりビジネスをしたりする人は減り、世界最前線の情報と感覚は日本に入ってこなくなった。だとすれば、強烈なメッセージを日本に持ち込み、聞かせればよい。...
収録日:2015/11/19
追加日:2016/02/01

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧