10MTVオピニオンPREMIUM ログイン
齋藤ウィリアム浩幸

齋藤ウィリアム浩幸

さいとうウィリアムひろゆき

株式会社インテカー代表取締役社長/内閣府本府参与
1971年カリフォルニア生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部を卒業。10代で商用ソフトウェアのプログラミングを始め、その大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。1998年に27歳で「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」(アーンスト・アンド・ヤング、ナスダックおよびUSAトゥデイ主催)を受賞。暗号、生体認証、サイバーセキュリティに関する第一人者でもある。

BAPIという生体認証システム技術を開発し、マイクロソフト社を含む160社以上の企業とライセンス契約を結ぶ。BAPIは事実上の世界標準規格となり、2004年に自社をマイクロソフト社に売却した。

2005年に拠点を東京に移し、株式会社インテカーを設立。コンサルタント会社として、企業がグローバルに認められ、革新的な技術がビジネスとして成功するための助言を行いながら、時としてベンチャー企業に資金援助も行う。アントレプレナーの手助けに情熱を傾ける傍ら、日本の政府機関への協力や、大学の講義、政策提言を行う。講演活動をはじめ、出版物やテレビなどメディアを通じて情報発信している。

2012年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、また日本の憲政史上初めて国会に設置された、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(NAIIC)では、ITなどのインフラ設備構築で手腕を発揮した。また、2013年12月より、内閣府本府参与に任命されている。

海外では、世界経済フォーラムから「ヤング・グローバル・リーダー」(2011年)および「グローバル・アジェンダ・カウンシル」(2011年)のメンバーとして選出され、その後同フォーラムのボードメンバーにも任命されている。

各国の政府機関に対する支援活動を行うなか、日本では、経済産業省、総務省、文部科学省、国土交通省、独立行政法人・産業技術総合研究所、情報処理振興事業協会などの機関に対して支援協力の実績がある。

著書としては、2011年に出版された自伝本『An Unprogrammed Life』(John Wiley & Sons)の他に、日本語本『ザ・チーム-日本の一番大きな問題を解く―』(日経BP社2012年)及び『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房2013年)が出版された。2013年10月より日経産業新聞にて、週刊コラム「ウィリアム氏と明日を読み解く」を連載中。また2012年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選抜されている。

「始まりはチーム、発展はグループ」 日本人が苦手なのは?

イノベーションを起こすチームの力

収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/10

セキュリティが弱い≒トイレを掃除していない その理由は?

日本のサイバーセキュリティの現状と未来

収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/11

日本人は “空気を読まない”方が良い!?

日本の再生戦略―パッションとビジョン

収録日:2014/07/25
追加日:2014/09/26

日本では「イノベーション」の定義が間違っている!

世界から見た日本(1)カタカナ語のガラパゴス化と内向き志向

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/03

パーフェクトを目指してはいけない!? 福島原発事故の原因

世界から見た日本(2)レジリエンスと教育制度

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/04

1歳から高級フランス料理? 幼いときから大事にしたいこと

齋藤ウィリアム流教育方針―好奇心と経験

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/10

報道されているサイバー攻撃は氷山の一角にすぎない

ガバナンス・リスクと化したサイバー攻撃

収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/24

リスクと失敗を教えないから皆が保守的になる

現代日本の「自信喪失」と教育の「失敗」

収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/25

学校では早い段階からソフトウェア教育を行うべき

来るべきシンギュラリティの時代

収録日:2015/02/19
追加日:2015/03/26

学校ではなく塾で勉強する状態は「市場の失敗」

緊張感なき日本の教育

収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/02

現代は「三つのM」に振り回されている

人口減少時代の成長戦略

収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/08

少子化の原因は、経済ではなく教育にあった?

「平和ボケ」の代償~優秀過ぎる日本の課題~

収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/15

雲の上の存在ではなく努力して到達すべき目標

「エリートになる」というモチベーション

収録日:2015/02/19
追加日:2015/04/22

人間関係とはすべからく個人と個人の付き合い

「肩書」と「組織」にしがみつく世代

収録日:2015/02/19
追加日:2015/05/07

重要なのは時代に即した結果を出すこと

日本のリソースをビジネス・チャンスにするために

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/06

かつて持っていた日本人の気質を取り戻そう

80年代日本のリマインダー

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/09

問題は「就職」がゴールになっていること

教育に必要な破壊的イノベーション

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/13

母親たちが子どもに注ぐエネルギーを別の方向に振り向けよ

マクロな視点から日本を捉える

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/20

時代に対応したイノベーションを生み出していく必要がある

「デザインド・イン・ジャパン」の未来へ

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/23

ICTをうまく使いこなす現代のハッカー集団やテロ組織

世界標準の危機(1)セキュリティはレジリエントであれ

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/07

エクセルで精緻な図を描くのが、ICT活用?

世界標準の危機(2)「ICT活用」の勘違い

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/11

現代日本は「言い訳上手の失敗嫌い」だ

世界標準の危機(3)「バブル」経験の亡霊

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/14

「爆買い」バブルも、いつかは弾ける

世界標準の危機(4)「平和ボケ」から目覚めよ

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/18

年功序列制と実力主義、グローバルに考えて見直すべきは?

世界標準の危機(5)年功序列の落とし穴

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/21

「失敗」のない人間はリーダーになれない

世界標準の危機(6)「失敗」が育むリーダーシップ

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/25

官僚に巣食う「事なかれ主義」の実態とは

世界標準の危機(7)日本官僚の大いなる抵抗

収録日:2015/11/19
追加日:2016/01/28

内向きならば、世界標準の警鐘を「輸入」せよ

世界標準の危機(8)「ネットワーク」の効用

収録日:2015/11/19
追加日:2016/02/01