10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

カトリック

カトリック
ギリシア語の「普遍的、世界的、全体的」を意味するkatholikosを語源とするキリスト教の概念の一つ。ローマ教皇を首長とする「ローマカトリック教会」と同義ではなく、プロテスタントもギリシア正教もカトリックの概念を擁するが、一般的には世界で12億人以上の信徒を持つ最大教派ローマカトリック教会をもって「カトリック」と称することが多い。キリスト教には多くの諸派があるが、概念としてのカトリックに対する違いというよりも、ローマカトリック教会と袂を分かつ各教派の林立と考えた方がよい。「10MTVオピニオン」では、上智大学神学部教授でカトリック司祭(イエズス会)の竹内修一氏によるシリーズ講話「キリスト教とは何か」を収録。イエス・キリストという名前や「神の国」の意味、キリスト教における「愛」についてなど、教派の違いを超えた普遍的なキリスト教の教えについて解説が成されている。さらに、歴史学者山内昌之氏がローマカトリックの権威を認めつつ、典礼、儀式はギリシア正教に従うという独自のスタイルを持つギリシア・カトリック(ユニエイト)について、東京大学東洋文化研究所副所長の中島隆博氏が思想・哲学を通して考えるカトリックとプロテスタントについてなど、広く「カトリック」について論じている。

愛は赦しであり、赦しは平和であり、平和とは沈黙である

キリスト教とは何か(5)「赦す」とはどういうことか
愛とは何か。それは「赦し」である。しかし上智大学神学部教授・竹内修一氏は、この「赦し」は「水に流す」ことではないと強調する。さらに愛とは、「平和」であり「沈黙」であるとも言われる。キリスト教の愛は、さまざまな言...
収録日:2016/12/26
追加日:2017/03/28
竹内修一
上智大学神学部教授/カトリック司祭(イエズス会)

「イエス・キリスト」と呼ぶことは、最も短い信仰告白だ

キリスト教とは何か(1)「イエス」とは一体誰なのか
キリスト教とは何か。「文明の衝突」が世界中で現実化する中、この問題は日本人にとっても重要なものになっている。上智大学神学部教授・竹内修一氏は、「キリスト教とは何か」という問いは、同時に「イエスとは誰なのか」も意...
収録日:2016/12/26
追加日:2017/02/28
竹内修一
上智大学神学部教授/カトリック司祭(イエズス会)

ジョン・ウェスレーが提示した「寄付」という方法の背景

グローバル化時代の資本主義の精神(2)世俗倫理と資本主義の精神
今、ポスト世俗化の時代と言われているが、世俗化には二つの意味があると話す中島隆博氏。典型的なのは、フランス・カトリックとドイツ・プロテスタントだという。そこで、今回はこの二つの違いから、近代の世俗倫理と資本主義...
収録日:2014/11/07
追加日:2015/05/18
中島隆博
東京大学東洋文化研究所 副所長 教授

複雑なウクライナの宗教と民族との関係

ウクライナの宗教と民族の歴史(1)四大宗派併存の歴史と背景
国際的関心の集まるウクライナ情勢だが、ウクライナを理解するにはこの地方特有の複雑な宗教と民族の関係を知らなければならない。ロシアとウクライナ、西部と東部、ローマカトリックとギリシア正教、といった二項対立のみでは...
収録日:2014/05/22
追加日:2014/06/05
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授

「ユニエイト」というあり方がウクライナの民族文化を醸成

ウクライナの宗教と民族の歴史(2)ギリシア・カトリック信仰と民族文化
ウクライナ語を話す西ウクライナ地方の住人には、独特なギリシア・カトリック(ユニエイト教会)信仰が深い。対立と弾圧を余儀なくされた彼らの間には「教会に対する戦いは、文化に対する戦いだ」との言い回しがある。その手掛...
収録日:2014/05/22
追加日:2014/06/05
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授