10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

欧米諸国

欧米諸国
 「欧米諸国」は、ヨーロッパ州(欧州)とアメリカ州(米州。北アメリカ州と南アメリカ州)の3大州を指す言葉。狭義では、ヨーロッパの先進国及びアメリカ合衆国とカナダを合わせた集団をいう。歴史的には、オリエントの対義語であるオクシデントを「西洋」と訳し、キリスト教文明に根ざしたヨーロッパ諸国及び北アメリカを指し、ほぼ同じ意味で使われる。  近年、欧米諸国という呼び方が西洋よりも好まれるようになったのは、それぞれの国内における民族の多様化が進み、とくにアメリカではアジア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人などの呼び方がポピュラーになってきたためである。  「10MTVオピニオン」では、歴史学者で東京大学名誉教授の山内昌之氏が2015年のパリ同時多発テロを受けて、欧米諸国リーダーシップをとる国際紛争解決手法の限界にふれている。一方、明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授の田中秀明氏は、「少子高齢化と財政の役割」の連続講義の中で、わが国が今後モデルにするべきケースとして、1990年代に財政再建策を講じた欧米諸国を比較して論じている。

90年代の欧米諸国はどのように財政再建に取り組んだのか

少子高齢化と財政の役割(4)外国の財政再建の成功と失敗
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授の田中秀明氏による連続講義「少子高齢化と財政の役割」。第4回目では、1990年代、欧米諸国中心に行われた財政再建策の成功例と失敗例を取り上げる。当時、財政ルール...
収録日:2017/08/09
追加日:2017/09/16
田中秀明
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授

敵の敵は味方―アサドと米欧が組むことはあり得るか?

パリ同時多発テロ(3)欧米諸国が直面する問題
世界に大きな衝撃を与えたパリ同時多発テロ。オランド大統領は、フランスが過激派組織「イスラム国(IS)」との「戦争状態にある」として、全土に非常事態宣言を発し、シリア空爆の強化に踏み切った。誰もが注...
収録日:2015/11/18
追加日:2015/11/26
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

テロ行為は「国家間」の枠を超えたポストモダン世界戦争

パリ同時多発テロ(2)これはISだけの問題ではない
パリ同時多発テロをはじめ世界中で見られる新しい争いの形を、歴史学者・山内昌之氏は「ポストモダン世界大戦」と位置付けた。では、何がこうした「ポストモダン的」戦いを引き起こしているのか? そこには対I...
収録日:2015/11/18
追加日:2015/11/23
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

パリ同時多発テロは第1次ポストモダン世界大戦の始まり

パリ同時多発テロ(1)新しい世界戦争の始まり
11月13日、突然パリを襲った同時多発テロは、人類の歴史に忘れられない1ページを加えた。それは、いままでの概念とは異なる無秩序をもたらし、新しい世界戦争の予兆とも見て取れる。歴史学者の山内昌之氏が...
収録日:2015/11/18
追加日:2015/11/20
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

予算は半減したのに日本の開発援助に高い評価という皮肉

権力政治化する国際社会と国際協力(2)国際開発協力における日本の役割
現在、世界全体が権力政治を優位とする社会になっている。そんな中、国際協力における好材料として、環境と国際開発協力という二つの側面を提示した高橋一生氏。今回は、国際開発協力について、現在の世界状況を...
収録日:2014/10/28
追加日:2015/02/10
高橋一生
元国際基督教大学教授/リベラルアーツ21代表幹事