10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

WHO

WHO
 「WHO」は、World Health Organization(世界保健機関)。1948年に設立された国際連合の専門機関の一つ。「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として、世界中で病気の撲滅のための研究、適正な医療・医薬品の普及、健康の促進、病気の予防などの推進活動を行なっている。多国間協力の推進や災害時緊急対策の策定、感染症対策などのほか、都市に住む人の健康を守り、生活の質を向上させることもWHOの活動内容に入る。本部はジュネーブにあり、2017年8月現在、WHOの加盟国は194カ国・地域。日本は1951年に正式加盟している。  WHOは、4月7日を「世界保健デー」とし、毎年テーマを定めて世界的な取り組みを呼びかけている。ここ数年のテーマおよびスローガンを見ると、2015年は「食品安全:あなたの食べものはどれくらい安全ですか?」、2016年は「糖尿病:糖尿病に負けるな」、2017年は「うつ病:一緒に話そう」であった。  「10MTVオピニオン」では、政治学者で慶應義塾大学大学院教授の曽根泰教氏が、2000年頃からWHOが提唱している「健康寿命」に基づいて厚労省が考えた「セブンマイナスプラン」をいち早く評価・解説している。

健康寿命が延びれば医療費問題解決にも資する!

セブンマイナスプラン~平均寿命と健康寿命の差~
平均寿命と健康寿命の差である7年を如何に縮めるかという「セブンマイナスプラン」。健康寿命の概念や平均寿命と健康寿命の差の動向、健康寿命を延ばすための厚労省の取り組みなどを紹介しながら、このアイディ...
収録日:2013/11/15
追加日:2014/03/13
曽根泰教
慶應義塾大学 名誉教授