10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

財政健全化

財政健全化
財政健全化とは財政の歳入と歳出のバランスをとり改善すること。国債発行の積み重ね等により、巨額の赤字を抱え財政破綻の危機にさらされている日本財政にとっては積年の、そして早急に策をとらなければならない課題である。主に歳出削減と歳入増加の2手法がある。歳出削減策としては、公務員数削減等による経費削減、公共事業費削減等があり、特に医療、年金問題を含む社会保障費削減は超高齢化社会にある日本にとって最重要課題である。歳入増加策としては、消費税、所得税、法人税等の増税で応じるのが主である。しかし、景気回復の遅速を考慮して消費増税は数度の延期の上で2019年10月実施が議論されており、また、欧米に比して高い法人税率は引き下げが検討されているのが現状である。政府は2001年より経済財政諮問会議を設置し、毎年財政改革案、いわゆる「骨太の方針」を打ち出し財政健全化に取り組んでいる。「10MTVオピニオン」では、首都大学東京理事長・島田晴雄氏が高齢化と財政危機をテーマにシリーズ講義を提供。消費増税を焦点に健全化対策について論じている。また、東京大学名誉教授・伊藤元重氏も財政改革について解説をするなかで、消費増税先送りの影響について深く切り込んでいる。

右肩上がりに増える社会保障給付費

日本財政を巡る課題(1)日本財政の現状
日本財政を巡る課題について、法政大学経済学部教授の小黒一正氏が解説するシリーズ1回目。今回は議論の前提として、日本財政の現状を確認する。金利の抑制によって利払い費が増加せず、何とか日本財政は回ってい...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

団塊世代が75歳以上になる2025年、医療費は5倍に

日本財政を巡る課題(2)社会保障給付費と2025年問題
過去10年間で26兆円も増加している社会保障給付費。団塊世代が一斉に75歳に突入する2025年、医療費の国庫負担は5倍に膨れ上がる。こうした状況で、基礎的財政収支の黒字化は可能なのか。法政大学経済学部教授の小...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

インフレ率が上がらないのは構造的な問題

日本財政を巡る課題(3)金融政策の課題
日銀が目指しているインフレ率2パーセントは、いまだ達成されていない。法政大学経済学部教授の小黒一正氏は、医療や大学等のサービスに関して、価格統制を緩和すべきだと主張する。さらに小黒氏によれば、金融政...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

日銀のバランスシートは金利上昇に脆弱である

日本財政を巡る課題(4)日本銀行のバランスシート
法政大学経済学部教授の小黒一正氏によれば、金融政策は等価交換にすぎず、日銀が国債を買っても国全体の債務は減らない。前回に引続き、その第2の理由を解説する。日銀と政府を統合バランスシートで見た場合、金...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

日本の社会保障は非常に非効率

日本財政を巡る課題(5)非効率的な社会保障
法政大学経済学部教授の小黒一正氏によれば、日本の社会保障は非常に非効率的であり、低所得者層や本当に困っている人たちに富が再分配されていない可能性がある。実際、低所得者層への再分配率は2パーセントと、...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

政府が守るべき医療は「高リスク医療」

日本財政を巡る課題(6)医療改革・財政的リスク保護
今後急増が予想される医療費。厚生労働省の「保険医療2035提言」のメンバーとして、法政大学経済学部教授の小黒一正氏は、官民の役割分担の徹底化を主張する。財政的リスク保護の観点から、低リスク医療を公的保...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

所得連動型奨学金をもっと拡充すべきだ

日本財政を巡る課題(7)所得連動型奨学金の拡充
現政権と公明党は、租税を財源とする給付型奨学金を拡充していく方針である。しかし大卒の生涯賃金は、高卒と比べて7,000万円も増加する。受益と負担の一致を考えるなら、財政投融資を用いた奨学金、しかも返済を...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

日本の将来に必要なドラスティックな改革とは?

日本財政を巡る課題(8)さらなるドラスティックな改革案
日本財政を巡る課題についてのシリーズ最終回。法政大学経済学部教授の小黒一正氏が、「地方庁」や薬の収載システム等、さらなるドラスティックな改革について提言する。低成長と社会保障の膨張が待ち受ける日本...
収録日:2017/10/30
追加日:2018/05/19
小黒一正
法政大学経済学部教授

安倍首相は目先の選挙よりも財政健全化を推進すべき

高齢化と財政危機(7)増税と年金制度改革の先送り
安倍晋三政権は増税を先送りし、年金改革にも本格的に取り組んでこなかった。増税は国民に不人気だが、増税を延期して経済が良くなる保証はなく、むしろ負担は拡大する。国の将来や次世代のことよりも目先の選挙...
収録日:2017/09/27
追加日:2017/11/06
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

GDP統計にみる日本財政の課題と解決への道

GDP統計から読み取る日本経済の課題(1)戦略的な財政改革
学習院大学国際社会科学部教授の伊藤元重氏がGDP統計の数字から、日本の経済、財政の課題を読み取り、解決への道を論じる。日本の財政は債務、赤字、社会保障費という三重苦を抱えているが、マクロデータで見ると...
収録日:2017/07/25
追加日:2017/09/01
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

なぜ安倍首相は「消費増税再延期」を選択したのか?

「消費増税再延期」を考える-三つの手法と三つの論点
学習院大学国際社会科学部・伊藤元重教授が、安倍内閣の選択した「消費税増税再延期」について多角的な視点から解説する。伊藤氏が特に注目したのは、三つの手法と三つの論点。この3×3の方法で、消費税増税再延...
収録日:2016/06/16
追加日:2016/07/11
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

「予防効果」で介護保険料を抑制する和光市に学ぼう!

財政健全化~歳出抑制とともに財政の質的向上を
2020年までにプライマリーバランスを黒字にするという安倍内閣の目標は達成できない可能性が高いと、東京大学大学院経済学研究科教授・伊藤元重氏は言う。それはなぜなのか。2020年以降の財政はどのよう...
収録日:2015/05/27
追加日:2015/06/22
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

消費税増税先送りは財政健全化に悪影響を及ぼすのか?

財政健全化~増税先送りの影響と社会保障改革
消費税増税先送りは、国の財政にどのような影響を与えたのか? また歳出の大半を占める社会保障費を今後どう負担していくのか。現在の日本の重要課題である財政健全化について、東京大学大学院経済学研究科教授...
収録日:2015/02/02
追加日:2015/02/16
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

ピケティ『21世紀の資本』の読み方で気をつけること

格差と成長~トマ・ピケティ『21世紀の資本』考
本著が示したシンプルで強烈な方程式「r>g」をどう読むか?この格差論は日本にも当てはまるのか?社会現象ともなったトマ・ピケティ『21世紀の資本』を、東京大学大学院経済学研究科教授・伊藤元重氏が独自...
収録日:2015/02/02
追加日:2015/02/04
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

デフレ脱却を目指している今こそ法人税率引き下げを

法人税改革はアベノミクス第三の矢の試金石
今、世界の中でも格段に高い日本の法人税率の引き下げが議論されている。財政健全化も同時に推進しなければならない日本の法人税改革はいつ、どのように行うべきなのか? 諸外国の実例とともに税率引き下げの背...
収録日:2014/04/25
追加日:2014/05/02
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授