10MTVオピニオンPREMIUM ログイン
沖縄問題を考える

沖縄問題を考える

Okinawa Problems
沖縄という地域は日本の中で歴史的にどんな扱いをされてきたのか。また、どんな役割を果たしてきたのか。それらを知らなければ、なぜアメリカが沖縄に軍事基地を置いているのか、その世界史的な意味を理解することはできない。そして、普天間基地の移転に象徴される沖縄問題の核心に近づくこともできない。島田晴雄氏が、琉球王国から始まる沖縄の歴史を丁寧にひも解きながら、沖縄の歴史的役割とアメリカの世界戦略を解説する。

沖縄米兵少女暴行事件が契機となり20万人集会へ

沖縄問題を考える(1)普天間基地移転問題の発端と日米の思惑

収録日:2013/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授

戦争をせずに基地移転を承認するのは世界史でも異例

沖縄問題を考える(2)橋本・クリントン会談と名護市民投票

収録日:2013/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授

「最低でも県外」とは一体何だったのか?

沖縄問題を考える(3)名護市長との議論と鳩山首相の発言

収録日:2013/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授

日本に組み入れられても必死になじもうとした沖縄

沖縄問題を考える(4)沖縄の歴史:琉球王国と明、明治時代

収録日:2012/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授

ひめゆり学徒隊の壮絶さが物語る沖縄戦の悲劇

沖縄問題を考える(5)沖縄の歴史:太平洋戦争

収録日:2013/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授

安全保障は心の問題―国民の理解が何よりも重要

沖縄問題を考える(6)沖縄の歴史:戦後の沖縄と安全保障の考え方

収録日:2013/12/25
追加日:2014/02/24
島田晴雄
慶應義塾大学 名誉教授