テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.01.29

消費税の増税で生活は変わったのか?

 2019年10月1日の消費税増税から数ヶ月。消費税が8%から10%になったことで、皆さんの生活にはどんな影響がありましたか?また増税に伴い、「軽減税率」やキャッシュレス決済による「ポイント還元制度」などによって生活が変わったという方もいるのではないでしょうか。

 そこで今回は、消費税増税でどのような生活が変わったのか、その具体的な変化や実感を10~50代の男女30人にアンケートしてみました。

3%→5%→8%→10%までの変遷をおさらい

 はじめに消費税導入から今回の増税までの歴史を簡単におさらいします。まず3%の消費税導入が実施されたのは1989年のこと。それ以前にも「一般消費税」や「売上げ税」といった類似の消費税導入が検討されたこともありますが、いずれも国民の反対の声が多く廃案となっていたという過去があります。

 その8年後の1997年には消費税は3%から5%にアップ。その17年後の2014年には8%に引き上げとなりました。そして直近の引き上げまでには、2度の時期延長があり、前回から5年後の2019年に10%の引き上げが実施。5年というのは短期間での増税という印象もありますが、そもそも8%となった時に、数年後には10%になるという段階的な導入が可決されていたのも事実です。

 消費税増税は、政権や支持率、選挙にも影響し、政治の世界で重要な法案となりますが、私たち国民の生活にも直結する重要な税金です。以前のそれぞれの増税時は、どんな変化や印象があったのかをアンケートしてみたところ、以下のような声が集まりました。

<3%導入時>
・「100円でお菓子を買いに来た子どもに3円足らないと言えない」という店主の声がフューチャーされていた記憶が。端数が面倒くさいなと思っていた。
・国民としての義務や責任を考えると、3%くらいなら仕方ないと納得した。

<5%に引き上げ時>
・これからどんどん引き上げがアップしていくのだろうかと不安になった。
・5%で計算がしやすいなと思う反面、消費税を払っている実感が増し節約するように。

<8%に引き上げ時>
・買物をすると、思っていたより支払い時の金額が高いなと感じるように。
・ほとんど10%プラスと考え支出を計算するようになって、価格の税別、税込に敏感になった。

約6割以上「変わった」と回答。10%で生活はどう変化した?

 続いて本題の10%。「今回の消費税10%に引き上げで生活は変わったか」とアンケートで聞いてみたところ、30人中、実に20人が「変わった」と回答。増税直後はまだ変化の実感が沸かない人も多かったようですが、増税から約4ヶ月経ってみて、半数以上の人が何らかの影響を感じているようでした。

 では今回の10%となった消費税によって、生活や意識に実際にどんな変化や影響があったのか、老若男女の声をご紹介します。

1・複数のキャッシュレス決済の手段を導入した
・できるだけカードやペイペイなどのキャッシュレス決済で家計管理を明確化した。でも6月でポイント還元制度が終了するのが不満(主婦・40歳女性)
・お小遣いの半分はSuicaにチャージしてもらうことに家族会議で決まった。でもキャッシュレスは遣い過ぎてしまうこともあって大変(大学生・19歳男性)

2・会計時に「思っていたより高い」と感じるようになった
・増税に日用品の価格も高騰しているのにプラスして、ドラッグストア等での会計時に「あれ?高過ぎない?」と感じる事が増えた(会社事務・35歳女性)
・飲みに行ったりの飲食費や交際費の比率が高まった。つい会計時に「そんなに飲んでないのに今までより高い」と思ってレシートを確認してしまう(公務員・45歳男性)

3・衝動買いをやめ、買物に慎重になった
・ネットで買物をする時も、表示価格が税抜きか税別か細かくチェックするようになり、モノの価格に敏感になった。消費税金額をしっかり把握して検討してから買っている (自営業・55歳男性)
・ふつうの店舗でもネットショップでも、できるだけポイント還元をする店舗優先で買物をするようになった。(サービス業・32歳女性)

4・高価なモノ、外食などの贅沢の予算を下げた
・冬のコートを買おうと思ったが、消費税分が高額。たとえば予算を5万円と決めたら、本体4万5000円までの商品を探すようになった(団体職員・28歳女性)
・ほとんど外食生活なので10%の増税が負担。無意識に安い店やテイクアウトの頻度が増えた気がする(会社員 37歳男性)

 全体的に、生活に変化を感じている人の多くは「10」という分かりやすい税率になったことで、価格や支出に敏感になっているケースが多く聞かれました。また軽減税率やキャッシュレスポイント還元を理解し取り入れ、生活スタイルをマイナーチェンジしている人も多いようです。今回の増税では生活の要となる食品や家賃などへの負担は増えないことからも、「変化はそれほど感じない」と思っている方もいる反面、「ジワジワと生活をキツくしている」と緩やかながら増税の影響を認識している方も多い印象がありました。

 税率が上がっても給与や年金が増えないなら尚更、僅かな引き上げがジワジワと生活に陰を落とすのが現実です。ポイント還元制度も期間限定ですから、この先節約志向も高まってくるのでは?という見方もあります。買い渋りや買い控えまではいかなくても、増税というタイミングを期に家計や収支を見直し、税率に合わせてそれぞれ微調整してみることも大切です。

あわせて読みたい