10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.02.06

電気が安くなる? 4月から開始される「電力自由化」とは?

 相次ぐ増税、円安による物価高、そして上がらない給料。私たちの家計はじわじわと、しかし確実に苦しくなってきている。

 そのような中で珍しく明るいニュースは、原油安と電力自由化だ。原油安によりガソリン価格が下がって助かった人も多かったことだろう。

 そしてもうひとつのニュースが4月から開始する電力自由化。自由に電気を購入する会社を選べるようになるという制度だが、何が明るいかというと電気代が安くなるということなのだ。

 日本では長年、家庭用の電気は、各地域で特定の電力会社が独占してきた。とはいえ、さらにその前、明治から昭和の中期にかけては日本でも電力会社は乱立していたこともあった。自由な市場で、当然価格競争もあったが、電気が重要なインフラになってくると、政府が介入する機会も多くなってきた。

 そして、1950年に電力の安定供給を保つという大義名分のもと、現在の独占体制が作られたのだが、自由競争も働かず、しかも公共的で需要も巨大な産業のこと。弊害が大きかった。

 たしかに昔に比べ頻発していた停電も減り、我々は安定的な電気の供給を受けられるようになったのだが、気がつけば諸外国に比べ、日本は電気代が非常に高い国になってしまっていたのだ。

 そのような背景から、電力自由化の議論は進み、まずは工場やオフィスビル、大型店舗など大口需要のあるところから電力自由化が実施されてきた。例えば、霞ヶ関の役所は、東京電力以外から電気を買っているところばかりだったりするのが話題になったこともある。

 そして、この4月からとうとう家庭用の電気も自由化される。様々な企業が参入することが決定しているが、すでに既存の各地域の大手電力会社よりも低価格の料金を発表しているところばかりだ。

 どの業者を使うことで最も安くなるかは、住んでいる地域やどのような使用状況かによって異なるので、比較検討する必要がある。比較用ウェブサイトも続々と出てきている。中には、自分の地域と現在の電気料金、良く電気を使う時間帯を入力すると自動的におすすめの電力会社を表示し、節約できる金額を計算してくれる便利なサービスもある。

 安くなるのは電気代だけではなく、同時契約でインターネット料金が安くなったり、Tポイントや楽天ポイント、Pontaなどの各種ポイントが還元されるサービスもある。総合的に何が得かという視点で見ても色々と面白そうだ。

 また、今のままの契約で、特に見直さなくても得する可能性も出てきそうだ。今まで電力販売を独占していた企業も、顧客をつなぎとめるため、値下げやサービス改善の動きを見せてきている。そのまま契約していても、安くなったり、プレゼントをもらえたりするという可能性もあるため、電力会社選びは慎重に見極めたい。

 さて、電力自由化のもうひとつのメリットは、自分の意見や考え方に基づいた行動をとりやすくなるということだろう。今まで電力会社は数多くの不祥事を起こしてきたが、その場合も消費者は抗議のために他社に乗り換えるということが出来なかった。

 また、不祥事とまではいかなくても、サービスが悪い、クレームがちゃんと対応されないなどの理由で、別会社に乗り換えるということができなかった。新聞や車、食品などでは当たり前のようにできていたことが、電気でもようやく実現する。これは大きな一歩だ。

(10MTV編集部)

あわせて読みたい