10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペレストロイカの意外な引き金は「逆オイルショック」

「逆オイルショック」とソ連崩壊

岡崎久彦
外交評論家
情報・テキスト
「オイルショック」は誰もが知るが、「逆オイルショック」は今や忘れられた現代史の1コマだ。しかし、この現象こそソ連崩壊から日本のバブルをも誘因したと岡崎久彦氏は振り返る。世界史の裏に動いた情報外交の姿を垣間みる。
時間:10:07
収録日:2014/03/26
追加日:2014/04/24
「オイルショック」は誰もが知るが、「逆オイルショック」は今や忘れられた現代史の1コマだ。しかし、この現象こそソ連崩壊から日本のバブルをも誘因したと岡崎久彦氏は振り返る。世界史の裏に動いた情報外交の姿を垣間みる。
時間:10:07
収録日:2014/03/26
追加日:2014/04/24
≪全文≫

●ペレストロイカの意外な引き金は「逆オイルショック」


岡崎 資源依存の経済は、需要が減ったらガクっときて、どうしようもなくなってしまいます。現に1985年には石油の「逆ショック」がありました。もうほとんどの人の記憶にはないですが、私自身は非常に密接に関わったからよく知っています。実はそれで石油経済がつぶれるとともに、ペレストロイカも始まります。

―― ペレストロイカになるのは、「逆オイルショック」の影響なのですね。

岡崎 はい。実質的に翌1986年の前半から始まっています。日本は石油が安くなってただ喜んでいただけですが、「逆オイルショック」がどれだけ激しいものだったかは、私はサウジアラビアにいたから知っているのです。

―― そうか、先生はそのときサウジ大使(駐サウジアラビア日本国特命全権大使)をなさっていた。

岡崎 そうです。実は私は、ソ連邦をつぶしたのは、レーガンの宇宙戦争・スターウォーズ計画(SDI)と私だと思っているのですよ。

―― それは、面白そうなお話ですね。


●油価の乱高下と「ネットバック方式」


岡崎 石油ショックは、70年代に2回あります。ずっと1バレルあたり2、3ドルだった石油価格が、1973年の第1次石油ショックで12ドルまで高騰します。2回目は、70年代の終わりにイラン革命が起こり、イラン・イラク戦争が勃発したため、20数ドルから30ドル以上まで値上がりします。ところが、上がり方が急激過ぎたもので、産油国はだんだん安売りをするようになるのです。

 それで、OPECが価格の維持に乗り出します。サウジアラビアが「23ドルは切ってはいけない。それでオイルグラッドになったら、うちが減産を引き受ける」と言い出します。ところが、どの産油国も23ドルではつらくなり、皆「○○ボーナスだ」と言い出して値引きするのです。油価は値下がりし始めて、20ドルくらいになってしまいました。

 ところが、サウジアラビアだけは頑張って、23ドルラインを譲らない。それでモービルやエクソンなど、アメリカのメジャーが「どうにかしてくれ」と悲鳴を上げます。そこで始まったのが「ネットバック方式」です。

 これは、メジャーの会社が石油を掘ってアメリカに持ち帰り、ガソリンに精製して販売する各プロセスに利潤を足した上で、最初に買った値段を払うシステムです。ですから、メジャーは損をしないのです。しかし、サウジアラビアの安い石油というものは、実際上、マーケットには出回らないのです。値段が付いていませんからね。

―― それは、面白いですね。


●日本がネットバックに参加するには?


岡崎 当時、日本の最大の石油供給国はサウジアラビアでした。でも、日本にはネットバックをさせてくれないものだから、1985年の夏頃になると皆、弱ってきてしまいました。当時の三菱の燃料部長が、「もう何十億も損をしていますよ。どうにかしてください」と言いに来たのをきっかけに、私はヤマニ(アハマド・ザキ・ヤマニ。当時の石油鉱物資源相)を相手にネットバック交渉に踏み切ることにしました。

 ところが、肝心のヤマニがつかまらないのです。パーティーに行っても、彼の周りは一度でいいから握手したい人で黒山の人だかり。私は大使でしたが、どうしようもないのです。それで、ヤマニが自分の車に乗るところをつかまえようと思って、車のそばで張り込んでいました。それで、会場から出てきたところをつかまえて握手して、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。