10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

新着一覧

日本の立て直しのため、現代の「国是」と言えるものとは?

五箇条の御誓文(8)質疑応答―現代日本に必要な「国是」

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/24
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

「父祖の遺風」は古代ローマ人が常に大事にした行動基準

古代ローマ人に学ぶ(2)「父祖の遺風」と子育て

収録日:2016/10/20
追加日:2017/01/23
本村凌二
早稲田大学国際教養学部特任教授/東京大学名誉教授/博士(文学)

浜松市の提唱で「外国人集住都市会議」が2001年に設立!

浜松市の多文化共生の取り組み(4)外国人集住都市会議

収録日:2016/11/17
追加日:2017/01/22
鈴木康友
浜松市長

IoTがフィンテックのビジネスチャンス拡大のカギとなる

フィンテックと金融革命(3)IoTと規制緩和

収録日:2016/10/17
追加日:2017/01/21
柳川範之
東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授

憲法における政教分離という考え方は正しいのか?

五箇条の御誓文(7)質疑応答―政教分離問題を考える

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/20
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

道徳の共通原理を示す命令は「二面性」を持っている!

道徳と多様性(3)道徳に基本原理はあるか?

収録日:2016/10/07
追加日:2017/01/19
鄭雄一
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻教授

浜松市では100以上の外国人コミュニティや市民団体が活動

浜松市の多文化共生の取り組み(3)市民団体の活躍

収録日:2016/11/17
追加日:2017/01/18
鈴木康友
浜松市長

日本と西洋のリーダー像の違いはどこにあるのか?

五箇条の御誓文(6)質疑応答―「祈り」とリーダーシップ

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/17
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

「四維」――「礼・義・廉・恥」こそが国家を維持する要素

『貞観政要』を読む(8)トップが持つべき四つの徳

収録日:2016/08/01
追加日:2017/01/16
田口佳史
老荘思想研究者

イタリア国民投票のテーマ・憲法改正は日本も学ぶべき議論

イタリアの国民投票から何を学ぶか

収録日:2016/12/15
追加日:2017/01/15
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

古代ローマ人の優れた実利精神が生んだ水道は今なお現役!

古代ローマ人に学ぶ(1)実利精神が生んだソフトとハード

収録日:2016/10/20
追加日:2017/01/14
本村凌二
早稲田大学国際教養学部特任教授/東京大学名誉教授/博士(文学)

神武創業、大化の改新―日本的革新とは常に「原点回帰」

五箇条の御誓文(5)日本の政治革新史から見た「御誓文」

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/13
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

道徳と多様性は両立できず!個人と社会の道徳モデルの限界

道徳と多様性(2)過去の道徳思想はどうなっている?

収録日:2016/10/07
追加日:2017/01/12
鄭雄一
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻教授

「post-truth」はトランプ現象で2016年最も注目された言葉

Post-Truth Politics―トランプの政治とメディアの敗北

収録日:2016/12/15
追加日:2017/01/11
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

木戸孝允は五箇条の御誓文を新生日本の国是に仕立て直した

五箇条の御誓文(4)原案作成の功労者たち

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/10
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

フィンテックでクラウドファンディングが今、注目の分野

フィンテックと金融革命(2)異業種による金融業界参入

収録日:2016/10/17
追加日:2017/01/09
柳川範之
東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授

トランプの孤立主義はモンロー主義と違うのか?

アメリカの孤立主義とトランプの保護主義政策

収録日:2016/12/15
追加日:2017/01/08
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

誰もが皆、菩薩になれる!大事なのは布施を心掛けること

東大寺建立に込められた思い(7)「無財の七施」

収録日:2016/03/08
追加日:2017/01/07
北河原公敬
東大寺長老

王政復古の大号令による武力倒幕路線は必然的な流れ

五箇条の御誓文(3)「王政復古のクーデター」の必然

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/06
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

殺人はなぜいけない?道徳と多様性の両立について考える

道徳と多様性(1)既存の道徳の問題点

収録日:2016/10/07
追加日:2017/01/05
鄭雄一
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻教授

IoTやAIへの期待と懸念を経済学の視点で考える

IoT・AIが社会を変える―企業が生き残るための転換点

収録日:2016/11/30
追加日:2017/01/04
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授

五箇条の御誓文の源流には横井小楠の独自の思想がある

五箇条の御誓文(2)源流としての横井小楠と坂本龍馬

収録日:2015/11/29
追加日:2017/01/03
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

煬帝の失政と隋の滅亡要因を分析し、唐の安泰に生かす

『貞観政要』を読む(7)なぜ隋は滅んだのか

収録日:2016/08/01
追加日:2017/01/02
田口佳史
老荘思想研究者

小宮山宏座長がプラチナ社会に向けて送る力強いメッセージ

2017年頭所感-プラチナ社会へ合理的楽観主義のすすめ

収録日:2016/12/07
追加日:2017/01/01
小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長

東大寺建立は、日本人の約半分を巻き込んだ一大事業だった

東大寺建立に込められた思い(6)大国家プロジェクト

収録日:2016/03/08
追加日:2016/12/31
北河原公敬
東大寺長老

五箇条の御誓文が真の目的だった昭和天皇の人間宣言

五箇条の御誓文(1)昭和天皇の「詔書」の真意

収録日:2015/11/29
追加日:2016/12/30
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

浜松市で進む外国人の子どもの「不就学ゼロ作戦」とは?

浜松市の多文化共生の取り組み(2)外国人住民の問題

収録日:2016/11/17
追加日:2016/12/29
鈴木康友
浜松市長

小宮山宏氏がプラチナ社会実現に向けて書いた新著への想い

プラチナ社会構想の集大成、『新ビジョン2050』を語る

収録日:2016/12/07
追加日:2016/12/28
小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長

母親の「無償の愛」は“最も神仏に近い”

ほんものの坂本龍馬(10)質疑応答―母の徳、無償の愛2

収録日:2015/11/28
追加日:2016/12/27
松浦光修
皇學館大学 文学部国史学科教授

IoT+サブスクリプションでビジネスチャンスを手にする

IoTの活用とサブスクリプションビジネスの可能性

収録日:2016/11/30
追加日:2016/12/26
伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授