10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
片山善雄

片山善雄

かたやまよしお

防衛省防衛研究所 防衛政策研究室 主任研究官
1956年生まれ。
大阪大学法学部卒業、オーストラリア国立大学国際関係論修士、アバディーン大学政治学博士、オークランド大学政治学部講師を経て、1995年より防衛研究所勤務。
専門分野はテロリズム、危機管理。

著書に『テロリズムと現代の安全保障』(2016年、亜紀書房)、
論文に「英国の対テロ法 - 安全と人権」『警察政策』第17巻(2015年)「グローバリゼーションとテロリズム」『海外事情』第61巻9号(2013年9月)等。

講義

テロに対する過剰反応こそテロリストの思う壺

テロ対策の理論と実際(1)テロとは何か

2020年東京オリンピックに向けて、本格的なテロ対策が求められている。しかしテロとはどのようなもので、その真の脅威はどこにあるのか。防衛省防衛研究所防衛政策研究...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/02/21

自由と人権を両立するテロ対策のあり方とは?

テロ対策の理論と実際(2)テロ対策の実際

現行法制では、テロの未然防止のための通信傍受が認められていない。緊急事態時の無令状拘束・捜査、GPSを活用した捜査、ネットによるテロ対策など、さらに検討するべき...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/03/08

軍事組織を利用したテロ対策の注意点

テロ対策の理論と実際(3)軍事組織の活動

軍事組織がテロ対策として、治安維持活動を行う場合、どんな点に注意しなければならないのか。警察との間で意思の不疎通が起きることはないのか。防衛省防衛研究所防衛...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/03/09

テロ対策における自衛隊と警察の役割の違い

テロ対策の理論と実際(4)自衛隊の治安維持活動

テロ対策において自衛隊と警察の役割はどのように異なるのか。自衛隊は制限なく武器を使用することができるのか。防衛省防衛研究所防衛政策研究室主任研究官の片山善雄...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/03/10

東京五輪に向けて注意すべきテロの形

テロ対策の理論と実際(5)日本でのテロの事例

これまで日本では、どのようなテロが起きてきたのか。2020年東京オリンピックに向けて警戒すべきテロはどのようなものか。防衛省防衛研究所防衛政策研究室主任研究官の...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/03/11

テロに備えた安全対策で必要不可欠なこと

テロ対策の理論と実際(6)東京五輪に向けて

2020年東京オリンピックを安全に開催するために、市民には何ができるのか。組織委員が今後検討すべき安全課題とは何か。防衛省防衛研究所防衛政策研究室主任研究官の片...
収録日:2017/12/08
追加日:2018/03/12

近いテーマの講師一覧

江渡浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所 知能システム研究部門 主任研究員

古賀伸明

日本労働組合総連合会(連合)第6代会長

曽根泰教

慶應義塾大学 名誉教授

森田朗

津田塾大学総合政策学部教授

武藤真祐

医療法人社団鉄祐会 理事長

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長