テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
阿久津聡

阿久津聡

あくつさとし

一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授/DBAプログラムディレクター
一橋大学商学部卒。
同大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)。
一橋大学商学部専任講師、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授などを経て、現職。
日本マーケティング学会副会長。
株式会社アダストリアやWorkWay株式会社などで社外取締役を務める一方、
企業ブランディングによって持続的に業績を向上させる経営のあり方を研究している。
特に、企業ブランドが象徴する経営理念によって従業員の健康まで実現する「健康経営ブランディング」を提唱している。

主な著書に
『ブランド戦略シナリオ』 (2002)、
『職場ではぐくむレジリエンス』(2019)、
訳書『ストーリーの力で伝えるブランド』 (2019)、
『ブランド論』(2014) がある。
直近では、職場での感情の精神・健康への影響を研究している。
経営学的視点から企業という文脈で社員のやりがいや誇りとの関係性を遺伝子発現から検証した世界初の研究Work, meaning, and gene regulation (2016, Kitayama et al eds.) がPsychoneuroendocrinologyに掲載された。
その他海外学術誌を中心に論文・寄稿多数。
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。

健康経営ブランディングのすすめ (全5話)

収録日:2021/07/29
追加日:2021/11/10

「健康経営」が注目された理由と背景…海外の動きと日本

健康経営ブランディングのすすめ(1)健康経営の考え方と「攻めの経営」

追加日:2021/11/10
近年、戦略的な経営手法の一つとして「健康経営」を推進する企業が増えている。従業員の健康を「投資」として考え、企業利益につなげていく取り組みである。健康経営はもともと海外から来た概念だが、日本で注目されるようになった背...

健康経営銘柄に4年連続選出、丸井グループが成功する理由

健康経営ブランディングのすすめ(2)健康経営が機能するメカニズム

追加日:2021/11/17
日本でも健康経営への注目が高まり、現在多くの企業で採用されている。その効果はすでに確認されているものの、十分な評価を得るためには、さらに時間をかけた検証が必要となっている。そこで今回は、健康経営が機能するメカニズムと...

なぜステークホルダー経営にブランドが有効なのか

健康経営ブランディングのすすめ(3)企業ブランディングとその枠組み

追加日:2021/11/24
環境問題や社会課題の取り組みへの意識がグローバルに高まる中で、持続可能な社会に向けた企業の役割が大きくなっている。さまざまなステークホルダーに対して、企業の社会的意義をしっかりと提示し、円滑にコミュニケーションを取っ...

健康経営実現の鍵となる「ワーク・エンゲイジメント」とは

健康経営ブランディングのすすめ(4)健康経営ブランディングの仕組み

追加日:2021/12/01
企業ブランディングの枠組みの中で健康経営をどう推進できるか。そこで今回は「健康経営ブランディング」について考えていく。鍵になるのが「ワーク・エンゲイジメント」という概念である。それは、仕事への活力・熱意・没頭が向上し...

なぜエーザイは健康経営ブランディングのお手本なのか

健康経営ブランディングのすすめ(5)健康経営を持続させるために

追加日:2021/12/08
日本において健康経営ブランディングに取り組む企業の一つとして有名なのが、製薬会社のエーザイである。ヒューマン・ヘルスケアを企業理念として掲げ、グローバル企業として躍進している。健康経営を成功させるためには、こうした企...

近いテーマの講師一覧

遠山亮子

中央大学 ビジネススクール大学院 戦略経営研究科 教授

佐宗邦威

戦略デザインファームBIOTOPE 代表

真野俊樹

中央大学大学院戦略経営研究科 教授多摩大学大学院 特任教授医師

神代雅晴

一般財団法人日本予防医学協会理事長産業医科大学名誉教授学術博士

夫馬賢治

株式会社ニューラルCEO経営・金融コンサルタント信州大学特任教授

徳岡晃一郎

株式会社ライフシフト 代表取締役会長CEO多摩大学大学院教授・学長特別補佐

桑原晃弥

経済・経営ジャーナリスト

田中研之輔

法政大学キャリアデザイン学部教授/一般社団法人プロティアン・キャリア協会代表理事

伊藤元重

東京大学名誉教授