テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
遠山亮子

遠山亮子

とおやまりょうこ

中央大学 ビジネススクール大学院 戦略経営研究科 教授
【学歴】
一橋大学商学部商学科卒業(1987/03)
一橋大学大学院商学研究科 修士課程修了(1989/03)
ミシガン大学経営大学院  博士課程修了(1997/12)

【主な職歴】
北陸先端科学技術大学院大学研究開発プロセス論講座助手(1998/04-2001/03)
北陸先端科学技術大学院大学助教授(平成19年4月~准教授)(2001/04-2008/03)
中央大学大学院戦略経営研究科教授(2008/04-)

【専門分野】
国際経営戦略、イノベーションマネジメント

【主な著書・論文】
「知識ベース企業理論:戦略経営のダイナミックな進化に向けて」一橋ビジネスレビュー、52(2)、(2004)
「The theory of the knowledge-creating firm: subjectivity, objectivity and synthesis.」Industrial and Corporate Change, 14(2005)
「フロネシスとしての戦略」一橋ビジネスレビュー、53(3)(2005)
『知識創造経営とイノベーション』 野中郁次郎/遠山亮子 丸善株式会社(2006)
「Knowledge Creation and Management」Oxford University Press(2007)
『流れを経営する』野中郁次郎/遠山亮子/平田透 東洋経済新報社(2010)

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ (全9話)

収録日:2018/11/24
追加日:2019/08/22

価値創造において重要なのは未来から現在を見るという視点

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(1)イノベーションと価値創造

追加日:2019/08/22
イノベーションを起こすためには、知識の創造が必要である。しかし、知識はどのようにしてつくり出すことができるのだろうか。暗黙知と形式知に知識が整理された上で、それが4つの過程を経てつくられていくことが議論されるシリーズレ...

「プロセスの質」こそがイノベーションの結果を決める

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(2)イノベーションとプロセスの質

追加日:2019/08/22
イノベーションを起こすとき、もっとお金があればと思う人は多いが、実はそれが必ずしもいい結果に結び付くとは限らない。イノベーションの結果を決めるのは「プロセスの質」だという。今回は、イノベーションについて見ていく上で考...

経営資源としての知識、7つの特性

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(3)経営資源としての知識

追加日:2019/08/22
ドラッカーが述べたように、高度に発達した資本主義の時代には、知識が富の創造の中心になってくるという。だが、知識はそれまでの富の源泉であった人、物、金とは異なる多くの特徴を持つ。例えば、使っても減らず、生産と使用が分か...

知識は主観的であり、真実にしていくプロセスである

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(4)そもそも知識とは何か

追加日:2019/08/22
知識は人、物、金と違って、関係性の中でつくられる。人と人とが関係する中でつくられるものだということである。そして知識は、信じられ、真であり、正当化されるものと定義される。特に知識にとって重要なのは、信じることである。...

多様性と一貫性という矛盾をどう綜合していくのか

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(5)弁証法的綜合による新たな価値創造

追加日:2019/08/22
日本企業は従来、アメリカの真似をしながら効率性を追求してきた。だが現在は異能異端な人間を含めた多様性を追求することで、新たな知識を生み出す必要がある。企業は、知識を活用し、主体的に環境をつくりかえていくことができるの...

知識には暗黙知と形式知の二種類がある

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(6)暗黙知と形式知

追加日:2019/08/29
私たちが生み出すべき知識は、どのようにして成り立っているのだろうか。知識には暗黙知と形式知の二種類があり、それらの相互作用によって知識が生まれるという。両方の知識は共に必要だが、特に暗黙知は競争優位の源泉として重要で...

暗黙知を形式知化するための方法とは

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(7)暗黙知を形式知化するために

追加日:2019/08/29
暗黙知を形式知化するためには、メタファー、キーワード、オノマトペといったいくつかの方法が考えられる。それと同時に、形式知化するための条件もあり、インセンティブやコミットメントといったものが挙げられる。(全9話中第7話)

SECIモデルから暗黙知と形式の相互変化を考える

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(8)SECIモデルによる暗黙知の形式知化

追加日:2019/08/29
暗黙知と形式の相互変化を考えるためには、SECIモデルが重要だ。これは、暗黙知を暗黙知に変換する共同化、暗黙知を形式知に変換する表出化、形式知と形式知を組み合わせる連結化、形式知を暗黙知に変換する内面化の四つの部分から成...

日本ロシュにおけるSECIプロセスの事例分析

知識創造戦略論~暗黙知から形式知へ(9)日本ロシュのプロジェクト分析

追加日:2019/08/29
日本でのSECIモデルの事例分析として、日本ロシュが取り上げられる。MRという薬の営業は、暗黙知が多く、優秀なMRと平均的なMRには大きな差があった。そこで、優秀なMRが集められ、形式知が始まった。(全9話中9話)

近いテーマの講師一覧

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 教授

一條和生

一橋大学大学院経営管理研究科 国際企業戦略専攻長 教授

田中洋

中央大学大学院戦略経営研究科 教授

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

坂村健

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 所長東洋大学教授情報連携学部 学部長

山本貴博

東京理科大学理学部 物理学科 教授

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

佐宗邦威

戦略デザインファームBIOTOPE 代表

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授