10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
遠藤英俊

遠藤英俊

えんどうひでとし

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長
1982年、滋賀医科大学卒業。1987年、名古屋大学医学部大学院修了。その後、市立中津川総合病院内科部長、国立療養所中部病院内科医長などを経て、現在に至る。老年病専門医。著者に『認知症・アルツハイマー病がよくわかる本』(主婦の友社)、『地域回想法ハンドブック』(河出書房新社)、『いつでもどこでも「回想法」』(ごま書房)など多数。

【学歴】
1982年 滋賀医科大学卒業
1987年 名古屋大学医学部大学院修了

【職歴】
1990年 米国国立老化研究所客員研究員
1993年 国立療養所中部病院内科医長
2004年 国立長寿医療センター包括診療部長
2010年 国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長 老年内科部長

【専門領域】
認知症、高齢者虐待問題、介護保険関連

【専門技術・資格】
日本認知症学会理事、日本ケアマネジメント学会理事、日本高齢者虐待防止学会副理事長、聖路加看護大学臨床教授、名城大学特任教授、日本老年医学会認定老年病専門医

【主な著書】
『認知症・アルツハイマー病がよくわかる本』(主婦の友社)
『地域回想法ハンドブック』(河出書房新社)
『いつでもどこでも「回想法」』(ごま書房)
など多数

講義

多くの認知症の原因は「脳のゴミ」の蓄積

認知症とは何か(1)疾患の種類と対応

認知症は高齢化に伴ってますます増加しており、今後は「当たり前の病気」となる。国立研究開発法人国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊氏によれ...
収録日:2018/05/26
追加日:2018/09/01

アルツハイマー型は生活習慣病との合併症が多い

認知症とは何か(2)初発症状と検査

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊氏は、認知症の初発症状を早期発見し、それに適した検査を行うことの重要性を指摘する。認...
収録日:2018/05/26
追加日:2018/09/02

認知症の進行は4つの薬を使い分けて遅らせる

認知症とは何か(3)治療薬の種類と扱い方

認知症に対する根本治療薬は、いまだ開発途上にある。国立研究開発法人国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊氏によれば、そうした中でも、薬を含...
収録日:2018/05/26
追加日:2018/09/06

認知症介護の基本は「パーソンセンタードケア」

認知症とは何か(4)介護とパーソンセンタードケア

認知症の介護は、多動や便の失敗などが伴ってくると困難を極める。国立研究開発法人国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊氏は、そうした際には本...
収録日:2018/05/26
追加日:2018/09/13

認知症と付き合うにはコミュニケーションが大事

認知症とは何か(5)多角的視点による支援

認知症ケアにおいては、介護を受ける本人だけでなく、介護する側の支援も必要である。国立研究開発法人国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊氏は...
収録日:2018/05/26
追加日:2018/09/20

近いテーマの講師一覧

武藤真祐

医療法人社団鉄祐会 理事長

大内尉義

国家公務員共済組合連合会虎の門病院 院長/東京大学名誉教授/医学博士

神代雅晴

一般財団法人日本予防医学協会理事長/産業医科大学名誉教授/学術博士

秋山弘子

東京大学 高齢社会研究機構 特任教授

大鹿哲郎

筑波大学眼科教授

片岡一則

ナノ医療イノベーションセンター センター長東京大学名誉教授