テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
川合伸幸

川合伸幸

かわいのぶゆき

名古屋大学大学院情報学研究科教授
1966年京都市生まれ。
90年関西学院大学卒業。
95年関西学院大学大学院文学研究科満期退学。
心理学博士。
94~99年日本学術振興会特別研究員(DC,PD)。
99年京都大学霊長類研究所COE研究員。
2001年名古屋大学人間情報学研究科助手。
04年から同大学情報科学研究科助教授、
17年から同大学大学院情報学研究科准教授を経て、
19年から同大学大学院情報学研究科教授。
中部大学創発学術院客員教授。

専攻は比較認知科学・認知科学・実験心理学。
国立精神・神経医療研究センター神経研究所客員研究員、
文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術動向研究センター・専門調査委員。
05年度文部科学大臣表彰・若手科学者賞、
09年度日本学士院・学術奨励賞、
同年度日本学術振興会・科学研究助成事業審査員表彰ほか多数受賞。

主な著書は
『心の輪郭 比較認知科学から見た知性の進化』(北大路書房、2006)、
『ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか』(講談社現代新書、2015)、
『科学の知恵 怒りを鎮める うまく謝る』(講談社現代新書、2017)、
『凶暴老人 認知科学が解明する「老い」の正体』(小学館新書、2018)等

「怒り」の仕組みと感情のコントロール (全5話・2話配信中)

収録日:2020/11/10
追加日:2021/02/24

高齢者は本当にキレやすいのか――「怒り」の実態に迫る

「怒り」の仕組みと感情のコントロール(1)「キレる高齢者」の正体

追加日:2021/02/24
「高齢者はキレやすい」などといわれることがあるが、それは本当なのだろうか。実はメディアの報道では、高齢者の比率が増加していることを無視しており、データを見てみると人口比では高齢者が暴力関係で検挙される比率はそれほど高...

脳が体の状態にだまされて怒りが弱まることがある

「怒り」の仕組みと感情のコントロール(2)怒ったときの脳と体の反応

追加日:2021/03/03
普通の状態では怒ったときの脳と体の状態は一致しているが、意図的に一致させないようにすると、脳が体の状態にだまされることがある。例えば、強く握るのが右手より左手のほうが怒りは弱くなるという。また、怒りには攻撃性の成分と...

近いテーマの講師一覧

前野隆司

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授

為末大

一般社団法人アスリートソサエティ代表理事元陸上選手

岡朋治

慶應義塾大学理工学部物理学科教授

佐宗邦威

戦略デザインファームBIOTOPE 代表

吉川洋

立正大学学長

田島木綿子

国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹

浦環

東京大学名誉教授株式会社ディープ・リッジ・テク代表取締役

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

中尾彰宏

東京大学大学院情報学環 教授