テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

認知機能の改善に必要なのは脳トレではなく有酸素運動

「怒り」の仕組みと感情のコントロール(5)認知能力の鍛え方

川合伸幸
名古屋大学大学院情報学研究科教授
情報・テキスト
近年、「脳トレ」という脳の認知機能向上を目指したトレーニングが話題となっているが、これまでの研究の結果、脳トレが日常の生活に必要な能力の向上に寄与することはほとんどないことが分かっている。むしろ、ウォーキングなどの有酸素運動を通じて、代謝や神経伝達物質の伝達効率を上げたほうが認知機能の維持、改善には効果的で、そうすると抑制能力が高まり、怒りを抑えやすくなる。(全5話中第5話)
時間:11:30
収録日:2020/11/10
追加日:2021/03/24
≪全文≫

●脳トレの効果は日常生活にはほとんどない


 今回は、認知能力の鍛え方についてお話します。

 最近、「脳トレ」という言葉をよく耳にします。今では辞書に載るほど一般的になりました。脳トレとは、計算や漢字ドリルを通じて、脳の認知機能全体の向上を目的としたトレーニングです。脳トレがここまで市民権を得たのは、「トレーニング」という言葉をうまく用いたからだと思います。

 トレーニングという言葉を聞くと、無意識のうちに身体のトレーニングをイメージするかと思います。身体、特に筋肉は加齢とともに衰えますが、何歳になっても鍛えれば鍛えるほどしなやかで強靭になります。そして、身体を鍛えると筋肉がつくだけでなく、心肺機能も高まり、負荷をかけることで骨も強くなります。トレーニングという言葉を聞くと、脳の働きにも同じような効果が出ることを期待するかと思います。

 トレーニングの効果は鍛えた特定の部位だけでなく、身体全体に及ぶこともあります。同様に、何歳からでも、むしろ高齢者ほど、漢字や計算能力向上のための脳のトレーニングを通じて、特定の認知機能だけではなく、認知能力全体が高まるかのような「錯覚」を覚えるのではないでしょうか。はたして、脳トレに効果はあるのでしょうか。

 最近では脳トレに関する数多くの本やゲームが売られていますが、最初の研究は米国の大規模臨床研究でした。30年以上前の米国では、いわゆるデイサービスにくる人の半数と、居住型の介護施設にいる75パーセント以上の人が65歳以上の高齢者でした。財政的な負担をかかえていた米国は、「認知機能を訓練することで、高齢者が自律的な日常生活を送れるようになるのではないか。そのことによって、財政的な負担を減らせるのではないか」と考え、調査を行いました。

 65歳以上の高齢者2800人が調査の対象となりました。平均年齢は75歳です。まず、これらの人の認知能力と生活能力を調べて、この2つに偏りが出ないように4つのグループに配分しました。これらのグループは、(1)記憶訓練を受けるグループ、(2)推論の訓練を受けるグループ、(3)処理速度の訓練を受けるグループ、(4)何も受けないグループです。

 半年間、それぞれの機能の訓練を受けた結果、訓練された能力は向上しました。つまり、記憶の訓練を受けた人は、記憶力は高い水準で維持されました。反面、てきぱき行動できるかを測る処理速度や、推論能力は改善しませんでした。他の訓練を受けた人も同じ結果でした。処理速度の訓練を受けた人は、てきぱきと動くことに関してはほとんど変化しませんでしたが、記憶力や推論能力は年齢とともに低下していました。つまり、訓練すればその能力は維持されるものの、その訓練の効果は他の認知機能まで波及しないことが分かりました。

 訓練した能力の中で、もっとも効果があったのは処理速度で、つぎは推論能力でした。
どの認知能力も、訓練後の最初のテストの成績が一番高く、時間がたつほど最初の半年間の訓練効果は弱まっていきました。しかし、訓練を受けなかった人と比べると、5年経過後でも訓練の初期の効果は残っていました。さらに、何度か追加訓練を受けた人は、認知機能が高く保たれていました。

 この実験でもっとも大事なのは、訓練によって他の能力や日常での生活を高く維持できるか、という点でした。日常生活の能力は、買い物、洗濯、電話の能力、薬やお金の管理能力、運転能力、バスや電車などの乗り物に乗ることができる能力、などで計測されます。

 しかし、訓練を受けたどのグループの人たちも、日常生活での問題解決やスピードに改善は見られませんでした。数千人を対象とした長期間の研究の結果、いわゆる脳トレを行っても、生活に必要な能力は改善しないことが分かりました。


●有酸素運動が脳の機能改善に良い影響を与える


 それでは、加齢による認知能力の低下を止める方法はないのでしょうか。現時点でもっとも有効だと考えられているのは、「有酸素運動」です。頭ではなく、むしろ体を鍛えることで、認知能力が高く保たれるという実験結果が数多く示されています。

 有酸素運動とは、歩く、泳ぐといった呼吸をしながら行う運動です。動物を使った研究では、有酸素運動をすると代謝や神経伝達物質の伝達効率が良くなることが、30年ほど前から知られていました。その後、同様の改善効果が人間にも見られるのか、また複雑な思考や行動の抑制をする前頭葉にも効果があるのか、分析されるようになりました。

 多くの研究が行われていますが、その中のある実験を取り上げましょう。この実験では、 120人以上の高齢者が参加しました。参加者の半数には有酸素運動(ウォーキング)を、残り半数には無酸素運動(ストレッチと筋力トレーニン...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。