10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
鎌田富久

鎌田富久

かまだとみひさ

TomyK Ltd.代表/株式会社ACCESS共同創業者
TomyK Ltd. ホームページ
東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。
東京大学在学中の1984年にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を荒川亨氏とともに設立。
組み込み向けTCP/IP通信ソフトや、世界初の携帯電話向けウェブブラウザなどを開発。
携帯電話向けのコンパクトなHTML仕様「Compact HTML」をW3C(World Wide Web Consortium)に提案するなど、モバイルインターネットの技術革新を牽引した。
2001年に東証マザーズに上場し、グローバルに事業を展開。
2011年に退任。
その後、スタートアップを支援するTomyK(http://tomyk.jp)を設立し、ロボットベンチャーSCHAFT(米Googleが買収)の起業を支援するなど、ロボット、AI、IoT (Internet of Things)、人間拡張、宇宙、ゲノム、医療などのテクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。

著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る-テック起業家をめざせ」(東京大学出版会)にて、起業マインドを説く。

講義

東大発スタートアップが増えている理由

スタートアップ流イノベーション(1)東大発の挑戦

人工知能(AI)やロボットなど、イノベーションの重要性が増しているが、イノベーションはどうすれば起こせるのだろうか。TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の...
収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/21

右肩下がりの時代にこそスタートアップが必要

スタートアップ流イノベーション(2)未来への変革

人口減少とマイナス経済成長が日本社会の未来を襲う。このようなときこそ、スタートアップ流イノベーションが重要となる、とTomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者...
収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/22

IoT×AI時代にチャンスのある業界とは?

スタートアップ流イノベーション(3)IoT×AI時代

生産者と消費者が直接結び付き、社会は最適化へ向かう。IoTやAI化によって新たに生まれるサービスはそれを実現するが、そこから新たなビジネスチャンスも多く到来してい...
収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/23

大企業の中でスタートアップ流を導入する方法

スタートアップ流イノベーション(4)大企業との違い

スタートアップと大企業のやり方は、正反対といっていいほどに異なる。TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏は、大企業がスタートアップ流の方法を導...
収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/29

イノベーションを創出するための二つの方法

スタートアップ流イノベーション(5)創出のキーポイント

TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏によれば、イノベーション創出の方法は大きく二つに分けられるという。その二つとは「技術シーズ型」と「課題解...
収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/30

近いテーマの講師一覧

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 教授

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

江渡浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所 知能システム研究部門 主任研究員

田中洋

中央大学大学院戦略経営研究科 教授

岡田有策

慶應義塾大学理工学部管理工学科 教授

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授