テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
鎌田富久

鎌田富久

かまだとみひさ

TomyK Ltd.代表/株式会社ACCESS共同創業者
TomyK Ltd. ホームページ
東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。
東京大学在学中の1984年にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を荒川亨氏とともに設立。
組み込み向けTCP/IP通信ソフトや、世界初の携帯電話向けウェブブラウザなどを開発。
携帯電話向けのコンパクトなHTML仕様「Compact HTML」をW3C(World Wide Web Consortium)に提案するなど、モバイルインターネットの技術革新を牽引した。
2001年に東証マザーズに上場し、グローバルに事業を展開。
2011年に退任。
その後、スタートアップを支援するTomyK(http://tomyk.jp)を設立し、ロボットベンチャーSCHAFT(米Googleが買収)の起業を支援するなど、ロボット、AI、IoT (Internet of Things)、人間拡張、宇宙、ゲノム、医療などのテクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。

著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る-テック起業家をめざせ」(東京大学出版会)にて、起業マインドを説く。

スタートアップ流イノベーション (全5話)

収録日:2018/05/14
追加日:2018/09/21

東大発スタートアップが増えている理由

スタートアップ流イノベーション(1)東大発の挑戦

追加日:2018/09/21
人工知能(AI)やロボットなど、イノベーションの重要性が増しているが、イノベーションはどうすれば起こせるのだろうか。TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏は、スタートアップ支援を通じて、イノベーションを起...

右肩下がりの時代にこそスタートアップが必要

スタートアップ流イノベーション(2)未来への変革

追加日:2018/09/22
人口減少とマイナス経済成長が日本社会の未来を襲う。このようなときこそ、スタートアップ流イノベーションが重要となる、とTomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏は説く。人工知能やロボットといったテクノロジーは...

IoT×AI時代にチャンスのある業界とは?

スタートアップ流イノベーション(3)IoT×AI時代

追加日:2018/09/23
生産者と消費者が直接結び付き、社会は最適化へ向かう。IoTやAI化によって新たに生まれるサービスはそれを実現するが、そこから新たなビジネスチャンスも多く到来しているという。その詳細について、TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共...

大企業の中でスタートアップ流を導入する方法

スタートアップ流イノベーション(4)大企業との違い

追加日:2018/09/29
スタートアップと大企業のやり方は、正反対といっていいほどに異なる。TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏は、大企業がスタートアップ流の方法を導入してイノベーションを起こすために、企業内に特区をつくること...

イノベーションを創出するための二つの方法

スタートアップ流イノベーション(5)創出のキーポイント

追加日:2018/09/30
TomyK Ltd.代表で株式会社ACCESS共同創業者の鎌田富久氏によれば、イノベーション創出の方法は大きく二つに分けられるという。その二つとは「技術シーズ型」と「課題解決型」である。それぞれどのような方法なのか。二つの方法を通じ...

近いテーマの講師一覧

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

一條和生

一橋大学大学院経営管理研究科 国際企業戦略専攻長 教授

梶川裕矢

東京工業大学 環境・社会理工学院 イノベーション科学系 技術経営専門職学位課程 教授

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

五十嵐沙千子

筑波大学人文社会科学研究科准教授

松尾豊

東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 技術経営戦略学専攻 教授

加藤真平

東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授

小宮山宏

東京大学第28代総長株式会社三菱総合研究所 理事長テンミニッツTV座長

鳥海不二夫

東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻准教授