10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
分林保弘

分林保弘

わけばやしやすひろ

株式会社日本M&Aセンター 代表取締役会長
1943年
8月生まれ、京都府出身。立命館大学経営学部卒。 父は観世流能楽師、母は裏千家茶道教授。自身は3歳で能の初舞台を踏む。
大学在学中の1965年、『全米能楽公演ツアー』を企画、実行。全米35州を巡り、20以上の大学で4ヶ月に亘り能楽公演を行う。当時のアメリカ社会・経済に強く影響を受けて帰国。

1966年
外資系コンピューターメーカーの日本オリベッティに入社。
全国の中小企業や会計事務所にコンピューターシステムを販売、会計事務所担当マネージャーを務める。
※このときの人脈が現在の日本M&Aセンター会計事務所ネットワークの基礎になっている。 クライアント会計事務所との交流の中で、企業の「経営権の承継」問題が増加していることを認識。この状況を受けて後継者問題を解決するためのM&Aの必要性を見出す。

1991年
「株式会社日本M&Aセンター」を設立。

1992年
代表取締役社長に就任。
「会計事務所」「地域金融機関」「商工会議所」などの情報をマッチングするプラットフォームの概念を標榜、中小企業M&Aの社会的意義も理念として確立。

2006年10月、東証マザーズ上場、翌年には東証一部上場へと同社を導く。

2008年6月より現職

2010年より2013年まで東京商工会議所議員をつとめる
現在は中小企業M&A実務家の第一人者として、全国で講演活動を精力的に展開している。
著書に「改訂版 中小企業のためのM&A徹底活用法」(PHP研究所)など。

講義

中小企業の65パーセントに後継者がいない

企業の後継者問題・集約化とM&A

日本最大級のM&Aネットワークを構築する株式会社日本M&Aセンター創業者で代表取締役会長・分林保弘氏は、今、日本で最もM&Aに詳しい人の一人と言ってよいだろう。そ...
収録日:2014/06/23
追加日:2015/07/27

能楽師の家に生まれた氏がなぜ外資系企業を選んだのか

能楽師の家に生まれ、外資系企業に入社―分林保弘の半生

能楽師の家に生まれ、外資系企業に入社し、途中、営業と喫茶店経営との二足のわらじを経て独立し、株式会社日本M&Aセンターを創業した分林保弘氏。その半生を聞きなが...
収録日:2014/06/23
追加日:2015/07/30

M&Aは皆がプラスにならなければしてはいけない

M&Aとは企業の存続と発展のための経営戦略ツール

人口減少、市場縮小の逆風に加え、非上場の中小企業オーナーの多くが、後継者問題や資本金・担保負担に苦しんでいる。「M&Aがその救済手段となる」のはなぜなのか? ...
収録日:2014/06/23
追加日:2015/08/03

両社がハッピーになるM&Aの典型的な成功事例

M&A成功の法則~ワタミとタクショクの事例に学ぶ

優れた技術やサービスを持つ中小企業にとって、「戦略としてのM&A」は魅力的である。そうした相思相愛のM&Aの好事例、弁当宅配のタクショクとワタミのM&Aの舞台裏を...
収録日:2014/06/23
追加日:2015/08/06

近いテーマの講師一覧

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

佐々木健一

NHKエデュケーショナル シニアプロデューサー(TVディレクター/ノンフィクション作家)

真野俊樹

中央大学大学院戦略経営研究科 教授多摩大学大学院 特任教授医師

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 教授

江渡浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所 知能システム研究部門 主任研究員