10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後日本の経済的奇跡は時代の特異な環境がもたらした

日本 呪縛の構図(2)日本の発展モデル(英語版)

R・ターガート・マーフィー
筑波大学名誉教授
情報・テキスト
『日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来』(下)(R・ターガート・マーフィー著、仲 達志・訳、早川書房、2015年)
筑波大学名誉教授R・ターガート・マーフィー氏は、戦後日本の経済復興と高度成長を、あの時代の特異な環境がもたらした成果だったと位置付ける。その上で同氏は、日本が産み出した成長モデルこそ、その後のアジア地域に広まり、そして米ドルを基軸とする体制と表裏一体となって、現在の政治経済を支えてきたと述べる。(2016年12月6日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「日本 呪縛の構図~この国の過去、現在、そして未来」より、全6話中第2話、英語版)
時間:05:51
収録日:2016/12/06
追加日:2017/02/09
≪全文≫

●日本の「経済的奇跡」は、「奇跡」ではない


So the first lesson that I wanted people to take away from this book, the first lesson was the so-called economic miracle of the 1950s and 1960s, maybe it wasn't a miracle, but it is really the key to understanding the contemporary, not just contemporary Japan, but the contemporary global political and economic and financial order.

 私がこの本『日本 呪縛の構図』を通して知っていただきたかった最初のことは、1950年代から60年代にかけてのいわゆる「経済的奇跡」(戦後復興と高度成長)です。これはおそらく「奇跡」などではなかったのですが、現代の日本のみならず、グローバルな政治経済、そして金融の在り方を理解する上でも、この「奇跡」はキーになるものです。

The economic miracle so-called was rooted in the peculiar circumstances of the early 1950s and I am really hoping that scholars and other interested people will revisit those days and the early postwar world. There is a tendency now among a lot of analysts to pooh-pooh what happened. You know, they say, well Japan was really unique, West Germany was doing the same thing, METI was arrogantly picking winners, which turned in the long ― out in the long turn to be a bankrupt strategy.

 日本の「経済的奇跡」の発端は、1950年代初頭の特異な環境にありました。私は、研究者や日本に興味がある人々に、ぜひこの戦後の歴史を振り返ってもらいたいと思います。多くの経済アナリストが、この時代に起こったことを軽んじる傾向があります。彼らは言います。「日本は確かにすごかったが、西ドイツだって同じことをやった。通産省は傲慢にも、成功しそうな企業だけを援助したのだ」と。後になって、そのやり方には意味がないと分かったのですが。

But we really need to look back at the circumstances of those years. First of all, Japan was facing a harrowing balance of payments situation. Secondly, the U.S. was becoming increasingly impatient after drain of helping Japan. Thirdly, the obvious escape or the obvious solution to these problems, which were export sales to China were closed, because the U.S. would not tolerate any business with the newly established People’s Republic.

 しかしわれわれは、あの時代の状況をもう一度振り返らねばなりません。第一に日本は、悲惨なまでの貿易収支(赤字)に直面していました。第二にアメリカも、日本製品を受け入れて日本を援助し続けることに、いよいよ限界を感じていました。第三に、そうした問題の解決策として中国への輸出があったのですが、アメリカが中国とのいかなる貿易も許さないという状況でした。


●日本を、社会主義に対抗するための発展モデルにする


What the MIT historian John Dower called in his book, the inescapable embrace of the U.S. occupation followed by the U.S. alliance, meant that another option which was Indian or Latin American style import substitution was not available to Japan.

 マサチューセッツ工科大学のジョン.ダワー氏が著作で述べたように、アメリカの占領統治に続いて、同盟関係に抱え込まれることが不可避だった日本にとって、インドやラテンアメリカのように、輸入代替工業を展開することは不可能でした。

And then there was also a very real threat of leftist takeover in Japan. There was a socialist government in 1948 and this all occurred against a background of wider economy and the successes, at least in Europe and in China.

 さらに、1948年には社会党政権が誕生しており、社会党への政権交代という懸念事項が現実のものとなっていたのです。これはヨーロッパ(ソ連)や中国の台頭を背景として起こったものです。

Then the Korean War happens and it provides a temporary reprieve from the balance of payments dilemma. At the end of the Korean War, the Japanese policy elite was confronting with a policy challenge, how do we continue the flow of dollars into Japan that was occurring during the Korean War. The question confronting Japan was, what industries can be ― will be reasonably sure can capture global market share and earn dollars, if we give those industries and companies privileged access to financial and human resources.

 その後、朝鮮戦争が勃発したことで、日本は深刻な貿易赤字から一息つくことになりました。しかし、戦争が終結すると、日本...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。