10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本 呪縛の構図』は日本に興味ある人に向けた日本入門書

日本 呪縛の構図(1)本書を書いた理由(英語版)

R・ターガート・マーフィー
筑波大学名誉教授
情報・テキスト
『日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来』(上)(R・ターガート・マーフィー著、仲 達志・訳、早川書房、2015年)
筑波大学名誉教授R・ターガート・マーフィー氏は40年に及ぶ期間を日本で過ごしたが、いったい彼には日本がどう映っていたのか。上梓した『日本 呪縛の構図』の内容を基に、日本の過去・現在そして将来像を語ってもらった。第1話では、『日本 呪縛の構図』を書いた理由が明かされる。(2016年12月6日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「日本 呪縛の構図~この国の過去、現在、そして未来」より、全6話中第1話、英語版)
時間:04:04
収録日:2016/12/06
追加日:2017/01/29
『日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来』(上)(R・ターガート・マーフィー著、仲 達志・訳、早川書房、2015年)
筑波大学名誉教授R・ターガート・マーフィー氏は40年に及ぶ期間を日本で過ごしたが、いったい彼には日本がどう映っていたのか。上梓した『日本 呪縛の構図』の内容を基に、日本の過去・現在そして将来像を語ってもらった。第1話では、『日本 呪縛の構図』を書いた理由が明かされる。(2016年12月6日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「日本 呪縛の構図~この国の過去、現在、そして未来」より、全6話中第1話、英語版)
時間:04:04
収録日:2016/12/06
追加日:2017/01/29
≪全文≫

●『日本 呪縛の構図』を書いた理由


I wanted to, this book that Mr. Kamikura mentioned; I actually never intended to write it. I had written a number of books about - and articles about Japan’s political economy and the way it intertwined with the hedge money of the U.S. dollar, but I didn’t think I had anything new to say on the subject.

 この『日本 呪縛の構図』という本ですが、当初こういう本を書く予定は全くありませんでした。というのは、日本の政治経済や米ドル資産との結び付きに関する私の本や記事は、ありとあらゆるところで出ているし、ほとんど語り尽くした感じだったので、もうこの話題について付け加えることはないと思っていたからです。

But when I was at Oxford University Press, invited me to write this book and I accepted their invitation, partly because they are very prestigious publisher and partly because I realized that doing it, doing this book, will give me the opportunity to put down a lifetime worth of reflections.

 しかし、オックスフォード大学出版から声をかけてもらったのがきっかけで、私は本を書くことにしました。ここは非常に著名な出版社ですし、この本を書くことが、私のこれまでの人生の意味を振り返る機会にもなるだろう思ったので、引き受けたのです。


●初来日から現在まで


I first came to Japan as a 15-year-old schoolboy. I was only here for a few months, but the experience transformed my life. And it is not a coincidence for the way this book took shape that the first place I lived in Japan was Sendai.

 私が最初に来日したのは15歳の時です。たった数カ月間の滞在でしたが、私の人生を変える出来事になりました。私が最初に暮らした場所は仙台で、この本を書き始めたのも仙台です。これは単なる偶然の一致とは思えません。

My father was a visiting professor at Tohoku University. So you can say that Sendai is my Japanese furusato. And just as I began to start work on this book, the Tohoku, Great Tohoku earthquake happened. And the scenes on television of the devastation in town such as Ishinomaki and Kesennuma really tore my heart, because these were place that I knew and they were places that of which I had very fond memories. Fortunately, I lost no one close to me in the disaster, but I heard many heart rending stories from friends and that may have led the sense of urgency to my writing.

 私の父は、東北大学の客員教授として招かれ、来日しました。そのため仙台は、日本の「ふるさと」ということになるでしょう。また私がこの本を書き始めた時に、ちょうど東日本大震災が起こりました。石巻や気仙沼の町が破壊される様子をテレビで見るのは本当に辛いことでした。そこは私がよく知っている場所であり、思い出の地だったからです。幸運なことに、私の近しい友人たちは無事でしたが、同時に多くの心が引き裂かれるような話も聞きました。またそのことが、私に「ああ、これは早く書かなくてはいけないな」と思わせました。

Anyway, when my family and I went back to the States after that first visit to Japan back in 1968, I really wanted to learn more. So I applied to Harvard, to which Edwin Reischauer had just ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。