10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「イエス・キリスト」と呼ぶことは、最も短い信仰告白だ

キリスト教とは何か(1)「イエス」とは一体誰なのか

竹内修一
上智大学神学部教授/カトリック司祭(イエズス会)
情報・テキスト
Christ Receiving the Children
キリスト教とは何か。「文明の衝突」が世界中で現実化する中、この問題は日本人にとっても重要なものになっている。上智大学神学部教授・竹内修一氏は、「キリスト教とは何か」という問いは、同時に「イエスとは誰なのか」も意味すると言う。イエス・キリストという名前にはどんな秘密が隠されているのか、聖書をヒントに解説する。(全6話中第1話)
時間:11:11
収録日:2016/12/26
追加日:2017/02/28
≪全文≫

●「イエス・キリスト」という名の意味


 初めまして。上智大学の竹内です。これから少しばかり、キリスト教について話をしたいと思います。2000年に及ぶ歴史があるキリスト教について、短時間で簡潔に話すのは難しいと思いますが、「キリスト教とは何か」ということを皆さんが問うたときに、考えるヒントになるようないくつかのことをお届けできればいいかと思います。

 まず考えてみたいのは、「キリスト教とは何か」という問いです。この問いかけを言い換えると、次のような問いにもなるかと思います。それは「イエスとは誰なのか」ということです。イエス・キリストという名称自体はお聞きになったことがあるかと思いますが、彼は確かに歴史的な人物でした。今から約2000年前、大体紀元前6年から4年くらいに生まれ、そして紀元後30年頃に亡くなったと言われています。たかだか三十数歳という短い生涯だったのですが、この歴史的な人物であるイエスが人々の中に入っていくとは、どういうことなのか。

 最初に、この「イエス・キリスト」という名称について確認しましょう。この「イエス」という名前は、ある意味ではとても平凡な名前だったようです。しかし、名前一つ一つには意味があります。「神は救い」や「神は救う」という意味が、この言葉の背後にはあるそうです。他方で、キリストとは何なのか。これは名前ではなく、ましてや家族名(ファミリーネーム)でもありません。もともとの意味は「油を注がれた者」という意味だと聞いています。

 「油を注がれる」とはどういうことか。当時の人々は、いろいろな役職に就く際、王様を含めて油を塗られました。その「油を注がれた者」というのが「キリスト」で(これはやがて「救い主」という意味になりますが)、ギリシャ語では「クリストス」と言いました。

 よく「イエス・(中黒)キリスト」という表記を見るかと思います。私はこの中黒にとても意味があると思います。どういうことかと言うと、この中黒は「イエスはキリストである」の「である」に当たるところなのです。「イエス」という固有名詞と、「キリスト」という深い意味を持った言葉を結び付けるのが中黒になります。「イエスはこの救い主である」、言わばこれは、一番短い信仰告白です。

 彼はユダヤ人でしたから、「イエスはユダヤ人である」という表記もできるし、「イエスは男性である」でもOKです。しかしキリストというその言葉を帯びたときには、イエス以外に置くことはできなくなります。他は代わりがいないという意味での信仰告白として、イエス・キリストは「イエスはキリストである」ことと捉えていいのではないかと思います。


●旧約聖書と新約聖書に共通すること


 イエス自身は一人のユダヤ人であり、ユダヤ教の中で育ちました。イエスが原点となってキリスト教が生まれてくるのですが、本来イエスは、他のユダヤ人と同じようにユダヤ教の慣習に従って生きていた一人の人物でした。このことは、押さえておきたいところです。ですから、キリスト教が誕生することにおいても、ユダヤ教を無視することはできないと思います。ユダヤ教の延長線上にキリスト教が位置づけられる。これは確かなことだと思います。

 では、そのユダヤの人々が理解していた、そして心を向けていた神は、一体どういう方であったのか。旧約聖書の至るところに、「神は生きている」という表記がよく出てきます。神は常に生きている存在であるということ。それを受け継いだ新約聖書でも、例えばルカの福音書にはこのように書かれています。イスラエルの神が、唯一の生きている神です。

 「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである」。

 これは、新約聖書にも受け継がれています。例えば、皆さんもご存じのように、聖書は1冊の厚い本になっています。厳密に言うならば、1冊の本というよりも、たくさんの書物が一つにコンパイルド(編集)されたものとして考えた方がいいと思います。旧約聖書と新約聖書に分けることができますが、キリスト教ではもちろん旧約聖書も大事ですし、新約聖書ではイエス・キリストがどういうことを語り、どのような行いをしたのかということが書かれています。後でまた触れますが、聖書とは取りあえずそういう書物であることを、押さえておきましょう。「聖書とはどういう本ですか」と聞かれた場合、私は大体このように答えます。「聖書とは、“いのちとは何か”について書き記されている書物である」。これは旧約から新約に至るまで共通して言える点だと思います。


●イエスは、神と人間の契約を実現する存在


 では、その生きている神は、どういうあり方で人間に関わってきたのか。独特な言い方ですが、「神は人間と契約を結ばれる」という言葉がありま...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。