10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

運が向かないときは「時間」と「距離」が解決してくれる!

わが行動原則「運気と波動」

澤田秀雄
株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長 最高経営責任者(CEO)
情報・テキスト
出典:気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/7-1.html)より
 エイチ・アイ・エス会長にして、ハウステンボス再建に絶大な手腕をふるった澤田秀雄氏が、その豊富な人生経験やビジネス経験から得た行動原則とは? 目に見えない力を引き付けて自らのパワーにする澤田氏の秘密を垣間見る。
時間:19:56
収録日:2014/03/31
追加日:2014/05/22
出典:気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/7-1.html)より
 エイチ・アイ・エス会長にして、ハウステンボス再建に絶大な手腕をふるった澤田秀雄氏が、その豊富な人生経験やビジネス経験から得た行動原則とは? 目に見えない力を引き付けて自らのパワーにする澤田氏の秘密を垣間見る。
時間:19:56
収録日:2014/03/31
追加日:2014/05/22
≪全文≫

●「運気と波動」を感じ取る


---- ハウステンボスの話はとても有名ですけれども、澤田さんを動かす原理原則のような「運と波動」についてぜひ教えていただければと思います。「運も波動も非常に重要だ」という話をお聞きしたいのですが。

澤田 確かに運も波動も大切だと思いますね。僕も詳しくは知りませんが、長いこと生きていて、やはり運というのは非常に大切だなと思います。今回のハウステンボスもそうですが、たまたまこういう巡り合わせがある。これも半分以上は運なのです。今ハウステンボスを運営しているのは僕やスタッフの努力だけれども、この巡り合わせという運がないと、こういう結果は多分なかったと思うのです。ということは、人生の長い間に、やはり運が左右することが非常に多いと僕は思います。だから、運は大切にしないといけない、ということです。

---- でも、やはり運をつかむための法則というのがありますよね。運のいい人はいつも明るく元気でいるとか。

澤田 そうですね。運をよくする方法というのもいろいろあるとは思いますが、今言われたように明るく元気に振る舞うほうが、僕はいいと思いますね。あとはやはり付き合う人です。いい人と付き合う。いい企業と付き合う。失礼な言い方かもしれませんが、変な企業と付き合うとだまされたり、倒産したらお金がもらえなくなったりしますよね。これも一つの運なのですが。けれども、いい企業、いい人と付き合っていると、その企業が発展すると仕事も増えるし、だまされることもないわけですから。人もそうです。変な人と付き合ってしまうと、下手をしたら、だまされるだけではなしに刺されたりしますからね。
やはり、できるかぎりいい人と付き合う。それが運をよくしていく一つの方法だなと思いますね。

---- 今の澤田さんだったら、見た瞬間に気の悪い会社とか、運のいい人とか、だいたい見えますよね。

澤田 全部は見えなくても、だいたいわかります。運のよくない会社というのは、ぱっと入った瞬間にやはり特徴があります。まずオフィスが汚いとか、なにか雑然としているとか。これはもう僕はよく言うのですが、きれいなオフィス、きれいなレストランのほうが発展する可能性が高いのです。工場もそうですね。全部ではないけれど、ほとんどがそうです。ぱっと見た瞬間、気のきれいな会社はやはり運気のいい会社なのです。あとはなんとなくよどんでいるというか、元気がない会社。静かなのはいいのですが、変な意味で活気がないというのは、やはり運のよくない会社かなという感じはしますね。

---- なるほど。

澤田 レストランでもそうですが、入った瞬間になにか汚くて、スタッフにもあまり元気がない、そういうところではあまり食べたくないではないですか。食べたらあまりおいしくないということがありますからね。

---- なるほどですね。では「波動」というのはどのような感じですか。

澤田 波動は、これは大きくは天、宇宙の波動から、時間で言ったら長さ、歴史の波動、そして人間で言ったら、気。心臓もこのように波を打っているわけですから、すべてはその波動で生かされていると思いますね。
気がいいと言うか波動がよければ元気ですし、波動が悪ければ病気になるし。
波動ですから目には見えないのですが、一応簡単に説明すると「波」ですよね。こうして、波を打ってきますよね。景気も必ずそうですが、いいときもあれば、悪いときもある。いいときは、この波動の大きさが違うだけなのです。
歴史もそ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。