10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバーシップを発揮させる仕組みの地方導入は有効?

カントリークラブの発想

曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)
情報・テキスト
アメリカバージニア州のファーミントン・カントリークラブ
英米のカントリークラブの発想、あるいは自律分散協調型システム、クラウドコンピューティングの構造が、日本の地方自治・地方分権を組み立て直す際の参考になるだろうと曽根泰教氏は言う。その真意を説く。
時間:08:15
収録日:2014/05/28
追加日:2014/08/21
アメリカバージニア州のファーミントン・カントリークラブ
英米のカントリークラブの発想、あるいは自律分散協調型システム、クラウドコンピューティングの構造が、日本の地方自治・地方分権を組み立て直す際の参考になるだろうと曽根泰教氏は言う。その真意を説く。
時間:08:15
収録日:2014/05/28
追加日:2014/08/21
≪全文≫

●カントリークラブは、負担と支出の関係が明瞭


 今回の話題は「カントリークラブの発想」です。ここで言うカントリークラブとは、アメリカやイギリスのゴルフクラブあるいはスポーツクラブのことを指します。このカントリークラブの発想が、いわゆる地方分権や地方税を考えるときの一つのひな形になるのではないかというのが私の意見です。メンバーシップがはっきりしているカントリークラブの会費の徴収の仕方が、ある意味で地方税を考えるヒントになると思うのです。

 日本の場合、ゴルフクラブは会員権制です。最初に多額の会員権を支払って入会し、後は固定の会費という初期投資の大きい制度になっており、私が今回話題にしている英米のカントリークラブの制度とは少し違います。英米のカントリークラブにおける会費は、前年度のクラブの支出を会員で頭割りにして、翌年徴収する形を採っています。

 日本のゴルフクラブですと、高い入会金を払ったのだからレストランの設備を改善して欲しいなどとメンバーがクラブにさまざまな要求をしがちですが、英米型の場合、余計な支出をしてしまうと翌年の自分の会費に跳ね返ってきますから、クラブの支出に皆が注意を払いますし、会員が自ら抑制的になります。つまり、「こういう改修工事をすると、翌年の会費に響きますね」というように、負担と支出の関係がかなり明瞭なので、全員がメンバーシップを最大限発揮しようとするのです。これがカントリークラブのあり方です。

●フリーライダーを減らす新たな形の分権化が必要


 このカントリークラブの発想をある意味で地方行政に導入しているのが、アメリカのタウンミーティングです。アメリカの小さな自治体では、財産税(日本でいう固定資産税)などの約半分が高校や中学校に使われていますから、親たちは高校や中学校の運営に非常に関心を持っています。そこでタウンミーティングを行うと、例えば子どもが私立の高校に通っていて税金の負担だけを背負い込んでいる人などは、無駄な使い方をしないで欲しいと訴えることも可能になります。このように納税と歳出が密接に関係するタウンミーティングのメカニズムは、基本的にカントリークラブの発想から来ているのだろうと思います。

 一方で、現在の日本の地方分権論は、このようなカントリークラブの発想とは少し異なります。日本の地方分権論には良いところもありますが、今取り上げられている問題、例えば地方が消滅してしまう話などは分権にしたら受け皿がありませんから、かつての分権論では解決できません。中央政府と地方分権の対立図式では解決できない問題が出てきてしまっているのです。

 本来、地方自治とは、その地方の人々が自分たちの地域の政治を身近で監視できるところにメリットがあります。ところが、海外、例えばイギリスなどでも、中央政府の選挙の投票率と地方選挙の投票率を比べると、中央政府の選挙のほうが投票率は高いのです。地方選挙の投票率が低いのは、何も日本だけではありません。

 そもそも、なぜ分権化が良いかといえば、負担と支出との関係をマーケットに近いような形で可視化できるからであり、それによってフリーライダー(ただ乗りする人)がいなくなるからです。地方分権論とは本来、メンバー全員が地方を自分たちで背負って立つというメンバーシップの概念を導入して、フリーライダーを減少させるための考え方なのです。しかし、現在の日本の地方を見るとフリーライダーだらけです。

 それから、大きな問題を小さく分けて議論するこ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。