10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

見えない世界こそがわれわれが本当に見るべき世界

東洋思想の主張~見えないものを見る(1)暗いところが見える「玄人」

田口佳史
老荘思想研究者
情報・テキスト
老荘思想研究者の田口佳史氏は、大切なものは自分の中にあると考えるのが東洋的思考であり、さらに東洋思想では「見えないものを見る」ということを重視する、と言う。では、「見えないところ」とはどういうところなのか、「見えないものが見える」達人とはどういう人なのか? 「黒い糸」が持つ意味から広がる東洋思想の真髄。(前編)
時間:15:13
収録日:2014/11/12
追加日:2015/07/13
ジャンル:
≪全文≫

●外側にある対象に向かう西洋的思考


 私が専攻している東洋思想は、主に中国古典思想でありますが、この中国古典思想が、この21世紀の社会の指針になってくるのではないかと思っています。また、西洋思想とこの東洋思想が合体、融合すると言われていますが、東洋思想のいかなる部分にそのような今日性があるのかということについて、今日はお話を申し上げたいと思っています。

 もう一回念を入れて申し上げておきますと、私の目には、西洋的な思考とは、真理、外側にあるものに向かって迫っていくというように見えます。つまり、外側にある対象に向かっていくということです。反対に言えば、大切なものは全部外側から来るいうことで、特に近代西洋思想はその感が強いように思います。

 ですから、私が、西洋の特にアメリカの方々にお話をするときに、人間の基本的な幸せの、その基本はどこにありますか、という問いをすると、多くの人はやはり皆、それは外側にある。例えば、財産にあるとか社会的ポジションにあるとか、それから、金銭の多寡にあると、外側のものをお挙げになるのです。西洋はそう考えるのでしょう。


●外側の対象性ゆえの目に見える明白さが、西洋的思考の良さ


 この西洋流の良さというのはどこにあるかというと、要するに、対象が外側にあるから、誰の目にも明らかというところがあります。そうすると、いろいろな人が同時にアプローチできます。さらにもっと言えば、全員が注目する中、皆が学問的成果を表明することができます。惜しくもその中途で亡くなられた方が出てくれば、それを継ぐ人が出てくる、継ぐことが出来るという良さが非常にあります。

 ですから、明治5年以降、特に戦後は、われわれはこの西洋的な教育を受けてきたわけですが、これは全て外側にある対象に向かっていく、大切なものは外側にあるということで行われてきたように思うのです。


●大切なものは自分の中にある-内側にある対象に向かう東洋的思考


 しかし、その一方で、東洋では、何と言っても、大切なものは全部自分の中にあり、神的、あるいは仏的な、非常に崇高なものさえ、自分の中にあると考えます。その中にある己を確認するということですね。ですから、東洋では要するに、内側にある対象に向かって思考を繰り返すということであります。

 これは、例えば座禅を想起していただくと、良くお分かりになると思います。「あれは何をやっているのか」と言う人が多いのですが、やはり真なる己というもの、もっと言えば、己の仏性を見出すということをやっているのです。そういう意味では、大切なものはやはり自分の中にあるというようになっているのです。


●西洋と東洋の知の融合が柔軟な思考につながる


 したがって、西洋と東洋、両方の思考をわれわれはマスターすれば、外側の思考もOK、内側の思考もOK、両方OK、両方使えるという人間になるわけで、私はそういう意味では、東洋と西洋の知の融合を、これからぜひ、特に日本人は持つべきではないのかと思います。そうすれば、もっと思考が柔軟になってくると私は思うのです。さらにもっと、真に人間が望んでいる、例えばビジネスや商品などを生み出すことさえ出来てくるのではないかと思います。


●東洋思想における重要な主張の第一は「見えないものを見る」ということ


 それでは、そういう東洋思想が、一体何を主張しているのか。これは、語ればきりがないと言えばそれまでなのですが、今日は二つ例を挙げて、お話を申し上げたいと思います。その二つとは、「見えないものを見る」という東洋思想の主張、もう一つは、今も申し上げた、「全ては自分の中にある」という主張です。

 まず一つ目、「見えないものを見る」ということから始めたいと思います。私が実感していることから申し上げると、47年間ひたすら中国古典、あるいは最近では仏教、禅、そういうものを好んで読んでいますが、読むということは、いつも心の中ではその真髄に向かって問いが発せられているという状態にあります。

 そのように暮らしている人間からすると、もう既に今、見えている世界がありますけれど、その後ろ側に見えない世界があるのだと考えます。むしろ見えない世界の方が巨大で、さらに言えば、無です。無の世界でありますから、無限であるということです。

 見える世界とは、やはり有限、限りがある。したがって、見えない世界こそがわれわれの本当に見るべき世界ではないのかというように、ずっと思えてくるのです。ですから、私のこれまでは、「見えないものを見よう」と思って生きてきたという日々であったと言っても、過言ではないと思うのです。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。