10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

これからの時代をつくるのは、間違いなく「楽観主義」な人

楽観は強い意志であり、悲観は人間の本性である

小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長
情報・テキスト
アラン
人間が悲観的になるのは、ある意味で非常に自然なことである。しかし、新しい世の中をつくるためには、まず楽観的であることが重要である。「楽観主義者の未来予測」にも通じる小宮山宏氏が見据える21世紀後半のエネルギーの状況とは? そしてイノベーション創出のためになすべきこととは?
時間:13:48
収録日:2014/12/18
追加日:2015/01/01
アラン
人間が悲観的になるのは、ある意味で非常に自然なことである。しかし、新しい世の中をつくるためには、まず楽観的であることが重要である。「楽観主義者の未来予測」にも通じる小宮山宏氏が見据える21世紀後半のエネルギーの状況とは? そしてイノベーション創出のためになすべきこととは?
時間:13:48
収録日:2014/12/18
追加日:2015/01/01
≪全文≫

●悲観主義は人間にとって非常に自然だが、楽観主義は人間の意志である


小宮山 面白い言葉があります。“Pessimism is nature,Optimism is will”という言葉です。

―― それはいい言葉ですね。

小宮山 いい言葉です。東大の先生などにはそういう人も多いのですが、ペシミズム・悲観主義というのは、人間にとって非常に自然なことなのです。しかし、オプティミズム・楽観主義というのは、やはり人間の意志なのです。ですから、僕はそういう意志を持った人たちが、新しい世の中をつくるような気がします。

―― バブルが崩壊した1989年をピークにして、95年くらいまで何となく過ぎて、その後ずっとピークが来ていないではないですか。今の20代、30代の人たちは、いい目に遭ったことがなく、それなりに人生に悩んでいる人が多いと思います。まさに、今の“Pessimism is nature,Optimism is will”で、彼らに向けたメッセージをお願いできればと思います。


●エネルギーがいくらでもある時代が21世紀後半にやって来る


小宮山 僕はずっと前からこう考えていました。今、エネルギーは一番苦しい時代です。温暖化があり、資源の問題があり、おまけに原子力の問題まで抱えてしまいましたからね。今、人類も一番苦しいし、特に日本は苦しいという時代です。しかし、21世紀の後半に入ってきたら、エネルギーなどいくらでもあるという時代が来ると、僕は本当に思っています。

 例えば、僕の家は12年前に太陽電池を積みましたが、僕個人としては、もうペイバックできました。あとは丸もうけです。1年に15万円ぐらいのもうけになります。それで、あと8年経って20年目になると、約束が切れますから、買ってくれなくなりますね。ということは、電力会社もそこでペイバックがおしまいです。負担ゼロになります。しかし、その先も太陽電池は、ずっと電力を生むのです。

―― 使えるわけですよね。

小宮山 そういうものが今、粛々と動き始めているわけです。そうすると、2050年にどうなるか、考えてみたらいいのです。減価償却が終わり、タダになった再生可能エネルギーが本当に動く。しかも、コストはどんどん下がってきています。もの自体が本当に安くなるわけですから。ですから、おそらく、クリーンで安全な有り余る再生可能エネルギーによって、電気飛行機が飛ぶでしょう。大学レベルですけど、電気飛行機はもうすでにできています。4人乗りの飛行機を九州大学の研究室でつくっています。

―― すごいですね、先生。

小宮山 僕は、そういう時代が本当に来ると思っています。


●「楽観主義者の未来予測」は決して荒唐無稽ではない


小宮山 ところが、もっと体系的にそのようなことを言った本があるのです。2008年、カリフォルニアに「シンギュラリティ・ユニバーシティ」という教育機関が創設されました。

―― 新しい学校ですね。

小宮山 「シンギュラリティ」とは、数学で言う「特異点」のことです。

―― 特異点。

小宮山 あなたは数学を勉強していないから、全然分からないだろうと思うけれども、特異点とは、次第に技術が伸びてきたのが、途中まで来ると、一気に伸びて行くというものです。

―― ブレイク・スルーですね。

小宮山 そうです。そういう意味で、シンギュラリティと言っているのですが、その教育機関の創設...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。