10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

2050年には国産エネルギー自給率7割へ

エネルギー自給国家の実現

小宮山宏
東京大学第28代総長/株式会社三菱総合研究所 理事長
情報・テキスト
日本がエネルギー自給国家になるために重要な二つのキーポイントとは何か。そして、それらの着実な実践が21世紀の日本にとっていかに重要であるかを考え、世界に示すべき自給国家モデルを論じる。
時間:08:48
収録日:2013/12/06
追加日:2014/05/26
日本がエネルギー自給国家になるために重要な二つのキーポイントとは何か。そして、それらの着実な実践が21世紀の日本にとっていかに重要であるかを考え、世界に示すべき自給国家モデルを論じる。
時間:08:48
収録日:2013/12/06
追加日:2014/05/26
≪全文≫

●エネルギー自給自足の鍵は省エネルギーと再生可能エネルギー

エネルギーに関してお話をしたいと思います。私は、結論的には遅くとも2050年、できれば2040年頃に、日本はエネルギーの70パーセント以上を自給する国家になっているべきだと思います。
それを実現する鍵として一番重要なのは、省エネルギーです。その次に再生可能エネルギーです。この二つが重要なのです。
省エネルギーと言ったときに、一般の方はどちらかと言うと、「エアコンの設定温度を冷房のときには高くしよう」「28度ではなくて29度で我慢しよう」「電気をどんどん消そう」などということを考えます。しかし、技術屋が省エネルギーと語るときには、エネルギー効率の向上を考えます。「28度が少し暑ければ27度でもいい。しかし、その温度に設定するエアコンの効率を上げよう」とか、あるいは「家の断熱をよくしてエネルギーの消費を減らす」というように考えます。

●効果的手段その1-効率化の省エネ

私は、前者のほうを「我慢の省エネ」、後者のほうを「効率化の省エネ」と呼んでいます。両方大事なのですが、効果としてやはり大きいのは効率の向上なのです。例えば、これから冬に向かいますけれども、これは暖房を考えてみるといいですね。暖房のエネルギーというのは、実は本当の意味で言うと100パーセント無駄なエネルギーなのです。世界で一番たくさん使っているエネルギーは、暖房と自動車です。ですから、いらないところにエネルギーを使っているというのは、本当にもったいない。
これはどういう意味か、暖房を何のためにするのかと言うと、みなは「寒いから熱を入れる」と思っているのですが、部屋は実はすでに暖かくなっているわけで、20度を超えた暖かい部屋になぜ熱を入れ続けるのかということになります。
考えてみると、あれは温度を上げているのではないのです。熱を入れたら温度は上がるはずなのですが、上がらないで一定です。なぜかと言うと、熱が家の外に出ていくからですね。ですから、極論すると部屋が魔法瓶になったら、一旦上がった温度は暖房機を切ってしまっても下がらないということになります。つまり、暖房というのは、部屋の中を暖めたつもりになっているけれども、外を暖めているのです。
だから100パーセント無駄なのです。暖房でエネルギー効率を上げるというのは、家の断熱をよくするということです。そして、その一番いい、効果の大きい方法は、開口部、ガラスの部分の断熱をよくすることです。その具体化は二重のガラスです。最近はガラスが二重の上に、いろいろな皮膜が付いていたりして、非常に断熱がよくなっているので、それにするのが効果的なわけです。ですから、省エネルギーというのは、いいことばかりなのです。

●自動車にみるスクラップと省エネの関係

例えば、よく自動車の売れ筋のベスト10が出ていますが、今、日本で売られている自動車というのは、全部エコカーです。そうすると、「人工物の飽和」の話で言ったように、日本の車の数は変わりません。そして、だいたい12年で新車がスクラップされて廃車になるので、トータルでみると、12年前の車がなくなって、去年の車に入れ代わりますので、12分の1ぐらいが12年間の燃費の向上と言いますか、12年間で30パーセントぐらい燃費がよくなっているのではないでしょうか。そうすると、12分の30で、(1年で)2パーセント以上、ガソリンの消費が減っていくということになる。現実的には1年1パーセントとか1.5パーセントぐらいですけれど...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。