10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
大久保喬樹

大久保喬樹

おおくぼたかき

東京女子大学名誉教授
1946年生まれ、横浜に育つ。
東京大学教養学部教養学科フランス科、同大学院比較文学比較文化修士課程を経て、フランス高等師範学校およびパリ第三大学に学ぶ。
東京女子大学において日本文学・文化を教えてきた。

『岡倉天心 驚異的な光に満ちた空虚』(小沢書店)で第1回和辻哲郎文化賞受賞。

訳書に岡倉天心『新訳 茶の本』(角川ソフィア文庫)
編著に九鬼周造 『「いき」の構造』(角川ソフィア文庫)
主な著書に『日本文化論の名著入門』(角川選書)
『川端康成 美しい日本の私』(ミネルヴァ書房)
『洋行の時代 岩倉使節団から横光利一まで』
『日本文化論の系譜『武士道』から『「甘え」の構造』まで』(ともに中公新書)などがある。

講義

岡倉天心とはどういう人物だったのか?

岡倉天心『茶の本』と日本文化(1)岡倉天心の生涯

東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏が明治の美術運動家・岡倉天心の世界観、自然観を『茶の本』を通して解説する。天心は、幼少期より外国文化をたしなむ一方で、日本...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

『茶の本』の背景にあった激動と争いの時代

岡倉天心『茶の本』と日本文化(2)Teaismに見る日本文化

東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏が明治の美術運動家・岡倉天心と著書『茶の本』について解説。第2話では『茶の本』第1章を取り上げる。茶は中国から日本に渡り15世...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

茶の哲学のベースにある老荘思想

岡倉天心『茶の本』と日本文化(3)茶の歴史と老荘思想

東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏が明治の美術運動家・岡倉天心と著書『茶の本』について解説。第3話では『茶の本』の第2章と第3章を取り上げる。茶の文化は禅僧によ...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

茶室建築「数寄屋」にある三つの意味

岡倉天心『茶の本』と日本文化(4)茶室と茶会

岡倉天心の『茶の本』第四章は、「茶室」と題されている。茶室の構造が持つ趣向は、西洋建築が持つ壮麗さとも日本の寺院建築の重厚さとも正反対の極致を示す。その真髄...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

東洋では西洋と違い、自然の力を重視する

岡倉天心『茶の本』と日本文化(5)自然にゆだねる

『茶の本』第五章は「芸術鑑賞」、第六章は「花」である。ここに共通するテーマは「相手」。芸術や華道において、相手に自分を預けて委ねる大切さとは、どういうことな...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

岡倉天心の思想は現代でどういう意味を持つか?

岡倉天心『茶の本』と日本文化(6)岡倉天心の現代性

『茶の本』を通過したわれわれは、岡倉天心の思想を現代にどう生かすかを考えねばならない。東京女子大学名誉教授の大久保喬樹氏は、天心が最後に残したオペラ「白狐」...
収録日:2018/05/22
追加日:2018/07/01

近いテーマの講師一覧

真山仁

小説家

渡部泰明

東京大学大学院人文社会系研究科教授

佐藤康宏

東京大学大学院人文社会系研究科教授

川嶋渉

京都市立芸術大学 美術学部日本画研究室 教授

松田次泰

刀匠

松下功

東京藝術大学副学長一般社団法人 日本作曲家協議会会長