10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
藤田達生

藤田達生

ふじたたつお

三重大学教育学部・大学院地域イノベーション学研究科教授
[生年月]
1958.10

[学歴]
1987.03 神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了

[学位]
1984.03 文学修士 神戸大学
1987.03 学術博士 神戸大学

[所属学会]
織豊期研究会 日本史研究会 大阪歴史学会 歴史学研究会 中世史研究会 三重大学歴史研究会 伊予史談会

[社会活動]
織豊期研究会会長
教科書副読本監修・執筆
自治体史編纂委員
自治体文化財関係委員
歴史小説などの時代考証

[職歴]
1987 神戸大学大学院文化学研究科 助手
1993 三重大学教育学部 助教授
2003 三重大学教育学部 教授
2013 三重大学教育学部 学部長・研究科長
2015 三重大学大学院地域イノベーション学研究科博士課程兼務教授
2018 三重大学評議員

[学術(芸術)賞]
第28回愛媛出版文化賞,『秀吉と海賊大名』中公新書,2013.01,愛媛新聞社

[専門分野]
日本近世国家成立史の研究

[主要著作]
『日本中・近世移行期の地域構造』(校倉書房、2000年)
『日本近世国家成立史の研究』(校倉書房、2001年)
『城郭と由緒の戦争論』(校倉書房、2017年)
『藤堂高虎論─初期藩政史の研究』(塙書房、2018年)
『謎とき本能寺の変』(講談社現代新書、2003年)
『秀吉神話をくつがえす』(講談社現代新書、2007年)
『秀吉と海賊大名―海から見た戦国終焉』(中公新書、2012年)
『天下統一―信長と秀吉が成し遂げた「革命」―』(中公新書、2014年)

講義

新史料の発見で見直される「本能寺の変」

織田信長と足利義昭(1)はじめに

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、明智光秀を主役にすることで話題を呼んでいる。新しい史料の発見、歴史研究の刷新等により、従来の信長=天才的イノベーター、光...
収録日:2018/10/29
追加日:2019/02/01

安土と鞆の二重政権がしのぎを削った7年間

織田信長と足利義昭(2)画期としての天正八年

天正八(1580)年三月、勅命講和による大坂本願寺退去。五月、織田信長と毛利氏の間に講和の動き。八月、九州三大名の調停案に潜む信長西国出馬の予兆。この年の「安土...
収録日:2018/10/29
追加日:2019/02/08

二つの史料に見る天正九年の鳥取城攻撃

織田信長と足利義昭(3)信長の西国御出馬その1

羽柴秀吉の中国攻めは、軍記物などに明るく語り継がれているが、実態は激しく厳しいものだった。そして第二次鳥取城攻撃は局地戦の域を超え、大将同士の対決を臨む苛烈...
収録日:2018/10/29
追加日:2019/02/15

明智光秀の家系図から読み解く人間関係

織田信長と足利義昭(4)信長の西国御出馬その2

系図は一族代々の系統を書き表すもので、封建社会では特に重んじられていた。では明智光秀の系図はどのようなものなのか。本能寺の変の真実に迫るべく、二つの図を参照...
収録日:2018/10/29
追加日:2019/02/22

近いテーマの講師一覧

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授

本村凌二

東京大学名誉教授博士(文学)

山本博文

東京大学史料編纂所教授

落合弘樹

明治大学文学部史学地理学科専任教授博士(文学)

渡邉義浩

早稲田大学文学学術院 教授

早乙女勝元

東京大空襲・戦災資料センター館長作家