10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

安土と鞆の二重政権がしのぎを削った7年間

織田信長と足利義昭(2)画期としての天正八年

藤田達生
三重大学教育学部・大学院地域イノベーション学研究科教授
情報・テキスト
勅命講和
天正八(1580)年三月、勅命講和による大坂本願寺退去。五月、織田信長と毛利氏の間に講和の動き。八月、九州三大名の調停案に潜む信長西国出馬の予兆。この年の「安土幕府」の動向は目まぐるしく変化し、歴史にあらかじめ定められた方向がないことを教えてくれる。日本史の画期となったこの年の歴史に、新しい研究や史料が踏み込んでいく。(全8話中第2話)
時間:20:03
収録日:2018/10/29
追加日:2019/02/08
≪全文≫

●天正十年の足利将軍、中央を臨む動き


 お話の前提を少し申し上げます。第1回講義で、第十五代将軍足利義昭に触れました。歴史に詳しい人でも、「え? 天正十(1582)年の本能寺の変の時期に義昭をうんぬんするというのは、その十年も前に室町幕府が崩壊しているから、あまり意味がないのでは?」と、いぶかられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、明智光秀が義昭を奉じていることは、第1回講義で示した〔史料1〕から明らかにうかがえるのです。

 宇治槇島城で織田信長との対戦に敗れ(元亀四<1573>年)、義昭は没落しますが、その段階で室町幕府が崩壊したという説を私は取りません。十年後の当時においても現職の将軍です。天正四(1576)年からは、備後の国・鞆の浦(現在の広島県福山市郊外)に亡命政権を置いています。

 鞆の浦は瀬戸内海の中央に位置し、交通の要衝として古来栄えた港町です。人や物が流通する結節点であり、最も情報の得やすいこの場所を拠点にした足利将軍は、「鞆幕府」と私の呼ぶ亡命政権の中核をここに起き、帰洛戦(上洛戦)を望んでいました。

 彼はここをいわゆる信長包囲網の中核にして、京都に幕府を復興させるために全国の大名等に声を掛け、自分に協力をしてくれる勢力を集めていたのです。正確には、義昭と毛利氏(具体的には当時、当主であった毛利輝元)との連合政権だったと私は見ています。


●安土と鞆、二重政権がしのぎを削る7年間


 天正元(1573)年以降の織田信長は天下統一戦を進めていくものの、それによって信長の力が一挙に全国に展開したわけではありません。とりわけ西国(西日本)においては、まだまだ室町幕府が力を持っている、もっといえば室町時代が回っている状況が長らく続いているわけです。そういう意味で、天正四年以降は、信長の安土を中核とする武家政権である「安土幕府」と、西日本を中心として力をなお保っている「鞆幕府」の二つが厳しくしのぎを削っている二重政権状態、あるいは内乱と表現できるでしょうか。そのような中で歴史が動こうとしていると、私は見ています。

 例えば、天正七(1579)年にはこういうことがありました。京都の将軍家ゆかりの浄土宗寺院ですが、応仁の乱で退転していた寺院が復興に向けて動き始めます。当然のことだと思いますが、正月八日付の村井貞勝の文章で、信長から再興を許可されています。このお寺は「永養寺」というお寺ですが、これだけでは心もとなかったのでしょうか。八月十三日付で、「鞆幕府」の足利義昭の奉行人による公式文書(奉書)により、お寺としての再興許可をもう一回を獲得しています。このように、天正七年の段階においてすら、京都の伝統的な寺院においても、信長を頼るだけでは少し心もとなく、遠く離れた備後・鞆の浦にいる将軍の力をやはり借りなければということで、使者が行き来することがあったということも重要な事実かと思います。

 このように、幕府は一挙につぶれるわけではなく、亡命した後の将軍義昭は全国に号令を掛け、何とかして京都に復帰したいので信長包囲網を画策しているのが当時の状況でした。


●居城を構えた織田信長の「安土幕府」展開


 それに対する織田信長ですが、天正四年までは独自の政権というほどのところまではいっていなかったと思います。敵対しているように見えながら、信長も室町幕府とは何とかうまくやっていこうと画策している段階がありました。しかし、この頃からついに信長独自で政権を維持していく方向にかじを切ることになります。

 天正四年正月、信長は、安土という滋賀県琵琶湖東岸の真ん中よりやや北寄りの場所に新しい城を建て、そこを中核にまちづくりを始めます。ここを中心に、本格的に天下統一を狙っていく時代に突入します。

 前年の天正三(1575)年、信長は右近衛大将という非常に高い地位に上り詰めています。常設武官としては最高位である近衛大将に就くということです。歴史に詳しい人ならば、「これは源頼朝が将軍になる前に就いた職だな」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに信長は、将軍権力をかなり意識していたはずです。ほとんど将軍に等しい、将軍相当者としての地位を獲得したと理解していいのではないかと思います。

 その直後から、信長は正式の将軍の公文書である「御内書」様式の朱印状を発給することになっていきます。また、家来からも「上様」と呼ばれていく、あるいは服属した大名には朝廷に奏請をして官職を与えるように動いていきます。このように、それまで将軍が行っていた権限を代わりに行っていき、将軍相当者としての地位を獲得していくわけです。

 それから安土に移り住み、新しい城づくりをしながら天下統一戦を進めていく段階に入っていきます。武家政権という意味で、これも「幕府...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。