テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
坂井孝一

坂井孝一

さかいこういち

創価大学文学部教授/博士(文学)
1958年、東京都生まれ。
東京大学文学部卒業。
同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。
博士(文学)。
現在、創価大学文学部教授。
専門は日本中世史。
平安末期・鎌倉初期の政治史・文化史、室町期の芸能史を主な研究テーマとする。
著書に、
『鎌倉殿と執権北条氏』(NHK出版新書)、
『源氏将軍断絶』(PHP新書)、
『承久の乱』(中公新書)、
『源頼朝と鎌倉』『曽我物語の史的研究』(以上、吉川弘文館)、
『源実朝』(講談社選書メチエ)など多数。
愛猫家。

鎌倉殿と北条氏 (全9話・3話配信中)

収録日:2021/11/08
追加日:2022/01/09

10分でわかる「鎌倉殿と北条氏の関係」

鎌倉殿と北条氏(1)北条氏はなぜ権力闘争を勝ち抜いたのか

追加日:2022/01/09
2022年のNHK大河ドラマは、北条義時を主役とする「鎌倉殿の13人」。公家の世から武士の世へと大きく転換した時代、その舵取り役を果たすのは、大河ドラマでも活躍する東国武士たちだった。ここでは、北条氏が源頼朝を支えた経緯を中心...

貴種流離譚――源頼朝と八重が織りなす悲恋の物語とは

鎌倉殿と北条氏(2)流人の恋と貴種流離譚〈上〉

追加日:2022/01/16
執権北条氏の始まりは、流人・源頼朝の恋多き資質と関係が深い。最初の事件は伊東祐親の末娘・八重との悲恋であり、その別れが北条政子との出会いへとつながっていく。そこには「貴種流離譚」という物語の型が重なるため、事実は見え...

「阿波局」が二人いる…八重に秘められた謎に迫る

鎌倉殿と北条氏(3)流人の恋と貴種流離譚〈中〉

追加日:2022/01/23
源頼朝と別れた後の八重の運命は不詳だが、再嫁した八重がその後、頼朝を通じて北条義時に嫁いだのではないかと考えられている。そうであれば、御成敗式目を制定した北条泰時は、八重の産んだ子である可能性が高い。いずれにせよ、八...

近いテーマの講師一覧

上野誠

國學院大學文学部日本文学科 教授奈良大学 名誉教授

落合弘樹

明治大学文学部史学地理学科専任教授博士(文学)

柴裕之

東洋大学文学部史学科非常勤講師文学博士

兵藤裕己

学習院大学文学部教授

藤田達生

三重大学教育学部・大学院地域イノベーション学研究科教授

丸島和洋

東京都市大学共通教育部 准教授

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授

片山杜秀

慶應義塾大学法学部教授音楽評論家