10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

命も名誉も金も地位もいらぬ人でなければ難局打開は困難

西郷南洲のリーダーシップ(4)「始末に困る」人になれ

田口佳史
老荘思想研究者
情報・テキスト
国家の一大事に立ち向かえるのは、命もいらず金銭や地位にも心動かされない「始末に困る」人だ。この西郷南洲(隆盛)のリーダー像の背後には、彼が若かりし頃に出会った、ある言葉の存在があった。老荘思想研究者・田口佳史氏が、引き続き『西郷南洲翁遺訓』を引きながら、西郷のリーダー像の根本部分を語る。(第4話目)
時間:09:14
収録日:2015/02/27
追加日:2015/09/03
国家の一大事に立ち向かえるのは、命もいらず金銭や地位にも心動かされない「始末に困る」人だ。この西郷南洲(隆盛)のリーダー像の背後には、彼が若かりし頃に出会った、ある言葉の存在があった。老荘思想研究者・田口佳史氏が、引き続き『西郷南洲翁遺訓』を引きながら、西郷のリーダー像の根本部分を語る。(第4話目)
時間:09:14
収録日:2015/02/27
追加日:2015/09/03
≪全文≫

●天を相手にするには誠心誠意が必要


 第二十二番「己れに克つに、事々物々時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり。兼て気象を以て克居れよと也。」

 「己に克つ」、つまり「こうやろう」という誘いがあっても「それはよくないからやめておけ」と自分の欲望や強欲をぐっと制止する力も、「事々物々時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり」、つまり時々はできるということではいけないし、いつも「克てよ」「克己だ」と言い続けないとできないのも良くないということです。「兼て気象」の気象とは性格という意味ですが、そういう克己が性格になるぐらいに自分を鍛えないといけないということです。何気なくやっていても、それがきちんと克己にかなっているような自分をつくることが重要であると、西郷南洲は言っているわけです。

 その末、そういった心境になるためにはどうしたらいいのか。

 第二十五番「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己れを尽し人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。」

 人とは移ろいやすく、先ほど褒めてくれたと思えば、今はもうそうではないと言う。人の心はくるくる変わるものだから、人を相手にするのはやめ、天を相手にする。天は全く変わらない。その天を相手にして、己を尽くすことしかない。しかし、人はそこまで見て取らないが、天は見て取る。だから天を相手にするとなったら、「我が誠の足らざるを尋ぬべし」、つまり誠心誠意で当たらなければ、天を相手にするとは言い難い、ということです。こういう文言が吐けるというのは、西郷南洲という人が一生懸命、天を相手に生きたということを意味しているのでしょう。


●始末の困る人でないと難局は乗り切れない


 最後に、今までお話ししたことを繰り返すことで、どういう人物になるかと言えば、こちらになります。

 第三十番「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。」

 脅しても命もいらず、名誉をあげるからと言っても駄目で、官位を授ける、お金をあげるからと言っても駄目という人は、もうどうしようもない。何をしようとも効果がない人だから、始末に困る。そのように始末に困る人でなければ、「艱難」、すなわち国家や会社の重大事に対し、一緒に励もうとか、何とか難局を乗り切ろうということは、成し得られるものではない。そういう人が、一人でも二人でも、この日本の国家に生まれてくるかどうかということが重要なのだと、西郷は言っているのです。

 ここから、西郷南洲という人は、そのように生きて、あのような領域にまで到達した人なのだ、ということが分かるのです。


●西郷の愛した言葉「一世の智勇を推倒し、万古の心胸を開拓する」


 最後に、西郷南洲が非常に好んだ有名な人物として、宋の国の陳竜川という人の言葉を紹介して終わりたいと思います。

 その言葉と西郷南洲が出会ったのは、若い頃、君主と一緒に江戸へ最初に出てきた時のことです。その時、西郷は水戸の藤田東湖という人を訪ねます。藤田東湖も、ある意味では非常に大きな役割をした人です。藤田東湖に出会った人で、彼の弁説に影響を受けなかった人はいないというほどの人物です。出会った人は皆、影響を受けてしまうくらい魅力あふれる人だったのでしょう。藤田の自宅は今の後楽園の中にあったのですが、安政の大地震の時、彼はいったん外に出たのだけれど、母親が残っ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。