10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

ISは渋々、クルドは喜んで―攻撃に対するトルコの胸中

トルコ民主主義の行方(1)複雑な中東三つどもえの戦い

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
かつて、隣国と問題を起こさないという「問題ゼロ外交」を掲げ、中東の民主主義モデル国家と見なされていたトルコ。そのトルコの対外関係が破綻の窮地に陥っている。トルコで起きている複雑な三つどもえの争い、IS黙認からIS敵対に転換したトルコの本音など、中東・イスラーム情勢に精通する歴史学者・山内昌之氏が解説するトルコの現状。(全3話中第1話)
時間:10:24
収録日:2015/08/05
追加日:2015/09/17
かつて、隣国と問題を起こさないという「問題ゼロ外交」を掲げ、中東の民主主義モデル国家と見なされていたトルコ。そのトルコの対外関係が破綻の窮地に陥っている。トルコで起きている複雑な三つどもえの争い、IS黙認からIS敵対に転換したトルコの本音など、中東・イスラーム情勢に精通する歴史学者・山内昌之氏が解説するトルコの現状。(全3話中第1話)
時間:10:24
収録日:2015/08/05
追加日:2015/09/17
≪全文≫

●複雑さを極めるトルコ三つどもえの争い


 皆さん、こんにちは。

 今日は、今のトルコ共和国で起きている危険な民主主義の実験、あるいは民主主義の行き詰まりとも言うべき問題について、外交の内政化という観点から少し考えてみたいと思います。

 トルコは、長いこと中東における民主主義の模範、モデルとされてきました。しかし、そのトルコにおいて三つの武力衝突が同時に発生していることは、日本であまり触れられていません。

 大きな変化が起きたのは、7月のことでした。これは、トルコのシリアの国境に沿ったスルチュという町で行われていた若者たちの集会に対して、国外からIS(イスラム国)が攻撃を仕掛けたということであります。それに対する報復として、これまで同じスンナ派として比較的ISに対して好意的、もしくは、それを泳がせていたトルコとその国防軍が、報復攻撃を加えたということに端を発しました。住民の一部にはクルド人がいまして、そのクルド人たちは、ISに対して、また復讐と報復がらみで衝突を繰り返しているという現状があります。そのうえ、この間に後で申すような事情によって、トルコはしばらくやめていたクルドに対する攻撃を復活するという三つの事態が同時に進行する、複雑な中東でもさらに複雑さを極める三つどもえの争いが、トルコからシリア、イラクにかけて新たに発生しているということに注目しなければなりません。


●三つどもえの争いの関係図


 あえて整理しますと、こうです。第1番目は、トルコ政府によるISと戦うクルド人たちに対する攻撃、対決ということです。ISと戦っているクルド人に対し、トルコが2年ぶりに戦いを挑んでいるということです。2番目は、クルド人と戦っている、あるいは戦ってきたISに対して、比較的好意的か、あるいは間接的に支援さえしていたトルコ政府が対決に踏み切ったということ。これが第2番目です。第3番目は、すでに中東におけるISの重要な対決の相手であったクルド人とISとの間の衝突がますます激化し、その両者の間にトルコ軍が介入するということで、先ほど申したように、対決軸が三つどもえになり複雑になっているという現象が起きたことです。

 つまり、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の与党であるAKP(公正発展党)の政権は、この7月に、これまで現実的にはトルコが対決していなかった二つの大きな存在を、同時に敵として持つことになったということです。しかも、複雑なのは、その二つ、すなわちクルド人とISが、お互いに敵同士だということです。トルコは、互いに敵同士だということで戦っている国のそれぞれに対して、今度はそれを敵視して、思惑は違っていても、攻撃を加えているという複雑さであります。このISとクルド人は、いずれも、いま申したように、敵とコアリション(連合)を組んでいたわけであります。


●対ISの一大勢力PKK、IS黙認のトルコ


 トルコ国内において、今回トルコ政府が攻撃しているPKK(クルディスタン労働者党)というのは、長いことテロリストとして考えられていた組織ですが、この2年前に和解が成立し、その平和のプロセスが進捗していたところです。このPKKをはじめとするクルド人は、いまや実際の武力を持つ勢力として、ISに立ち向かう非常に貴重な地上兵力として、アメリカやヨーロッパから援助を受けてきました。

 他方ISは、これまでトルコの領内をボランティアや兵士たちが通過したり、あるいは資金や物資...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。