10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

クルド人

クルド人
クルド人は、世界最大の「国を持たない民族」と呼ばれている。少数民族に分類されるが、その数は2500万から3000万人にのぼる。クルディスタン(クルド人の国)と呼ばれる山岳部が彼らの故郷で、中世から近世にかけては強大なオスマン帝国の一部として、伝統的な暮らしを営んでいた。彼らが「国」を失うのは、第一次世界大戦後のサイクス・ピコ協定に基づいて、イギリス・フランス・ロシアによって引かれた恣意的な国境線により、トルコ、イラク、イラン、シリア、アルメニアに分断されたことが原因である。近年のシリア紛争を受けて難民となり、ドイツやフランス、スウェーデンなどヨーロッパ各地に移民した者も多い。クルド人の建国独立欲求は高く、そのことがシリア紛争における地上戦闘力として直接ISに対峙する姿勢に現れている。  「10MTVオピニオン」では、歴史学者で日本における中東情勢の第一人者である山内昌之氏が、帝国の滅亡と民族紛争の関係、刻々かわる中東の地政学的変動とその裏で駆け引きを繰り返すアメリカとロシアなど、さまざまな角度から「クルド人」の問題に光を当てている。

クルド分離・独立の動きは新たな中東紛争始まりの予兆

北東アジアと中東の危機(2)世界に拡大する複合危機
歴史学者・山内昌之氏が、北東アジアの核の脅威と並行して中東から世界に拡大する複合危機について解説する。中東の核問題はイスラエルとイランによる禁欲的な管理の下、北朝鮮のような「核恫喝」は見せていない...
収録日:2017/10/05
追加日:2017/11/09
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

IS復活を阻むために必要なのは「失敗の要因」の分析

2017年湾岸とシリア(2)シリアの現状とISの今後
歴史学者・山内昌之氏がシリアの現状とISの今後について解説する。トランプ大統領の米露協調による緊張緩和地域拡大はシリア戦争収束に向けての一大方針といえるが、各国、各勢力がポスト・シリア戦争を見据える...
収録日:2017/08/30
追加日:2017/09/25
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

イラクが直面するモスル解放後の三つの政治課題

ポスト・モスルの中東情勢(2)イラクは再生できるのか
ポスト・モスルの中東を考えるには、その深く重い歴史と直面する必要がある。宗教・宗派・民族によって引き裂かれた人々は、さらにその内部でも対立を繰り返しているからだ。イラクは再び平和を取り戻すことがで...
収録日:2017/07/21
追加日:2017/08/19
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

中東複合危機―中東情勢はなぜこれほど複雑なのか?

2017年世界と日本(5)中東複合危機がもたらす世界不安
中東情勢はなぜこれほど複雑なのか? それは多くの民族、宗派、地域勢力がひしめきあっていること、サイクス=ピコ協定に始まる複数の条約がからんでいることなどが関係している。さらに、米露という大国の介入...
収録日:2017/01/24
追加日:2017/05/10
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

ロシア・トルコ・イランの同盟関係は長続きしない

中東の新たな地政学的変動(5)新三国同盟の壊れやすさ
歴史学者・山内昌之氏がシリアを中心とした中東の新たな地政学的変動について解説するシリーズ最終話。現在、ロシアとトルコの接近、およびイランを含めた新三国同盟ともいえる協力関係の下、シリア情勢はかりそ...
収録日:2017/03/01
追加日:2017/04/07
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ロシア・トルコ・イランの三国同盟が持つ意味

中東の新たな地政学的変動(4)新しい三国同盟
歴史学者・山内昌之氏がシリアを中心とした中東の新たな地政学的変動について解説する。今や中東、特にシリアにおけるロシアの影響力は計り知れないものがある。ロシアは圧倒的な外交力を武器に、アサド政権を支...
収録日:2017/03/01
追加日:2017/04/06
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ユーフラテスの盾作戦のトルコの隠れた目的

中東の新たな地政学的変動(3)ユーフラテスの盾作戦
シリア和平会議の開催によって、中東問題の解決に寄与するのは、ロシア、トルコ、イランの三国という情勢が固まってきた。地上戦においては、NATOでアメリカに次ぐ規模を持つトルコ陸軍の介入するユーフラテスの...
収録日:2017/02/22
追加日:2017/04/05
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ローマ共和制の「独裁者を許さない」原則とは?

ローマ帝国への道(4)共和制500年の第一原則
早稲田大学国際教養学部特任教授・本村凌二氏によるローマ帝国形成への経緯をたどる連続講義。共和制国家として500年の伝統を持つローマが、その第一原則として徹底的にこだわったのは「独裁者を許さない」という...
収録日:2016/12/16
追加日:2017/04/05
本村凌二
東京大学名誉教授/博士(文学)

トルコのシリアへの軍事介入の背景と経緯

中東の新たな地政学的変動(2)トルコの標的
歴史学者・山内昌之氏がシリアを中心とした中東の新たな地政学的変動について解説するシリーズ講義第二話。トルコの北シリアへの越境軍事行動は地政学的に見ても注視すべき要因が多々ある。エルドアン大統領がIS...
収録日:2017/02/22
追加日:2017/04/04
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

中東におけるロシア・トルコ・イランの不思議な協力関係

中東の新たな地政学的変動(1)ISの退潮とシリアの混乱
歴史学者・山内昌之氏がシリアを中心とした中東の新たな地政学的変動および、それに関連したロシア、トルコ、イランの不思議な協力関係について解説する。IS(イスラム国)はトルコ、アサド政府軍、クルド防衛部...
収録日:2017/02/22
追加日:2017/04/03
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ローザンヌ条約以来、因縁のモスル帰属がクルド問題の争点

中東協力現地会議(2)クルドの民族問題と独立への可能性
歴史学者・山内昌之氏による中東協力現地会議基調講演の解説第2弾。今回取り上げるのは、「クルドの民族問題と独立国家化への可能性」についてだ。イラク、シリア、トルコで一大勢力を持つクルド人組織だが、山内...
収録日:2016/09/28
追加日:2016/10/25
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

シリア戦争の停戦合意が失敗!一番の解決策はアサド退陣?

中東協力現地会議(1)シリア戦争の行方と分割の危険性
歴史学者・山内昌之氏が、2016年9月25日にドバイで行われた中東協力現地会議での基調講演について解説する。山内氏はまず、大きく変化した中東の地政学的観点から、中東の現在と今後を読み解く8つの要素を挙げる...
収録日:2016/09/28
追加日:2016/10/18
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

クルド自治国家容認は必至、国際対立の敗者はトルコ

トルコ軍ロシア機撃墜問題(3)戦略的利益はあったのか
トルコ軍によるロシア機撃墜は世界をあっと言わせたが、この事件においてトルコは間違いなく敗者ということになると歴史学者・山内昌之氏は語る。それはいったいどういうことなのか。ロシア、米欧諸国の反応など...
収録日:2015/12/02
追加日:2015/12/28
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

北シリアに渦巻く民族問題がロシア機撃墜事件を複雑にする

トルコ軍ロシア機撃墜問題(2)北シリアをめぐる民族問題
トルコ軍によるロシア機撃墜事件の問題を考えるシリーズ講話第2話。今回は、トルコとロシアが対立するそもそもの要因となっている北シリア情勢と、そこで渦巻く民族問題に焦点を当てる。歴史学者・山内昌之氏が...
収録日:2015/12/02
追加日:2015/12/24
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

クルド票・反クルド票の双方を集める危険な賭け

トルコ民主主義の行方(3)出直し選挙へ
トルコの外交と内政は、ともに八方ふさがりの状況に陥っていると歴史学者・山内昌之氏は見る。それを象徴するのが、2015年6月に行われた総選挙の結果であり、その後のエルドアン大統領率いる与党の対応だ。...
収録日:2015/08/05
追加日:2015/09/21
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ISは渋々、クルドは喜んで―攻撃に対するトルコの胸中

トルコ民主主義の行方(1)複雑な中東三つどもえの戦い
かつて、隣国と問題を起こさないという「問題ゼロ外交」を掲げ、中東の民主主義モデル国家と見なされていたトルコ。そのトルコの対外関係が破綻の窮地に陥っている。トルコで起きている複雑な三つどもえの争い、...
収録日:2015/08/05
追加日:2015/09/17
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

ネオ・オスマン主義外交へのシフトがいまや破綻の瀬戸際

トルコ民主主義の行方(2)問題ゼロ外交の破綻
中東情勢に詳しい歴史学者・山内昌之氏が、カオス状態の中東とその中東において孤立しているトルコについて解説する。トルコの孤立化には、その強硬な対外政策が影響しているのだが、エルドアン大統領を強硬路線...
収録日:2015/08/05
追加日:2015/09/17
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

クルド対応に見るトルコとイランの対立構造

トルコとイランの関係(2)緊張関係と今後のシナリオ
シリアにおける内戦の激化とイラクからのアメリカ軍の撤退によって、トルコとイランの間に横たわる伝統的な競合関係が復活したと歴史学者・山内昌之氏は語る。しかし、両国はスンナ派対シーア派の宗派対立にコミ...
収録日:2015/06/09
追加日:2015/07/13
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

IS、クルド、そして人民が中東世界を大きく変容させる

「イスラム国」と中東の変動(1)旧体制に反旗を翻す三大勢力
歴史学者・山内昌之氏は中東の混迷状態を「大きなパラダイムシフト」と表現する。さまざまな勢力争いで中東が混戦しているというよりも、大局的にみて新旧イスラムイデオロギーの入れ代わりが、中東世界を根底か...
収録日:2015/02/25
追加日:2015/03/06
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

2014年12月に報道された日本への危険なシグナル

「イスラム国」は、もはや対岸の火事ではない
中東・イスラム史研究の第一人者・山内昌之氏は、「イスラム国(IS)」の出現は大局的に見れば、中東の政治の枠組みのリアリティを変えてしまったと解説する。ISの影響力が中東の域を超えて拡大しつつある今...
収録日:2015/02/16
追加日:2015/03/01
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

イスラム国がもたらしたクルド独立国家への道

イスラム国とクルド独立(3)イスラム国がもたらしたクルド独立国家への道
中東におけるイスラム国とクルド民族の対決は思わざる波及効果を引き起こしていると、山内昌之氏は見る。それは、クルド人の反目を解消させ、イラク軍の腐敗を露呈させ、欧米を中心とする国際世論を揺るがす勢い...
収録日:2014/12/12
追加日:2015/01/23
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

クルド人を歴史上初めて団結させたイスラム国

イスラム国とクルド独立(2)イスラム国vsクルド~中東の新たな対決構図
イラクとシリアで戦闘を繰り広げるイスラム国によって国際的な表舞台に登場したのが「クルド問題」だ。トルコ、シリア、イラク、イランに四散して虐げられ反目し合ってきたクルド人は、厳しい戦いを通じて自らの...
収録日:2014/12/12
追加日:2015/01/22
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

イスラム国掃討には2つの世界大戦より時間がかかる

イスラム国とクルド独立(1)イスラム国と世界のジレンマ
2014年は、イスラム国成立の年として歴史に刻まれるだろう。「それ以前の中東に戻ることは考えづらい」と歴史学者の山内昌之氏は言う。2015年、第二次世界大戦敗戦から70年を迎える日本は、イスラム国...
収録日:2014/12/12
追加日:2015/01/21
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

トルコ大統領選とISによるイスラーム国家の樹立

トルコ大統領選とISIL
10MTVではおなじみの歴史学者・山内昌之氏が、2014年6月22日から7月5日のトルコ研究調査から戻られた。クリミア半島と中東。今最も激震する両地域に挟まれているのが、トルコ共和国である。現地の...
収録日:2014/07/17
追加日:2014/08/08
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

現実離れしたお経を唱えながら成り行きを見守るしかない

混迷するイラクと対応策が分からないアメリカ
今、イラクでは反乱軍が蜂起して勢力を伸ばしている。また、クルド人自治区が独立を画策している。そこにはどのような背景があるのか。なぜアメリカはなかなか介入しようとしないのか。イラク情勢に精通する岡崎...
収録日:2014/06/25
追加日:2014/07/24
岡崎久彦
外交評論家