テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

クルド人とイスラム国(ISIL)…対立の経過と意味

イスラム国とクルド独立(2)イスラム国vsクルド~中東の新たな対決構図

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所客員教授
概要・テキスト
クルドの旗
イラクとシリアで戦闘を繰り広げるイスラム国によって国際的な表舞台に登場したのが「クルド問題」だ。トルコ、シリア、イラク、イランに四散して虐げられ反目し合ってきたクルド人は、厳しい戦いを通じて自らの存在と勢力を世界に告知している。(全3話中第2話目)
時間:15:39
収録日:2014/12/12
追加日:2015/01/22
カテゴリー:
≪全文≫

●「ノー・マンズ・ランド」をめぐる中東の新しい対決


 皆さん、こんにちは。現在の中東には、目立たない形で大きな対決・対立の新しい構図ができています。それは、「イスラム国対クルド」という構図です。

 クルド人は、中東で第4番目の人口を誇る民族であるにもかかわらず、トルコ、シリア、イラク、イランに分散して住んでいます。彼らは独立国家を持たないことが特徴です。

 2014年8月以降、イスラム国は、北イラクにつくられているクルド地域政府(KRG)に対して対決色を強め、攻勢を深めています。なぜかと言うと、イラクとシリアの間にあった国境がもはや消滅したに等しい現在、「両国にまたがるシャーム砂漠を押さえるのは誰か」という問題があるからです。

 シャーム砂漠は、アラビア語では「バディエト・エ・シャム」と言い、しばしば「無人地帯(ノー・マンズ・ランド)」とも呼ばれます。「ノー・マンズ・ランド」には、「危険地帯」という意味もあります。もはやイラクとシリアの中央政府にとっては御しがたい危険地帯になった地域をめぐって、イスラム国とクルドは争っているのです。


●イスラム国の攻撃が「クルド民族の国づくりの触媒」として促進


 第二に、イスラム国もクルドも、それぞれモースルやキルクークといった北イラクの油田・油井を押さえています。これらをめぐる両者の争いは、領土をめぐる争いにも増して、両者の今後の道筋や利益を考える場合に、大変重要な要素になってきています。

 そう考えると、実は、イスラム国の攻勢・攻撃はクルドの「ネイション・ビルディング」に一役買っているのです。分かりやすく言えば、「クルド民族の国づくりの触媒」として促進しているのはイスラム国でもあるということです。

 つまり、クルドがこれほどはっきりと独立国家への道を歩むようになった原因は、ひとえにイスラム国の攻撃によってクルド人たちが結束を固めるようになったからで、従来国ごとに分かれ対立していた彼らの大同団結や一体性を回復しようという動きにつながったのです。

 すなわち、現在のイスラム国の攻撃は、クルドの存在意義を北イラク中心に強めているだけでなく、地方的な実在でしかなかったクルドの存在を国際世論や国際政治にとっても無視できない、死活的プレーヤーに転換せしめたと言えるでしょう。


●クルド人とイスラム国は、互いの鏡...

テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。