10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能の普及は新たな倫理問題を生み出す

人工知能のディープな可能性(4)人工知能との共生

松尾豊
東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授
情報・テキスト
人工知能研究がもたらした変化の本質は、特徴を「認識」できることだ。何が重要かを知ることができる人工知能は、産業のあり方を変え、今まで想定されなかった権利や制度の問題を顕在化させるだろう。到来しつつある未来に向けて、日本社会はどう動いていくべきか。また、権利や倫理問題をどう解決していくか。東京大学大学院工学系研究科准教授・松尾豊氏による最終講話。(全4話中第4話)
時間:08:56
収録日:2016/01/15
追加日:2016/05/16
≪全文≫

●「機械では認識できないから人がやっている」ことも自動化されていく


 変化の本質は何か。現在の世の中には、画像認識ができないから人間がやっている仕事がたくさんあります。これが自動化できるということです。コストで言うと、人間が監視する場合に比べて、このイメージセンサーと人工知能を使えば、おそらく100分の1以下になる。ということは、相当たくさんのものを見張ることができるようになります。例えば河川の水量がどうなっているか、土砂崩れしそうか。あるいは、山が噴火しそうかどうか、などです。こういう対象をずっと見張っているのは、従来ならばコストから考えて難しかったわけですが、それが可能になってくるということです。

 さらに運動の習熟についてです。われわれは、機械には機械的な動きしかできないと思い込んでいますし、ロボットにはロボット的な動きしかできないと思い込んでいます。まさに「機械的」とか「ロボット的」という言葉が、それを表してしまっているわけです。しかしそうではなく、今後は機械も習熟するし、ロボットも上達していきます。そうなると、何がどう変わってくるのか。農業、建設、食品加工の分野は大きく変わると思います。例えば日常生活の中で、なぜ人が掃除をしないといけないのか。部屋の形は一つ一つ状況が違いますし、散らかり方も毎回違いますので、やはり「認識」をしない限りは、上手く掃除をすることはできなかった。だから、今まで機械化できなかったのです。

 同じように、なぜコピーを取ってもらうことを人に頼まないといけないのか。それは、コピー機の位置が一つ一つオフィスによって違いますし、紙の大きさも違うので、そういった「状況」をきちんと「認識」しないと上手くできなかった。ところが、今後はそれができるようになるのだと考えると、ここに非常に巨大なマーケットが生まれるのではないかと、私は思います。

 まさにSF的な社会ですが、今まで説明したような人工知能ロボットが、人々の生活や仕事の中にどんどん組み込まれていくような社会になっていくのではないかと思います。そのときに、私は、日本の国や日本企業のあり方から考えると、「子どもの人工知能」――ものづくり、ロボット、機械、こういった辺りから攻めれば、非常にチャンスが大きいのではないかと、私は思っています。


●人工知能が社会に浸透すれば、権利や制度の再考が必要になる


 さらに、こういった技術の変化とともに、やはり社会全体のこともよく考えておく必要があります。倫理や社会制度の問題です。例えば自動運転の車が事故を起こした場合にどう対処するのかという問題は、今後議論していかないといけないです。また人工知能を使った悪用や軍事利用についても議論をしていく必要があります。

 それから、人工知能が知財を生み出すこと、さらに人間が本来的に持っている権利、こういった辺りの問題も、よく考えていく必要がある。画像認識の精度が上がると、例えば町中のカメラで不審者を発見することができるので、犯罪が飛躍的に減ると言われます。これは確かに良いことなのですが、一方でずっと見られているのはやはり気持ち悪いという感覚もあると思うのです。気持ち悪いと感じるならば、人間には本来「見られない権利」というのがあるのではないかなど、現在は顕在化していないけれども、本当は守るべき権利や人間のあり方があるのではないかということを議論していく必要があると思います。


●これからは「目的をどう設定するか」がより重要になる


 また、人工知能が人間を襲うのか、というハリウッド映画や『ターミネーター』のようなことを聞かれる場合も多いです。私は、人間というのは「知能」を持った「生命」、「知能」プラス「生命」だと思っています。

 「知能」というのは、目的を与えられると、それをいかに達成させるかを考える問題解決の力です。したがって先ほどの例で言えば、報酬を設定するとその報酬をもらえるような行動を学習していくわけですね。ところが、「生命」は別の目的を持っています。例えば自分を守りたいとか、子孫を残したいとか、仲間を助けたいとか、こういった目的を持っている。なぜかというと、長い進化の歴史の中で、そういった目的を持たないものは滅んでいったからです。現在、残っているものは、「生命」としての目的を持っていたということだと思います。

 人間は、「生命」としての目的を、非常に高い「知能」を使って達成をしている。こういう存在だと思います。人工知能の技術というのは、この「知能」の技術です。目的が与えられたときにそれをどう解決するかという技術です。人工知能の発達とはそこがどんどん進んでくることだと思います。そう考えると、目的を与えさえすれば、それを達成することが今までよりももっと容...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。