10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

「中国発の普遍」は成立する見込みがあるのか?

東洋の普遍、西洋の普遍(7)質疑応答

中島隆博
東京大学東洋文化研究所 副所長 教授
情報・テキスト
中国の儒教復興は体制の擁護・批判のどちらに結び付くのか。「方法」ではなく「本質」を論じるような中国の思想はないのか。すさまじい速度の科学技術発展は、人間道徳に何をもたらすのか。東京大学東洋文化研究所の中島隆博教授が、会場からの質問に答える。(2016年4月21日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「東洋の普遍、西洋の普遍 科学、民主主義、資本主義」より、全7話中第7話)
時間:13:29
収録日:2016/04/21
追加日:2016/09/01
中国の儒教復興は体制の擁護・批判のどちらに結び付くのか。「方法」ではなく「本質」を論じるような中国の思想はないのか。すさまじい速度の科学技術発展は、人間道徳に何をもたらすのか。東京大学東洋文化研究所の中島隆博教授が、会場からの質問に答える。(2016年4月21日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演「東洋の普遍、西洋の普遍 科学、民主主義、資本主義」より、全7話中第7話)
時間:13:29
収録日:2016/04/21
追加日:2016/09/01
≪全文≫

●体制が手懐ける儒教、体制を批判する儒教


質問1:最近の中国で儒教が見直されているのは、中国政府からの側面と草の根的な側面とが両方あると思うが、そのバランスはどうなっているか。

中島 イタリア人思想家のジョヴァンニ・アリギという人が書いた『北京のアダム・スミス』という本があります。これは非常に話題になった本で、「今の中国こそが、アダム・スミスの精神を反復しているのではないか」と議論されています。おそらくこれは、温家宝首相時代の中国社会をアリギが見て、そこにある種の市場経済の可能性を見たのです。資本主義といいながらも、それとは違う可能性があることを認めようとした本だったと思います。その後の中国が、本当にアリギが言ったようになったかというと、なかなか微妙なところがあり、私はアリギの理想通りにはいっていないような気がします。

 私はずっと中国の儒教復興を追いかけてきたので、儒教に関していうと、面白いことに、儒教そのものの幅が広く、単に体制を擁護するだけのディスコースではないのです。儒教には、体制に対して非常に批判していく面も持っています。実際、儒教の中には革命思想があります。儒教の中には、一種の人民主権のような思想があるため、その扱い方を間違えると、やけどをする考えなのです。

 ある時期までの中国の政権は、儒教を何とか手なずけようとはしていたと思います。ただそれでもなかなか、うまくは手なずけられないのです。最近の状況を見ていると、政権は少し儒教から距離を置いているのかという気がします。私は、儒教は儒教普遍主義と呼べるものを持っていると言ったらいいと思いますが、やはりそれは手に負えない面を持つのです。だから、ポスト毛沢東時代の共産党のレジティマシー(正統性)を補強するためには、儒教はおそらく思ったほど役に立たなかったのではないかという気がします。


●儒教は「市民宗教」になれるか


 では他に、儒教に代わるものが何かあるかといっても、なかなかありません。そのため、様々な投資をして、何とかつなぎ止めようとはしています。ですが、原理的に難しいところがあるという印象を持っています。

 それは、戦前の日本でも同じでした。儒教を一生懸命使おうとするのですが、どこかうまく使いこなせないのです。体制からはみ出してしまう。儒教にはそうした面がどうしても残りました。例えば、教育勅語のような形でうまく取り込もうとしましたし、国民道徳論でもやりましたが、それでも外れてしまうのです。ただ今の質問で問題になるのも、そこをどう考えるか、ということではないでしょうか。

 今回ご紹介した人たちは、儒教の外れていくような普遍主義に一種の希望を見出しているという感じを、私は受けています。儒教を、政権の意向とは違う仕方で使う。こういう努力があるのかという気がします。非常に微妙な戦いですが、そこにチャンスを見いだそうとしているのでしょう。

 ロバート・ベラーの市民宗教という概念が中国では現在大いにはやっていて、儒教がその市民宗教であるというのです。もちろん市民宗教は民主主義の中でのみ実現可能な概念ですから、市民宗教は儒教であるということは、やはりある種の戦いになるだろうと思います。ただ、うまくいくかどうかはよく見ておかないといけません。


●台湾の経験をどう生かすか


 議論の中に出てきませんでしたが、台湾をどう考えるかは、案外大きな問題です。中華人民共和国だけで考えて済むのかといえば、台湾と...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。