10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハドリアヌスの疑惑の残る皇帝就任

五賢帝時代(4)ハドリアヌスの縮小政策

本村凌二
東京大学名誉教授/博士(文学)
情報・テキスト
ハドリアヌス
五賢帝時代も佳境を迎え、トラヤヌス時代にローマ帝国は最大版図を獲得する。だがそれもつかぬ間、次の皇帝ハドリアヌスは縮小に転じる。この展開はなぜ起きたのか、ハドリアヌス皇帝就任時の経緯も含め、東京大学名誉教授の本村凌二氏が論じる。(全9話中第4話)
時間:11:35
収録日:2018/02/08
追加日:2018/05/20
タグ:
≪全文≫

●ローマ帝国の版図はトラヤヌス時代に最大になった


 もう1つ、トラヤヌスが繰り返し戦争をしかける中、ローマにとって厄介だったのが、東部戦線のパルティアでした。パルティアはローマの支配が及ばない、イラン系の人々でした。

 トラヤヌスは軍人ですから、このローマにとって厄介なパルティアとの戦いをやらなければいけないというので、その準備をしていました。そして、ある時期から実際に軍事行動に起こします。今の地域でいうと、アルメニアやメソポタミアといった地域を征服することになるわけです。

 そのようにして、前回お伝えしたダキアと、アルメニア、メソポタミアといった地域を、ローマ帝国の中に編入したために、ローマ帝国の版図、その規模は最大になったといわれています。この話は、高校世界史レベルでもいわれていることですが、つまりローマ帝国の最大版図はトラヤヌスの時代でした。それぐらい巨大な帝国を、非常に優れた軍人であり優れた行政官であるトラヤヌスの時代に実現させることができたということです。

 このためトラヤヌスは、プリンケプス・オプティムス・マクシムスといいますが、いわば最善最高の君主として、後々も代表的な、あるいはローマきっての皇帝として尊敬されていくことになるのです。

 ローマはそれまで領土拡大をそれほど行わなかったにもかかわらず、トラヤヌスがダキアやパルティアとの戦争などで勝利を収めるということもあり領土を拡大し、最大規模の領土まで広げました。

 しかし、彼は高齢になっていたこともあり、パルティア遠征の途上で体調を崩して亡くなるということで、結局表舞台から消えてしまいます。


●疑惑の残るハドリアヌスの後継指名


 その後を継いだのがハドリアヌスですが、ハドリアヌスの皇帝就任に関しては、非常にあやふやなところがあります。トラヤヌスがはっきりと後継者を指名しないうちに皇帝になったからです。正式にハドリアヌスを指名していれば良かったのですが、トラヤヌスにとっては、体調を崩して死ぬのがあまりにも早かったためか、結局後継者を誰とも言いませんでした。トラヤヌスの妻であるプロティナによれば、トラヤヌスの後継者に関して耳元で遺言を聞いたところ「ハドリアヌスだ」ということで、結局その後、ハドリアヌスの時代が来ることになるのです。

 ということで、後継者としてハドリアヌスの指名はプロティナだけしか聞いていません。そしてその後、近くにいた召使いの1人が急死してしまいますので、これは相当な疑惑があるわけです。しかし、結局プロティナが「ハドリアヌスと言った」ということが根拠になって、ハドリアヌスが指名されることになるのです。

 そのため、周りの人々は疑惑を持ち、さまざまな噂が飛び交いました。中には、プロティナとハドリアヌスが愛人関係にあったのではないかという噂も根強くありました。今の歴史学でそれが証明できるわけではないですが、そのためにハドリアヌスの皇帝就任に対して異議を持っている人たちがいて、ある種の反ハドリアヌス派として登場してくるのです。そして、ハドリアヌス自身が直接指示を出したかは確かめようがありませんが、その人たちは処刑されてしまいます。

 処刑されたのは元老院議員でしかもコンスル(執政官)経験者の4人ですが、これはローマのそれまでの考え方からすれば、また暴君が登場したことになります。そのために元老院貴族は、ハドリアヌスに対して、治政の最初からかなりの嫌悪感や反感を持っていました。


●縮小路線で国の安定を考えたハドリアヌス


 軍人色の強かったトラヤヌスに対して、ハドリアヌスもそれなりに軍事的功績を挙げていますし、先のダキア戦争の時もそれなりの活躍をしているのですが、もともと芸術家肌、文人肌だったのではないかといわれていることもあり、文化事業、特に建築の事業に熱心でした。

 ハドリアヌスの考え方は、アウグストゥスが版図を限定していたのに、クラウディウスの時代にブリタニア、それからトラヤヌスの時代にダキア、アルメニア、メソポタミアなどローマ帝国を拡大したという中、もうこれ以上版図を拡大しないというもので、いわば縮小政策でした。

 ダキアはせっかくトラヤヌス直々にローマへ属州化したのですが、東部戦線のパルティアとの間で、いつも大きな騒動の種になっていました。メソポタミアやアルメニアは、むしろ放棄した方が得といいますか、そこを維持するとなると、そのために軍隊を派遣するお金もかかるため、その費用をもっと違うことに使った方がいいという考え、あるいはそのような見通しがあったのかもしれません。そのため、東部戦線においてはそこを手放すという形で縮小路線を取っていくことになります。

 拡大路線というと、威勢よく聞こえるので皆、賛成するのです...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。