10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

英語でどう言えばいいのか分からない「念のための解散」

衆院解散総選挙の理由と安倍首相にとってのリスク

GeraldCurtis
政治学者/コロンビア大学名誉教授
情報・テキスト
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201411/18kaiken.html)より
2014年11月18日、安倍晋三首相が衆院の解散を表明した。12月2日公示・14日投開票で総選挙が行われる。この解散総選挙の理由や、安倍首相にとってのリスク要因を、日本の政治に精通するジェラルド・カーティス氏が緊急解説。
時間:17:50
収録日:2014/11/18
追加日:2014/11/22
出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201411/18kaiken.html)より
2014年11月18日、安倍晋三首相が衆院の解散を表明した。12月2日公示・14日投開票で総選挙が行われる。この解散総選挙の理由や、安倍首相にとってのリスク要因を、日本の政治に精通するジェラルド・カーティス氏が緊急解説。
時間:17:50
収録日:2014/11/18
追加日:2014/11/22
≪全文≫
●日本経済への自信のなさから、選挙を今やるのが得策と判断

カーティス 今回の解散は、まず消費増税10パーセントの先延ばしというか、「先延ばし」というのは、「もう上げない」という意味だと思いますし、それについていろいろな議論はできます。僕は、やはり予定通り上げるべきだったと思います。ただ、安倍晋三首相は政治家ですから、第3四半期の経済がこれほど悪かったというデータが17日に出ましたが、その時点で、要するにリセッション(景気後退)になっているのです。その中で再度、7、80パーセントの国民が反対している消費税を上げるということは、よほどの自信がないとできません。ですから、彼は今の日本の経済にただ自信がないという意味だと思うのです。

―― 経済に自信がないのですね。

カーティス 自信があれば消費税も上げるし、解散もしません。では、なぜ今解散をするのか。自民党でさえ何のための選挙なのか分かっていません。ですから、高村正彦さんは、念のためにやるという、「念のための解散」と言いましたが、僕は外国のメディアにいろいろとインタビューを受けていますけれども、まず、この「念のため」を英語でどう言えばいいのか、全く意味が分かりません。要は、どうも今選挙をやる方がよく、今やらなかったら、経済情勢はそれほどよくならないのだから、来年も無理だろうと考えたのではないでしょうか。集団的自衛権に関するいろいろな法案を出さなければならないし、あるいは、この原子力発電所の再稼働の問題もありますし、自民党の総裁選挙もありますからね。

 ですから、来年は政治的には非常に厳しい1年間になるということで、もう早くやった方がいいと考えたのだと思います。そうすれば、あと2、3年はもう選挙を心配しないで、いろいろな難しいことや厳しいこと、困難なこともやれるというような計算だろうと思います。


●大義名分がなく、テーマが不明確なことが今回の解散と選挙の問題点

カーティス ところが、問題がいくつかあるのです。一つは、そのような理由で本当に選挙をやっていいのかということです。大義名分はなく、ただ、今の経済やアベノミクスがあまりうまくいっていないということに国民が十分気がつく前に、解散して選挙をやってしまった方がいいというのは、有権者に対してはあまり丁寧なやり方ではありません。

 それと、もう一つは、この解散と選挙は何がテーマであるのか、これもはっきりしていません。消費税を今の時点では上げない方がいいというのは、民主党も野党もほとんど全部の政党が賛成なのです。ですから、上げる方がよかったという政党があれば、そう思う国民がその政党に票を入れられますが、もう皆が延ばすべきだと言っているのです。これでは争点になりませんよね。

―― ならないですね。

カーティス ならないのです。では、アベノミクスがいいかどうかという争点は、一応成り立ちます。しかし、これが野党の問題点なのですが、「アベノミクスはうまくいってない」と批判はするのですが、では、代わりにこうすればよかったとか、これからこうすべきだということは、何一つありません。ただ批判だけです。その批判だけでも票はある程度取れると思いますが、しかし、政権党になるならば、なりたいのであれば、やはり自分の政策を出さなければいけないのです。ただ、まさかこんなに早く選挙があるとは誰も思わなかったから、その準備が全く不足しています。


テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。