10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
衆院選 2014

衆院選 2014

the House of Representatives Election in Japan 2014
2014年11月18日、安倍晋三首相は、来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月まで先送りし、衆議院を解散、年内に総選挙を行うことを表明した(12月2日公示、14日投開票)。21日、解散当日の記者会見で、首相はこの解散を自ら「アベノミクス解散」と名付けることになるが、各方面からは、それぞれの思惑を乗せたさまざまなネーミングが飛び交っていた。そのこと自体が、今回の解散における大義、そして選挙における争点の多様さと複雑さを物語っていたといってよいだろう。この解散ー総選挙に際して、識者たちはどのように状況を解釈し、未来像を描いていているのか?ここでは、公示から投開票後まで、状況に即したオピニオンを掲載していきたい。

自民党が「いま解散には一番いい時期」と判断する理由

「消費増税先送り」解散の意味を問う

収録日:2014/11/12
追加日:2014/11/17
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

日本の選挙は過半数でなく3分の2がポイントとなる

選挙結果の読み方

収録日:2014/12/11
追加日:2014/12/12
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

旧来型の選挙で自民党が勝利! 民主党に風は吹かなかった

総選挙の結果を総括する(1)現政権現状維持も波乱含み

収録日:2014/12/15
追加日:2014/12/15
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

政権交代は無理!結党以来初めて過半数下回った公認候補数

総選挙の結果を総括する(2)前政権の政権運営に対する怒り

収録日:2014/12/15
追加日:2014/12/16
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

投票率は2千万票をベースに風の吹き方次第で変動する

総選挙の結果を総括する(3)消えた2千万票の意味

収録日:2014/12/15
追加日:2014/12/17
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

「代表なくして課税なし」? 使い方に違和感

野田前総理が語る今回の選挙と安倍政権(1)大義なき解散とポピュリズム

収録日:2014/11/20
追加日:2014/12/10
野田佳彦
衆議院議員 /第95代内閣総理大臣 /民進党最高顧問

「何のため解散」? 「身勝手解散」?

野田前総理が語る今回の選挙と安倍政権(2)国益よりも延命の内閣

収録日:2014/11/20
追加日:2014/12/11
野田佳彦
衆議院議員 /第95代内閣総理大臣 /民進党最高顧問

消費増税への態度で見習うべきはかつての保守本流の人たち

野田前総理が語る今回の選挙と安倍政権(3)アベノミクスの危険性と民主党の変化

収録日:2014/11/20
追加日:2014/12/13
野田佳彦
衆議院議員 /第95代内閣総理大臣 /民進党最高顧問

総選挙後のアベノミクス第2ステージはどうなるのか?

今回の解散総選挙が経済に与える影響

収録日:2014/12/09
追加日:2014/12/13
伊藤元重
東京大学名誉教授 /学習院大学国際社会科学部教授

「三本の矢」の成果は? 2年間の是非を問う

今回の選挙の経緯と争点であるアベノミクスについて

収録日:2014/11/20
追加日:2014/11/21
星浩
TBSテレビ「NEWS23」キャスター

自民党の中の嵐を期待するしかない!?

選挙戦の構図、選挙戦が意味するもの

収録日:2014/11/20
追加日:2014/11/23
星浩
TBSテレビ「NEWS23」キャスター

非常に特徴的だったのは史上最低の投票率になったこと

今回の選挙を振り返る

収録日:2014/12/18
追加日:2014/12/23
星浩
TBSテレビ「NEWS23」キャスター

景気次第で自民党内に政変の可能性も

今後の政治がどうなるか~安倍政権のゆくえ~

収録日:2014/12/18
追加日:2014/12/24
星浩
TBSテレビ「NEWS23」キャスター

英語でどう言えばいいのか分からない「念のための解散」

衆院解散総選挙の理由と安倍首相にとってのリスク

収録日:2014/11/18
追加日:2014/11/22
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

経験に差が! 質的に変わった自民党の行く末

55年体制と2012年体制(2)安倍自民党がいま選挙をする理由

収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/11
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

右は右でも違う! 日韓国交正常化を実現させた外相の謝罪

55年体制と2012年体制(3)戦争経験と右翼思想

収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/12
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

83%が憲法改正に賛成という驚くべきアンケート結果

衆院選後の安倍政権を読む~「14年体制」誕生の可能性と課題(1)首相が目指しているのは「憲法改正」

収録日:2014/12/18
追加日:2014/12/30
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

中選挙区制だった時代、日本に良き草の根民主主義があった

衆院選後の安倍政権を読む~「14年体制」誕生の可能性と課題(2)一党体制「55年体制」との大きな差異

収録日:2014/12/18
追加日:2014/12/31
ジェラルド・カーティス
政治学者 /コロンビア大学名誉教授

その他の特集

待ったなし!働き方改革

第三次安倍改造内閣の目玉の一つであり、今まさに官民一体となって進められているホットイシュー「働き方改革」。多くの企業が長時間労働の是正を迫られる中で、私たちはこれ…

日本人の特殊性

勤勉、真面目、謙虚、誠実、礼儀正しい、規律を重んじる――外国人からこのように形容されることも少なくないわれわれ日本人。しかし、日本人の国民性とは果たしてこれだけなの…

謎解き日本史の旅~『古事記』から太平洋戦争まで~

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ 」とはドイツの名宰相ビスマルクの言葉だという。これは歴史に学ぶことの重要性を説いているのだが、実は歴史には謎も多い。そこには秘…

厳選!2017年を占う重要キーワード10

2017年は世界の枠組みが一気に変わってしまうほど大転換の年になるかもしれない。「ブレグジッド」やアメリカ大統領選でのトランプ氏勝利など、「反グローバリズム」のうねり…

2017年、激動の「トランプ時代」へ!

2016年のアメリカ大統領選挙は世界を大きく変革させる契機となるかもしれない。それほど「トランプ勝利」は予想外であり、衝撃的であり、その影響は計り知れないものがある。…

2016年アメリカ大統領選挙の不思議と真実~トランプvsヒラリー~

 「いまだかつてなく多くの人の予想を裏切った」と慶應義塾大学大学院教授・曽根泰教氏が形容するように、2016年アメリカ大統領選挙は過去に例を見ない「不思議」なことが数…

大人の課題図書10選~2016年夏

気がつけば世の中は夏休み。外にも行くのも、ゴロゴロするのもいいけれど、まとまった時間があるときこそ、遠い夏の記憶を呼び起こし、じっくりのんびり本でも読みたいですよ…

山内昌之が語る「中東複合危機」

国家間の衝突や宗派の対立、テロや新勢力の台頭――中東では一体いま何が起こっているのか? 中東・イスラーム史研究の第一人者である歴史学者・山内昌之氏の各シリーズ講義の…

治療から予防へ!10年後の健康にコミットする。

WHOが2000年に提唱した「健康寿命」という概念があります。日本でもかなり広まっている考え方ですが、いわゆる平均寿命との差は、厚生労働省の定義では10年ほどある…