10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

親切が第一! 初代社長の手紙に残る経営理念の原形

TOTOの北九州発グローバル戦略(4)TOTOを鍛えたカリフォルニア州の規制とコアバリュー

成清雄一
TOTO株式会社 取締役 常務執行役員
情報・テキスト
TOTOは、あることをきっかけにして、アメリカで有名になったという。これがターニングポイントとなって、今や海外で成功を収めている。それは何か。なぜだったのか。TOTO株式会社のコアバリューや先人の言葉と併せて、同社取締役常務執行役員・成清雄一氏が語る。(全5話中第4話目、インタビュアー:大上二三雄氏/エム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役)
時間:10:58
収録日:2014/09/18
追加日:2015/01/22
≪全文≫

●6リットル規制により、アメリカで注目された


大上 もう一つ、TOTOはコアバリューが強い会社だという印象があります。そこで今度は、TOTOのコアバリューのお話を聞かせていただけませんか。

成清 われわれが海外で成功するに至ったターニングポイントは、アメリカ、特にカリフォルニア州など西海岸の水不足でした。アメリカは1994年に、トイレを1回洗浄する際の水量を6リットル以下にしなければならないと法で定めました。そこでわれわれは6リットルできちんと流れるトイレの開発を目指しました。かなり難しいテーマだったのですが、日本の開発陣が頑張って何とか発売したのです。

 しかし、6リットル規制はしたけれども、アメリカで当時販売されていたトイレが6リットルでは十分流れないというクレームが多く、アメリカの住宅産業協会がトイレを集めて、本当に6リットルで全部流せるかどうかをチェックしたら、たまたまわれわれの商品が流れの良い製品トップ3の1、2、3位に並んだのです。

 2000年頃に、そのことが全米でニュース番組にもなりました。「このトイレは流れるけれど、このトイレは流れない」などとトイレをテストするのは、ニュースとしても面白かったのでしょう。非常に大きなインパクトがありました。

 私も海外で営業をしていましたが、海外ではバスルーム商品のデザインを重視して、機能をあまり見ない傾向があります。日本の場合、家の中で水を使う所は、トイレと洗面所とキッチンとお風呂の4カ所です。これを私たちは「4部位」と呼びます。ところが、日本以外の国は、基本的にキッチン以外はバスルームにオールインワンです。業界では、「キッチン・アンド・バス」、略して「KB」と言います。

 欧米のバスルームは日本のトイレに比べて広く、視線が行きますから、トイレもデザインはかっこいい方が良いと考える人が多いのです。一つのベットルームに、必ず小さなバスルームが付いているのが当たり前ですから、友達が遊びに来ても、トイレを借りるとバスルームそのものを見るという構造になっています。そうすると、デザイン性が大事になります。

 しかし、そのニュース番組が流れたおかげで、今までデザインにフォーカスしていたアメリカのお客さまたちが、「トイレは機能も大事なのだ」と思うようになりました。特に、環境問題に興味のある高感度層が皆、機能を気にするようになったのです。われわれにとっては、それ以降、得意な土俵で戦えるようになって本当に良かったです。


●良品の供給、需要家の満足が、つかむべき実体だ


成清 その中で、なぜTOTOが、6リットル規制だから6リットルで流れるトイレを皆で真面目に開発しなければならないと思ったのかということがポイントになってくると思うのです。

 今から紹介するのは、大正時代にTOTOを興そうとした人々の言葉の一つで、初代社長が二代目社長に送った手紙の中にあったものです。

 どうしても親切が第一
 奉仕観念をもって仕事をお進めくだされたく
 良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体です。
 この実体を握り得れば利益・報酬として影が映ります。
 利益という影を追う人が世の中には多いもので、
 一生実体を捕えずして終わります。

 このようなことを手紙にしたためているのです。私たちが大事にしている経営理念の原形のようなものです。このような会社だと常日頃から社員が言っていれば、「とりあえず6リットルを流すトイレを出そう」などという気持ちにはなりません。「6リットルでもきちんと流れるトイレをどうやってつくるか」という発想になります。そして、お客さまがほとんどデザインしか見ていない場所でも、お客さまの機能的な満足を追求していたら、非常に良い結果につながったのです。

大上 今は、洗浄水量3.8リットルの商品も出されています。

成清 そうです。あれもトイレの水の量を減らすのは簡単で、それで流れるかどうかが大事なポイントです。独自の品質基準を守り、3.8リットルでもしっかり流れるものだけに限って品物を出していく。

 コアバリューというと節水技術もあるのですが、その根本にある経営理念などをしっかり社員に浸透させ、そこから生まれる技術やデザインの考え方を大事にすべきではないかと思っています。


●売り手の利益だけでなく、お客さまも世間も大事だ


――(編集部) 少しだけ補足させていただいてよろしいですか。TOTOのコアバリューで、TOTOの先人の言葉と対比する形で、マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を取り上げていらっしゃいます。この点についてお聞かせいただいてよいでしょうか。

成清 なるほど。これはかなり著名な本で、なぜ産業革命が西ヨーロッパとアメ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。