10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

遠藤謹助―造幣局をつくった「造幣の父」

技術と民生から見た明治維新(1)遠藤謹助

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
造幣局「桜の通り抜け」
画像提供:造幣局
明治維新と言えば、ともすると政治家や外交官、軍人に焦点が当たりがちだが、技術や科学の面でも多大に貢献した人々がいる。本編シリーズ第1話では、かの「長州ファイブ」の一人であり、「造幣の父」と言われる遠藤謹助にスポットを当て、貨幣鋳造で日本の近代化に寄与した遠藤の経歴や功績、その気骨についても紹介する。
時間:10:05
収録日:2014/02/05
追加日:2014/02/24
≪全文≫

●「桜の通り抜け」を始めた造幣の父・遠藤勤助


 歴史家として、明治維新について、特に外国などとの関係も含めて話してみたいと思います。今日から3回、あるいは4回連続で、このテーマについて触れてみたいと思います。

 明治維新と申しますと、幕末、明治初期というのは、ともすれば、政治家、外交官、軍人という人たちのあり方に焦点が当てられますが、やはり近代日本をつくった私たちの先人の中に、技術者や科学者、あるいは、そうした民生家とも言うべき人たちもいたわけで、彼らがつくった明治という新しい時代、ひいては、幕末とはどのようなものだったのかということを、3回くらいに分けて少し考えてみたいのです。

 最初に取り上げたい人は、遠藤謹助という人です。遠藤謹助という人物は知らなくても、大阪の市民の人たちだけではなく、日本人の多くは、大阪にある造幣局の花見、「桜の通り抜け」という行事を知っている人が多いと思います。それに関連した話です。

 大阪の北区の天満に、昔の大蔵省造幣局であり、今、独立行政法人造幣局の本部が置かれて、本局があります。そこは、ちょうど旧淀川沿いの景勝の地として江戸時代から知られていまして、特に春は桜見物、それから夏は涼み船や夕涼み、秋は月見といった形で、昔の浪速、今の大阪の市民たちの憩いとにぎわいの場所になっているのです。特に、先ほども触れましたが、春の桜は名所として知られていまして、対岸は「桜ノ宮」と呼ばれるほど、桜が咲き乱れていたと私は聞いたことがあります。この造幣局の桜の通り抜けを始めた人物に関係する話です。

 この通り抜けを始めたのが、明治16(1883)年で、当時の造幣局長の遠藤謹助の発議によるものでした。もともと造幣局の敷地内でしたから、局員たちが桜見物を楽しんでいました。今ならば、市民たちが「自分たちにも見せろ」と言うのでしょうが、当時はお上が偉かったので、そういうことも市民たちは公然とは言わなかったようです。しかし、遠藤は、「局員だけの花見ではもったいない」「市民とともに楽しもうではないか」という、まことにあっぱれな提案によって、構内の桜並木を一般の大阪市民に開放したという、大変素晴らしいことに由来するものなのです。

 ところで、この遠藤謹助が事実上つくった大阪の造幣局は、日本の近代化の象徴です。資本主義の発展にとって必要なのは金銀銅貨であり、昔のような金本位制や銀本位制の時代においては、きちんとした貨幣の重さを量っていないと、信用経済が成り立たないのです。そういった貨幣の価値をきちんと信用させるために、どこの先進資本主義国家もちゃんとした貨幣をつくっていました。例えば、イギリスであればソブリン金貨やギニー金貨をつくっていましたが、日本もイギリスから学んで、同じようなきちんとした貨幣をつくったのです。これをつくった功労者が遠藤謹助でした。

 この遠藤の伝統は今でも評価されていて、日本の硬貨の鋳造技術の水準は非常に高く、しかも美しいのです。一昨年でしょうか、2012年11月にバングラデシュ政府からも、通貨5億枚分を受注したといううれしい知らせがあって、独立法人としての造幣局は、このように海外にも輸出をして活躍しているのです。

 ですから、遠藤謹助はある意味で「造幣の父」であり、日本の大蔵省、現財務省、あるいは日本銀行に代表される、日本の財政や金融の大変重要な役割を果たした人物なのです。


●「長州ファイブ」の一員で尊王攘夷の志士が技術の重要さに目覚める


 ところが、遠藤はどのような人物だったかというと、ここが面白いのです。この人物は、幕末の鎖国時代に、長州藩から五人の若者が密出国してイギリスに学びに行ったという、いわゆる「長州ファイブ」の五人のうちの一人なのです。ですから、伊藤博文、井上馨とともに、密航した若者の中に遠藤謹助もいたのです。

 彼らがイギリスに留学して途中、イギリスをはじめとする4カ国艦隊が下関を攻撃するという報を聞いて、これは何とかしなければいけない、祖国、長州藩の危機の打開のためにと、井上と伊藤は急きょ日本に戻ります。しかし、その時に三人はイギリスに残ります。その三人のうち一人が、今、申している遠藤謹助です。それから、もう一人は山尾庸三で、工科大学校、東京大学工学部の基礎をつくり、日本の機械をはじめとする工学の研究や教育にあたった人物です。あと一人は井上勝です。鉄道をつくった人物で、鉄道鉱山技術の専門家でした。ですから、彼らは、造幣、工学、鉄道という、三つの重要な近代資本主義の柱になる技術を習得し、明治維新を成功させ、明治新政府の新しい時代に貢献したのです。実はこのような形での明治維新というものもあ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。