10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

レアメタルの実態を知るためには地の果てまでも

岡部徹の世界の鉱山・精錬所アドベンチャー紀行

岡部徹
東京大学生産技術研究所 副所長 教授
情報・テキスト
レアメタル研究の第一人者である東京大学生産技術研究所教授・岡部徹氏は、現場の実情を把握するために世界中の鉱山、精錬所を見て回っている。「それが仕事であり趣味でもある」と岡部氏は語るが、多くの危険や制約など、問題は尽きない。今回は、一般の観光旅行では知り得ない世界の鉱山・精錬所アドベンチャー紀行をご披露いただく。(インタビュアー:大上二三雄氏/エム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役)
時間:06:51
収録日:2014/12/25
追加日:2015/07/02
≪全文≫

●専門家としてみて見たい、世界中の採掘・精錬の現場


大上 岡部先生は、世界の鉱山、あるいは精錬所に、いわゆる「レアメタルマフィア」の一員として潜入して調査をやっていると、いろいろと聞いたのですが、その代表的なものをいくつか話していただけますか。

岡部 私の専門はレアメタルの精錬、リサイクルでして、そういった意味では、普通は(製錬)工場と廃棄物の処分場ぐらいしか行く必要はないのですが、私自身が趣味としてアウトドアライフが大好きなものですから、レアメタルがどうやって掘られているのだろうか、と興味があって(鉱山などがある)現地まで行くことがあります。

大上 やはり見たいですよね。


●現場には、治安や廃棄物処分、さまざまな問題がある


岡部 例えば、一例を申しあげますと、南アフリカの白金の鉱山などです。

大上 危なそうな所ですね。

岡部 皆さんはヨハネスブルグが危ないと言いますが、そこからさらに北の方に行った所に、この前、ストや暴動で死者が出た鉱山があります。その白金鉱山の地下800メートルに潜って、実際に白金を採掘している現場を見てきたりもしています。

 そして、その採掘している現場を見た後は、普通の人が入れない白金の精錬所や工場など、いろいろな所を見歩きます。

大上 クリーンな感じではないのですよね。

岡部 もちろん、治安だけではなくて廃棄物処分という意味でも、いろいろな意味で非常に問題があります。


●専門家集団の協力で、制約の多い中国レアアース鉱山も見学可能に


岡部 同じような問題を抱えているという意味では、この夏は中国のレアアース鉱山に行ってきました。

大上 中国というのは、要するに廃棄物の処理コストが安いがために、他国からの需要があってレアアースを出しているということでしたよね。

岡部 まさに、まさにその通りです。その現状を見に行こうということで、中国の内モンゴル自治区の包頭(バオトウ)市、現在は、中国領ですが、実際の文化圏で言えばモンゴル、というところですが、その包頭まで飛んで、そこから今度は北に150キロぐらいの鉱山地帯に行きました。ほとんどモンゴルとの国境の近くです。

 そこのレアアース鉱山を訪問したり、その後、レアアースの精錬所、そして廃棄物を処分する所を見て回ります。

大上 あまり見られたくないですよね、中国政府としては。

岡部 基本的に外国人が入ってはいけない所も多いですし、また、外国人が入ってよくても、あまり見せたくないでしょう。ただ、私の場合は、何も外国人という意味ではなくて、レアアースの専門家として、「その道の専門家には見せなければいけない」と、専門のお友達が思ってくれるわけです。

大上 向こうの専門家がいるわけですね。

岡部 そういったレアメタルの専門家集団の中では、(一般人とは異なり)制約なく見られるのがありがたいと思っています。


●南米のリチウム採掘現場は平均標高4000メートル級!


岡部 例えば、別の所では、何年か前にボリビアやチリなどにも行きました。ボリビアにはリチウムで有名なウユニ塩湖があります。実際には、(リチウムは)チリのアタカマ塩湖という所から多く産出されているのですが。要はそういった、(チリ-ボリビア国境の)平均標高が4000メートルあるようなアンデスの山を越えて、鉱山を訪問することがあります。

大上 危険はない...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。