10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年、物価が上がる!

脱デフレのポイント(2)投資~物価と貯蓄の流動性~

伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授
情報・テキスト
「来年にかけて日本の物価は上昇していくだろう」と東京大学大学院経済学研究科教授・伊藤元重氏は語る。物価上昇によって、日本経済は40年ぶりの状態を迎えることになるという。どういう状態か、私たちの生活はどうなるのか。脱デフレをテーマに、伊藤氏が日本経済の現在を大胆に分析するシリーズ「脱デフレのポイント」第2回。
時間:11:50
収録日:2015/12/02
追加日:2015/12/31
ジャンル:
≪全文≫

●物価の動きがアベノミクスの鍵を握る


 前回、アベノミクスステージ2で本格的な経済拡大を続けていくためには、労働市場と投資が鍵になるという話をしました。労働市場についてはそこで詳しく述べましたので、今回は、もう一つの「投資」の話をさせていただきたいと思います。

 残念ながら、現在は企業の国内投資が必ずしも芳しくないために、日本経済がなかなか活性化しないのだろうと思います。これをどうやって拡大させていくかが、いま政策的に重要なイシューとなっています。政府と経団連、経済同友会、商工会議所などの官民対話では、ぜひ投資を増やしてほしいと政府が経済界に要請し、経済界もそれに応えています。ただし、そのためには法人税を下げることも含め、経済界がさまざまな対応をしてほしいと要望しており、議論になっています。

 こうした政治の場の動きをしっかりと見ていかなければなりませんが、今日申し上げたいのは、政治と関連して、経済の流れにも重要な動きがあるかもしれないということです。それは「物価」の動きです。


●今後、日本の物価は上昇していくだろう


 現在、日本の消費者物価指数(CPI)で見たインフレ率、物価上昇率は、ゼロ近辺で動いています。日本銀行が打ち出したインフレ率目標の2パーセントからはほど遠い状況で、一部の専門家からは、今後も物価上昇は実現できないのではないかという悲観論も出されています。しかしここに来て、どうやら物価は上がるのではないかという見方が強くなってきたように思います。

 理由は簡単で、この1年ほどで原油価格が110ドル、120ドルから、40ドル前後まで、ストンと落ちてしまったわけです。40年か50年に1回あるかないかというとんでもない事態が、世界の石油、天然ガスの市場で起こっているのです。これがエネルギーコストを大幅に下げ、日本の物価を下に引っ張っています。

 しかし、これだけの原油価格の下落が起こっているにもかかわらず、日本の物価はマイナスになっていません。つまり、石油や天然ガスの価格の影響を除くと、日本の物価はかなり上がっていると見て構わないのです。実際、日本銀行が出している統計によると、石油、天然ガス由来の影響を除く物価上昇率は1パーセントを超えています。東大の私の同僚である渡辺努教授が、日本経済新聞社と共同でスーパーやコンビニの価格から日々物価の動きを示している「東大日次物価指数」のデータを見ると、やはり上昇しています。食料などの物価は、実際に上がり始めているのです。

 現在40ドルほどの石油が、30ドル、20ドル、10ドルとさらに値を下げていくのは考えにくいことです。石油価格の影響はそろそろ底を打っていると見てよいでしょう。黒田日銀総裁もそう発言していますが、来年にかけて、日本の物価は目に見える形で上昇していくだろうと思います。黒田日銀総裁は、本当に物価が上がっていかなければ、いつでももう一度金融緩和をする準備があるとも言っています。そのことも加味すれば、今後は物価が上がっていくと考えるのが妥当な見方でしょう。


●物価が上がると、現金は価値が毀損する


 もし本当に物価が1パーセント、1.5パーセント、あるいは少し先に2パーセントまで上がっていくようなことがあると、これまで40年間、日本で起こっていなかったことが起こる可能性があります。つまり、物価上昇率が金利よりも高い状態、実質金利がマイナスの状態が発生するのです。これは1970年代、高いインフレ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。