10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラオス発展の鍵は「企業内教育」と「ブランド化」にあり

メコン川の恵みとラオス経済(4)発展の現状と今後の課題

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
shimada talks
ラオス経済の課題は、人材教育と電力問題、そして地下経済にある。ラオス経済が今後発展していくためには、メコン川流域開発計画の一翼を担う存在として、小国なりの存在意義を見出さなければならない。千葉商科大学学長・島田晴雄氏が、今回のラオス訪問を総括し、その現状と課題を分かりやすく伝える。(全4話中最終話)
時間:16:38
収録日:2016/01/18
追加日:2016/04/18
≪全文≫

●ラオス人は気質が良い


 最後に、私の感想をいくつかの点に分けてお話ししたいと思います。

 一つは、ラオスの人々の礼儀正しさ、それから寛容さや優しさです。ラオスの人は決して言葉を荒立てないのですね。一方、タイはすごいです。私はタイに何度も行っていますし今回もタイから行ったのですが、タイの人たちは同じ仏教国で、手を合わせて人前で挨拶をします。これはラオスも同じですが、タイはその代わりガーっと強く言いますし、相当強気な行動を取ります。

 そのために、ラオスの人は本当に押し込まれてしまうのですね。私は相当短気で、ホテルでもきついことを何度か言いましたが、「それはお客さんのせいでしょう」といったことは、一言も返ってきませんでした。「はい、分かりました。ちょっと時間はかかりますが、やります」と言う。おとなしいというか、そういう人たちなのですね。歴史的に見ると、タイやミャンマーに攻め込まれています。かつてのラーンサーン王国の領土は、3分の2がタイに取られていますから。にもかかわらず、小国で今日のここまで来たわけで、戦争のような荒立ったことはやらない国なのです。


●ラオスは「平和の配当」に包まれている


 2番目に申し上げたいのは、「平和の配当」がこの東南アジアを包んでいるということです。1964年のトンキン湾事件から73年まで、ベトナム戦争がありました。アメリカ軍は、枯葉作戦でベトナムを全て焼き払おうとしたほどの戦争です。ラオスも、その戦争で山岳地帯がほとんどやられて、ひどい目に遭いました。南のカンボジアでは、ポルポトが何百万人も殺す殺戮があったのです。

 東南アジアは、第二次世界大戦時に日本が進駐し、それを今度はフランスとイギリスが取り返して、ずっと戦闘が続くという状況にありました。戦後は冷戦構造の中にあり、ベトナムはずっとソ連の支援を得ていましたから、米軍が徹底的に攻撃しました。ラオスはまさに冷戦の被害者でした。結局、これらが終わるのが73年で、そこからラオスがようやく75年に独立します。

 80~90年代に入った後の25~30年ぐらいでしょうか。東南アジアは、平和で穏やかな時代が続いているのです。ここがASEAN諸国の中核ですから、いろいろな相違はあるでしょうが、この時に、皆さんで力を合わせ、国境を越えた交通網を展開し、電力もお互いにやり取りしていく、GMSという体制をつくったのです。

 これは、発展途上にあるラオスにとっては、非常に大きな希望だと思います。さらに域内、域外投資。そして、国際分業です。ラオスは、もともと国が小さいので、産業として大規模なものはつくれません。ですが、大規模な産業の支えになる部品の一部ぐらいはつくれるという意識はある。それでもラオスにとっては非常に重要なことなので、頑張ろうとしています。ここに、地域の平和の配当を感じるということです。この地域は、本当に良かったと言いたいですね。植民地支配で散々振り回されて、冷戦の中で国内はグチャグチャにされた地域ですから、本当に良かったのではないかと思います。これが2番目です。


●ラオスの人口は圧倒的に若い


 3番目は、ラオスが特別なのですが、人口ボーナスです。ラオス全体の人口はすごく「若い」のです。30歳未満の層が6割います。ベトナムでは、30歳未満の層がだいぶ減り、今では3割程度です。インドも非常に若いのですが、ラオスはもっと若いようです。

 人口ボーナスは、経済が成長する上で非常...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。