10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

駅伝のランナーのように歴代総理がたすきをつなぐ

Q.政権を担うということはどういうことか

野田佳彦
衆議院議員/第95代内閣総理大臣/民進党最高顧問
情報・テキスト
第95代内閣総理大臣 野田佳彦が自身の任期をふりかえる。
時間:02:31
収録日:2013/11/06
追加日:2014/02/24
第95代内閣総理大臣 野田佳彦が自身の任期をふりかえる。
時間:02:31
収録日:2013/11/06
追加日:2014/02/24
私は95代目の内閣総理大臣を480日間勤めさせていただきました。伊藤博文から数えて95代目です。
分かりやすい例えでいうのですが、駅伝のランナーのような気持ちなのです。初代からたすきがけをずっとしながら、歴代の総理大臣が、それぞれの困難な時代があったと思うのですけれども、一生懸命走って次の人にたすきを渡す。そういう大役をみんな果たしてきたと思うのです。
私の場合は、これは巡り合わせとはいいながらも、震災からの復興はあるし、原発事故との戦いもありますし、歴代政権が残念ながら先送りをしてきた社会保障と税の一体改革など、外交案件も尖閣を含めていろいろと出てまいりました。
そういう問題を自分の代で、先延ばしにしないで自分が走っている間にはしっかりと結論を出す、方向性を出すということを心がけたつもりであります。駅伝でいうと箱根5区の担当で、険しい山登りを担当した走者だと思います。おまけに身内から足を引っ張る人も出てくる中で、困難な走りでありましたけれども、懸命に険しい山を登ったつもりです。それぞれ万人が応援をしてくれるような解決方法はありませんでした。むしろ国論を二分するような、不人気な方を選択せざるを得ないようなことも含めて、自分なりに政治決断をしてきたつもりです。
たすきは安倍さんに渡しましたけれども、自分の相剋観について、評価は歴史にゆだねたいというように思います。原発の再稼働も重たい決断でした。社会保障と税の一体改革では、民主党も壊れるという事態が生まれました。ただ言えることは、党利党略よりは天下国家のために、将来の世代のことを考えながらの政治判断を積み重ねてきた、そういうつもりです。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。