10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

「条件がそろったら決断する」と言っている人は決断しない

己の損得を超えろ~上甲氏自身の人生の葛藤

上甲晃
志ネットワーク代表
情報・テキスト
松下政経塾で14年間、塾頭などを務め人材を育成してきた上甲晃氏が言いたかったのは、たった一言「己の損得を超えろ」だという。これは、政経塾の卒業生だけでなく、自身に向けた言葉でもあった。現在、志ネットワーク代表である上甲氏は、54歳の時、松下電器産業を退社し、独立する道を決断する。その時、「己の損得を超えろ」はどんな意味を与えたのか。上甲氏がその時の真意を語る。(2015年3月20日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演より、全8話中第2話目)
時間:13:24
収録日:2015/03/20
追加日:2015/04/02
松下政経塾で14年間、塾頭などを務め人材を育成してきた上甲晃氏が言いたかったのは、たった一言「己の損得を超えろ」だという。これは、政経塾の卒業生だけでなく、自身に向けた言葉でもあった。現在、志ネットワーク代表である上甲氏は、54歳の時、松下電器産業を退社し、独立する道を決断する。その時、「己の損得を超えろ」はどんな意味を与えたのか。上甲氏がその時の真意を語る。(2015年3月20日開催日本ビジネス協会JBCインタラクティブセミナー講演より、全8話中第2話目)
時間:13:24
収録日:2015/03/20
追加日:2015/04/02
≪全文≫

●14年間言い続けた「己の損得を超えろ」


 松下政経塾では14年間、いろいろ言ってきましたけれども、集約していえば、私が言いたかったことは、ただこの一言だったのではないかと思うのです。

 「己の損得を超えろ」

 特に政治家は自分の選挙のためなら侃侃(かんかん)なのです。あるいは、自分の出世のためなら人を蹴落とすことも平気でやります。ですから、私は政治家に向かっては「己の損得を超えろ」と言うのです。せめて政経塾の卒業生は、日本のこと、地域のことを本当に真剣に考えなければいけない。そういう意味において「己の損得を超えろ」ということを大変やかましく教えてきました。私はこの一言だけを言い続けてきたように思います。そして、もっと大きな損得を考えられる人間になれ、ということを言い続けてきました。

 その私に、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社、以下「松下電器」)の本社に帰って来いという命令が下ったのは平成8年のことでした。「君ももう14年にもなるし、いつまでも松下電器の社員が政経塾を運営しているのもよくないだろう」ということで、本社に転勤の命令が下ったのです。

 同期入社の面々が集まってきて、皆こう言いました。「お前、本社に帰るのか。運がいいな」。なぜ運がいいのか、聞いたところ、当時、昭和39年入社までが重役になっており、今年はわれわれ昭和40年入社組が重役になる時だというのです。そういうタイミングで外から帰ってくるのが一番有利だと言われました。事実、私の前任の塾頭も松下電器の本社に帰って、重役になりました。「お前、出世競争の先頭に立ったな」と言われ、思わずぐらっと来ました。松下電器に入った限り重役になるのも悪くないな、と思ったのは事実です。けれども、次の瞬間にはっと気が付いたのです。

 私が14年間言い続けてきたことは何だったのだろう。

 「己の損得を超えろ」
 「自分の出世ばかり考えるな」

 あれほど偉そうに、あれほど立派なことを言い続けてきた私が、自分のことになると、さっさと松下電器に帰って出世競争に目の色を変えている。これでは申し開きが立たんな、と思いました。「何を偉そうなことを言っているんだ。自分を見てみろよ。出世競争に目の色を変えているやないか。何だ、あれは口だけか。何だ、あれは立場上、言っていただけか」と思われたのでは、私の14年間が無駄になる。その時しみじみと感じたことがあります。


●「本気」の一文字に人生を懸けた


 人の上に立つ人にとって、一番恥ずかしいことは、言っていることとやっていることが違うことです。それは大変恥ずかしいことだと気が付きました。立派なことは誰でも言えるのです。偉そうなことは誰でも言えるのです。けれども、われわれの部下も世間の人も、絶対に、言葉をもってその人のことを信頼してはいないのです。どこを見ているか。言っていることとやっていることの間を見ているのです。

 そして、人に求める限り、自らも限りなくやろうと努力している人は、やはりそこに権威というものが生まれてくるのです。その時にしみじみ思いました。「言葉に対する責任」。これは私の人生の最大の正念場でした。私はこの言葉に人生を懸けようと思ったのです。

 「あいつ、本気やったんやな」

 「本気」の一文字に人生を懸けようということで、松下電器を辞めようと思ったのです。


●決断が条件をそろえていく


 松下政経塾の人は全員、勉強...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。