10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ東郷平八郎はバルチック艦隊を対馬で迎え撃ったのか?

戦史に見る意思決定プロセス(1)日本海海戦・東郷平八郎

山下万喜
海上自衛隊自衛艦隊司令官
情報・テキスト
三笠艦橋の図
「もしも自分が東郷平八郎だったら・・・」バルチック艦隊の迎撃作戦でどんな決断を下すだろうか。海上自衛隊幹部学校長・山下万喜氏が、現在西側諸国を中心に使われている意思決定プロセスを日露戦争・日本海海戦に適用し、その妥当性を検証する。そこから見えてくるのは、現代にも通じる「リスク管理を踏まえた意思決定」のあり方だ。シリーズ第1回。
時間:12:55
収録日:2015/06/15
追加日:2015/07/20
≪全文≫

●重大な決定における意思決定の方法とは


 海上自衛隊幹部学校長の山下です。本日は、軍事における指揮官の意思決定プロセスについて話そうと思います。この意思決定プロセスは、軍事の分野のみならず、一般の社会においても重要な決心を迫られるときに通用するものであると考えています。今回は、日露戦争における日本海海戦の例を示しながら、「もし、私が東郷平八郎だったら・・・!」との観点で、日本の連合艦隊がロシアのバルチック艦隊を迎え撃つにあたり、対馬海峡で待ち受けるに至った歴史上重要な決心について、皆さんと一緒に考えたいと思います。

 それでは話を進めてまいりましょう。スライドに示す意思決定のプロセスは、西側諸国の軍隊が採用しているもので、その規則を米軍のプロセスに置いています。明治の帝国海軍には、この考え方はありませんでした。本講義においては、この意思決定プロセスの一般的な流れについて紹介します。

 まず、上級指揮官から任務を与えられたならば、最初の「使命の分析」で「自分は何をすべきか?」について検討します。「使命の分析」を誤ってしまうと、作戦の目的を達成することができないため、これは大変重要な手続きといえます。次に、「情勢の分析及び彼我方策の見積り」の段階で、作戦環境や敵・味方の戦力バランス・方策等を見積ります。そして、「彼我方策の対抗・評価」の段階では、敵・味方が採り得る方策をそれぞれ対抗させて、その予想結果を分析します。その分析結果から、我の採り得る方策を比較検討して、最終的に最善の方策を選定します。また、このプロセスを経ることにより、我の方策のリスクを見極めることができ、事前に対応策を講じることができるということも重要なポイントです。

 「彼我方策の対抗・評価」では、スライドのようなマトリックスを作成して分析します。まず、左側の赤い部分に、敵の方策として考えられるものを方策1、方策2というように縦に列挙します。次に、上段の青い部分に、我の方策として考えられるものを方策1、方策2、方策3というように横に列挙します。そして、敵と我の方策が対抗した場合の予想結果を検討し、マトリックスの交差部分に記録していきます。

 この予想結果を受けて、スライドの下段に示す三つの評価項目で我の方策を比較検討します。スィータビリティー(suitability)とは、我の方策が、使命達成にどの程度役立つか。フィージビリティー(feasibility)とは、我の方策が実施できるか、またはその難易はどうか。アクセプタビィティー(acceptability)とは、我の方策の実施に際して生じる負担や損失に耐えられるか。これらについて総合評価し、最終的に最善の方策を決定します。


●バルチック艦隊をどこで迎え撃つか?


 それでは、この意思決定プロセスを日露戦争における日本海海戦に適用し、特に、極東に派遣されたロシアのバルチック艦隊を連合艦隊がどこで迎え撃つべきだったかについて考えてみましょう。

 まず、日本海海戦の背景ですが、ロシア太平洋艦隊は、連合艦隊との仁川沖海戦、黄海海戦において大打撃を受け、以後積極的な作戦ができなくなります。さらに、ロシア側は203高地を占領され、日本軍がそこに据え付けた榴弾砲によって港内にいたロシアの旅順艦隊が殲滅的な打撃を受けます。これにより、残るはウラジオ在泊の3隻のみになってしまいます。このためロシア側は新たに太平洋艦隊を増強するため、バルチック艦隊を編成し、極東に派遣します。表は両艦隊の兵力を表しています。安南(現在のベトナム)に到達したロシア艦艇側は54隻で、迎え打つ連合艦隊の91隻より少ないですが、戦艦については、連合艦隊4隻に対してロシア側が8隻と2倍の兵力差がありました。連合艦隊の多くは駆逐艦及び水雷艇などの小艦艇でした。

 ロシアのバルチック艦隊は、1904年5月14日安南を出港し、5月19日にはバシー海峡を抜け、一路ウラジオストックに向かうことになります。そこで、連合艦隊がバルチック艦隊を迎え撃つにあたり、どこで待ち受けるべきかについて、意思決定プロセスを適用して考えてみます。

 まず「使命の分析」です。当時の連合艦隊の使命は、日露戦争が始まる直前に受領した「大海令第1号」から分析できます。そこには、連合艦隊の任務として「東洋に在る露国艦隊の全滅を図るべし」と明記されていました。これを受けて、東郷平八郎とその幕僚たちは、東洋にあるロシア艦隊の単なる撃破ではなく「全滅」が使命であることを強く意識したはずです。

 次に「情勢の分析及び彼我方策の見積り」です。連合艦隊は、すでにロシア艦隊のほとんどを撃破していました。日本の海上交通を脅かすことになるバルチック艦隊の一部さえもウラジオに入港させてはな...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。