10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ山本五十六は真珠湾への「奇襲攻撃」を選択したのか?

戦史に見る意思決定プロセス(2)真珠湾攻撃・山本五十六

山下万喜
海上自衛隊自衛艦隊司令官
情報・テキスト
炎上するアメリカ海軍戦艦「アリゾナ」
当時の日本海軍にとって画期的な作戦だった昭和16(1941)年12月8日の真珠湾奇襲攻撃は、連合艦隊司令長官・山本五十六の卓抜な決断によって可能となったものだった。海上自衛隊幹部学校長・山下万喜氏が、現代の意思決定プロセスの観点から分析を行い、山本の決定に秘められた合理的側面を明らかにする。「決断」をする人全てが注目すべき、意思決定の事例分析。シリーズ第2回。
時間:14:17
収録日:2015/07/29
追加日:2015/09/24
タグ:
≪全文≫

●もし私が真珠湾奇襲攻撃前の山本五十六だったら


 こんにちは。海上自衛隊幹部学校長の山下です。本日は意思決定プロセスの第二回目となります。今回は「もし私が山本五十六だったら」との視点に立って、昭和16(1941)年12月8日に真珠湾奇襲作戦を実行した連合艦隊司令長官・山本五十六の歴史上重要な決断について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。それでは話を進めてまいります。

 まずは軍事における指揮官の一般的な意思決定プロセスについてのおさらいから始めます。まず上級指揮官から任務を与えられたならば、最初の「使命の分析」の段階で、自分は何をなすべきかについて検討します。次に「情勢の分析及び彼我方策の見積り」は、変化する情勢を分析し、敵の方策を見積もります。「彼我方策の対抗・評価」の段階では、敵の方策と我の方策を対抗させて、最終的に「意思決定」への段階で、我の最善の方策を決定します。

 特に「彼我方策の対抗・評価」では、スライドのようなマトリックスを作成し分析します。左側の赤い部分に敵の方策を列挙し、次に上の青い部分に我の方策を列挙します。そして、双方が対抗した場合の予想結果を、マトリックスの交差部分に記録します。この予想結果を受けて、スライド下部に示す、スィータビリティー・フィージビリティー・アクセプタビリティーの観点で我の方策を比較検討します。スィータビリティーとは、我の方策が使命達成にどの程度役に立つか。フィージビリティーは我の方策が実施できるか、またはその難易はどうか。アクセプタビリティーとは、我の方策の実施に際して生じる負担や損失に耐えられるかということです。これらについて総合評価し、最終的に最善の方策を選択し、意思決定します。


●開戦以前における連合艦隊の基本戦略は「待ちぶせ」だった


 それでは山本五十六が太平洋戦争劈頭(へきとう)の真珠湾奇襲作戦を決断したことについて、この意思決定プロセスを適用し、その判断について考えてみましょう。

 戦前の昭和11(1936)年に改定された「帝国国防方針」は、「東洋に在る敵を撃滅し其の活動根拠を覆し、かつ本国方面より来攻する敵艦隊の主力を撃滅するを以て初期の目的とする」とされています。「用兵綱領」には、「米艦隊の来攻に先立ち邀撃(ようげき)準備を整え、米艦隊が来攻する場合はこれをわが本土近海に邀撃撃滅し、太平洋の制海権を確保し、その後敵を屈服させる手段を採る」となっていました。

 翌年7月には、盧溝橋事件により日中戦争が勃発し、それ以来日本は、米英蘭との戦争状態に突入していくことになります。また昭和16(1941)年の年度作戦計画では、在東洋敵艦隊を撃滅するとともに、陸軍と協力してグアムおよびルソン島を攻略する第一段作戦と、敵主力艦隊を待って撃滅する第二段作戦という二つの作戦が構想されていました。特に第二段作戦を邀撃艦隊決戦とか、単に邀撃作戦と称していました。

 以上のことから、開戦以前の連合艦隊は、その作戦要領において、第一段作戦で南方作戦を支援するとともに、第二段作戦ではすでに米主力艦隊が西太平洋に来攻するものと見積もって、作戦計画を立てていました。特に敵主力艦隊が、ハワイ方面から来攻してくることを想定して、日本海軍は邀撃作戦という待ちぶせによる基本戦略を、明治40(1907)年以来30年以上の長期にわたり堅持していました。


●邀撃作戦は「無難」、奇襲作戦は「ハイリスク・ハイリターン」


 この流れの...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。